グリーンイライトは作用は大きいけど、働きが分かりやすい♪ | 【クレイテラピー】チコ流ガイド

【クレイテラピー】チコ流ガイド

【ぷれらんて】は、福岡市中央区大名にある クレイテラピースクール&サロンです。
クレイを中心とした講座を通して、心身をデトックスし、カラダの声を聴きながら、自分の力で元気になれるように、
ココロとカラダの土台作りの大切さをお伝えしています。


テーマ:

こんにちは。

 

クレイテラピーサロン【ぷれらんて】

青山さちこです。

 

 

私と同じように自然療法をお伝えしている友人

【こどもとアロマ】の亜紀ちゃんが、

今日アップしていた、クレイの触媒作用の記事♪

 

とても分かりやすく書かれていたので

早速了解を得て、リブログさせてもらいました♪

 

 


クレイの大きな働きは

【吸収・吸着作用】と【陽イオン交換】です。

 


その働きってカラダの中で

どんなことが起きてるの?って見ていくと

 

痛みを取ったり、滞りをなくしたりしてくれているんだけど

 


それはお薬のように

「なかったことにする」んじゃなくて


カラダの働きを邪魔しないで

治癒の過程をちゃんとたどっています。

 

 

それが、時間がかかっちゃって痛みや腫れを抱えている間

つら~~くなちゃうか。。

 

短い時間で済むから、少しの痛みや我慢で済むか。。。

 


ケアをしているときって、この差が大きかったりするんですよね♪

 

その「時短」の働きが「触媒作用」なんだよ~ってことです。

 

 



ケアでよく使うグリーンイライトは

痛みを取る、腫れが治まる、熱感が治まる、などなど

 

嫌な状態⇒楽な状態 に、

分かりやすく変化するときの「時短」の働きだから

意外と誰でも選びやすいし、反応の予測がつきやすいです。

 


こういった、グリーンイライトの

豊富にあるマイナスイオンの吸収吸着による、わかりやすい患部の変化になれて来たら

 

 

イエローイライトやレッドイライト、グリーンモンモリオナイトなど

 

それぞれの持つミネラルや、構造の特徴からくる

触媒作用も使いこなせたら面白いんですよね♪

 

 

セルフケアで使っていく場合は、

グリーンイライトの触媒作用と、

カラダに備わっている治癒力との二人三脚で

色んなトラブルに対応できると思います♪

 


ケアにはまずはグリーンイライトっていうのは

クレイの働きを観ていったときに

反応する変化の方向性が、

分かりやすいからっていうのも、あるんでしょうね♪

 

 

働きが大きいから。。。


グリーンイライトを尻込みする人もいるけど

 

ホワイトカオリナイトとブレンドしたり、


クレイウォーターなど、使う形を変えたりして

段階付けして使っていくといいですよね♪

 

アルジオトログ 青山さちこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります