2011-03-25 08:00:00

【特別寄稿】 日本は優しい、日本は強い、日本はだいじょうぶ

テーマ:ブログ


 3月11日(金)、未曾有の大地震が東日本を襲いました。
 
 連日の報道を見て、胸をいため、
 不安に駆られる皆様も多いことと存じます。


 先月から致知出版社公式ホームページで
 随筆「みんな一つのいのちを生きている」
 を連載いただいている山元加津子先生から
 第2回目の原稿として、皆さんに応援メッセージが届きましたので、
 このブログで特別に紹介させていただきます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

【みんな一つのいのちを生きている(2)<応援しています>】

――――――――――――――――――――――――――――――――――


 特別支援学校の卒業生のゆうこちゃんから
 泣きながら電話がかかってきました。

 「どうしたの? 何があったの?」

 泣きじゃくる声からただ事でないと思って尋ねると

 「かっこちゃん、地震のテレビの女の子、お母さんって呼んでたよ、
  ひとりぼっちになったって言ってたよ。
  寒くてお腹が空いたって泣いてたよ」

 と言いました。


 「ゆうこのご飯をあげたい。ゆうこは食べなくてもいいから、
  かっこちゃん、持って行ってあげて。
  かっこちゃんならできるでしょう?
  お願いだからそうして、あの女の子にゆうこのご飯をあげて、
  ごはん食べてほしい」


 ゆうこちゃんはテレビに映っている映像を観て泣いていたのです。
 私はゆうこちゃんをぎゅっと抱きしめたかったです。


 「ゆうこちゃん、私も昨日の夜、
  スーパーで食べ物を買って段ボールに詰めて、
  東北のお友達に送ろうとしたけれど、郵便局もコンビニも、
  今は東北に送れないっていうお話だったの。
  でもね、他に方法を探しているよ。
  ゆうこちゃんには、ちゃんとご飯を食べてほしいの」


 でも、ゆうこちゃんは


 「みんなが食べていないのに、ゆうこだけご飯食べられないよ」


 と言いました。そして


 「日本はどうなるの? 日本はだめになっちゃうの?
  ゆうこには何ができるの? かっこちゃん教えて」


 と言いました。

 
 「日本はだめにならないよ。
  ゆうこちゃんのようにみんながとても優しいから。
  そして強いから、日本はだめにはならないよ」


 知らず知らずのあいだに、私も泣いていました。

 ゆうこちゃんに話しながら、
 きっと私は自分に言い聞かせていたのです。


 「日本は優しい、日本は強い、だからだいじょうぶ。
  日本はだめにはならない。
  きっともっともっと素晴らしい国となって立ち上がるよ。
  今、つらく悲しい中におられる方、
  すべての方がまた、にっこり笑えるようになるよ」


 と私はまた、電話を切ったあとつぶやいています。


 このごろは、眠っているのか起きているのか
 よくわからないような中にいます。
 きっとみなさんもそうだと思うのですが、
 被災されたみなさんのことが頭から離れないのです。


 どうして、つらい方を見たらつらい気持ちになるのでしょうか? 

 きっと私たちはみんな、生まれる前から、
 愛でいっぱいにできているのかなと思うのです。



 「あなたが悲しいと私も悲しい」

 「あなたが嬉しいと私も嬉しい」



 そんなふうにできているのかなと思うのです。
 だって、みんなでひとつの命を生きているから・・・。

 きっとそうだと思います。

 日本中の人が、世界中の人が、みんな思いをひとつにして、
 被災された方のことを思っていると思います。


 続きはこちらから
 → http://www.chichi.co.jp/essay/yamamoto/essay02.html


――――――――――――――――――――――――――――――――――

 被災地の惨状とともに
 現地での助け合いや整然とした姿が報道されるたび、
 山元先生がおっしゃるように、
 「日本は優しい、日本は強い、日本は大丈夫」
 そんな思いを抱きます。

 一日も早い復興を心よりご祈念申し上げます。

                        致知編集部

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。