TAHIAさん来日 オープンWSに参加 | 渋谷タヒチアンダンススクールRA’IMANAライマナ代表CHIEKOタヒチアンダンサー⭐︎くびれボディ⭐︎先生目線のあれこれ

渋谷タヒチアンダンススクールRA’IMANAライマナ代表CHIEKOタヒチアンダンサー⭐︎くびれボディ⭐︎先生目線のあれこれ

タヒチアンダンスの輪を広げ、HAPPYな女性を増やしたい♪
通いやすい、続けやすい、上達できるタヒチアンダンス教室♪
RA'IMANA スクールブログ
タヒチアンダンサーCHIEKO智恵子の日記
渋谷恵比寿新宿タヒチアンダンスボディメイク


テーマ:
 
 

tahiaさん来日オープンWS😍❤️

簡単に紹介すると

コンセル卒業者で現在はパリで200人の生徒をかかえる超大人気の先生。

独特なスタイルで11月のタヒチの大会や、ヘイヴァパリで大活躍というイメージです。

 

 

〜プロフィール HPより抜粋〜

3才の時、タヒチアンダンスを始める。7才の時、タヒチ国立芸術院に入学。伝統的なテクニックを学ぶ。10年後に卒業。伝統舞踏技巧資格(DET)を与えられる。(=現在の国立芸術院金賞)

 

仏領ポリネシア コンセルバトワール校長であるファビアン ディナール氏は下記のように述べています。

「タヒア カンベは、ポリネシア伝統舞踏であるオリタヒチを子供、ティーンエイジャーから大人まで、すべての人を対象とした教育に必要な、ゆるぎない技能と教育法を持ち合わせている」

タヒアは、かの有名なタヒチ「グランバレ」においても、創造性と独特なセンスを駆使して、彼女の才能を生かすことになります。

 
 
 
去年11月、タヒチ滞在中にWS開講のタイミングとかぶったのだけど、受講逃してしまったので、、
それからいつかくる来日をとても楽しみにしていました^_^。
 
私は細身のダンサーさんをすごく参考にしてるので、tahiaさんもその1人。
そして、タヒアスタイルを確立している、というだけでなく、チームが同じ踊り方でスタイルが統一されてる、など、先生の立場としても学ばせてもらいたい気になる点がたくさん。
 
振付やスタイルを学ぶことも楽しみでしたし、
あのテンションの高いレッスンを実際に見れる、マナを受け取れるという楽しみも大きくありました❤️
(実際にインスタのあのまんまで嬉しかったw)
 
 
スケジュール的に、トラディショナルアパリマと、モダンオテアの2クラスを申し込み。
課題曲知らないうちに、曲はなんでも良いからレッスン受けたい気持ちでした^_^
 
 
蓋を開ければ、、
アパリマは課題曲は、なんと、、
オリタヒチヌイコンペでtahiaさんチームが入賞したメフラ "Ua I”でした。
 
自分も、同じ大会、同じ種目に出ていたので、、
いわゆるライバルチームのネタを習う、という初の経験。。 
 
課題曲を知った時一瞬ためらいも出ました。
 
でも、そんなことは一瞬で
生で見た、あのチームのあの踊りを
実際に習えるのだ、というワクワクに変わり
とにかくー!とても楽しみだった。
 
隣で踊って感じた実際のタヒア
そんなにめいっぱい体使うの?!ってことに目からうろこ。
ステージを見てる分には気づかなかった、
いや、気づいてたつもりだけど、、想像の範囲を超えていたんですね、
 
それから、
本人及びチームは、力抜けて優雅に踊っててラクそうに見えますけど
実際踊ってみると超難しいです。
こんなに難しいの踊ってたんですか、と驚愕しました。 私ターンとか早い振り得意だけど、それでもついていけず。
(この振付であんなに揃っている、、チーム力の凄さが分かりました。)
 
脳では覚えられるけど、難しくて身体がついていかないのを久しぶりに感じました。
(真似しても同じ動きにならない)
身体がついてかないから、振付がなかなか身体に入ってこないまま、、終わった。汗
しかし!!tahiaさまと一緒に踊れるこのチャンスを逃してはなるまいっっと、
ビデオタイムでは一緒に踊らせて頂きました😍
 
 
 
そして。2クラス目のオテアに関しては
得意なハズのモダンオテアだけど、、
もう覚えるのも無理でした笑
 
 
2クラス受けてたくさんかんじたことはあるのだけど、
私が彼女から得た一番の学びは
言葉で書くのはとても難しいです。
技術や踊り方、なにかそういったことなら共有するべく文字にするのだけど。
なんだかそういうことではなく、
今までと違い、精神的な個人的なことかもしれません。
許しを得た感じに近いのかも、と今は思っています。

 

chieko智恵子タヒチアンダンススクールRA’IMANA さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ