頑張らない運動会 | 芦屋/緑地公園でのびのび幼児教室 ≪チコス≫☆親子教室Bambino≪バンビーノ≫
新型コロナウイルスに関する情報について

芦屋/緑地公園でのびのび幼児教室 ≪チコス≫☆親子教室Bambino≪バンビーノ≫

潮芦屋の海と緑の中で、豊かな心と身体を育てる
幼児教室 "チコス" と親子教室 "バンビーノ" 。
芦屋市総合運動公園/服部緑地公園で開講中の親と子がのびのび過ごせる幼児教室です。

お天気にも恵まれて、今日は絶好の運動会日和
今朝の最終スタッフミーティングで、
「チコス、
バンビーノの運動会は、いつもの子ども達のままでいれる運動会にしようね。
頑張って、
頑張ってと背中を押すのではなく、時間通り、予定通りに進めることにとらわれずに、
しっかりじっくり、
子ども達を見守って、受け止めよう
とスタッフ皆で、
確認しました。

何かハプニングが起こるのは、子どもの世界では当たり前。
そこをしっかり受け止められるチコス、バンビーノでありたいといつも思っています

たくさんのプログラムがあったけど、
どの子も自分らしい頑張りをしていて、その姿は自然体でステキでした。
途中で、兄弟げんかをしたり、自分の思い通りにいかなくて、泣いている子もいて、
そんな姿こそ大切だよなぁって私は感じていました。
何回もやりたいと列に並ぶのも、素直な表現で、
チコス、
バンビーノらしくて、それを受け止めているスタッフの皆もいい笑顔です

そして、子ども達を優しく見守ってくれて、
一緒に走ってくれたお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、
ありがとうございました。

何気なく手伝ってくださったり、自分の子だけではなく、
他の子も応援してくれるお母さん達の優しさが、
チコスやバンビーノを支えてくれているんだなぁと今日もいっぱい感じました

このあたたかい雰囲気の中で運動会ができる子ども達も、
そして私もとっても幸せ~ですね。
子どものペースに合わせて笑顔で走るお父さん、お母さんの姿に
私はいっぱい感動させてもらいました。

そして、遊びに来てくれた昨年度のチコスっ子達。
大きくなったけど、皆の変わらない姿が嬉しかった

終わってからのこちゃんの娘の樹理ちゃんが、
「小学校になると、
運動会は勝ち負けが全てになる」って話してくれました。
競争することも大きくなるとある程度必要だったりするかも知れませんね。
でも、誰かと比べて、勝ち負けにこだわるより、全体な中の一人としての役割を教え込むより、
その子がその子のペースで頑張っている姿をしっかり認めていくことを私達はいつもしていきたいなぁ。

皆がとっても自分らしくいてくれた運動会。
皆の笑顔に私はまたたくさんの宝物がもらえました。。
皆ありがとう

牧ちゃんより愛を込めて