マインドフルネスとエモーショナルインテリジェンス
  • 07Aug
    • 365日、待ち続けて本当によかった...

      こんにちは~!シカゴのあさこです。先日、一年に一度しか手に入らない品をやっとゲットしました。365日ずっと待っていたからこそ、あの品を手にした感動はとても大きく、そして手にした時の、あの満足感...とろけちゃうぐらいです。いったい何のこと?って事ですが、私は、一年に一度しか売られないという限定品 「オリジナルクリームパフ」を毎年この時期が来るたびにある場所まで買いに行くんです。(笑)何処まで買いに行ったのか?それは、隣の州のウィスコンシン州にあるミルウォーキー市で毎年行われるウィスコンシンステートフェアです。昨日初めて知りましたが現地のアメリカ人でも大きい町に住んでいる人ほどステートフェアを知らない人が多く外国人である私が知っている事にちょっとびっくりでした。このフェア、いったい何かというと一言で言うと、「州祭り」です。この州祭り、各州でこの時期になると農作物・家畜の品評会が行われます。その州の各町や群、村の品評会で優勝した牛や豚、鶏、ウサギなどが州一を目指しているんですが私には、これらの家畜をみても全て同じに見えて違いが判らないです。( ̄_ ̄ i)動物がいると思えば、子供たちに大人気の仮設遊園地があったり、屋台の様なものが沢山出るんですね。有名な大物アーティストたちが毎晩野外コンサート場でコンサートをしたりととっても賑やかなイベントです。と、余談になってしまいクリームパフの話から脱線しちゃいました。(笑)話をクリームパフに戻しますが、このオリジナルクリームパフ、名前を聞くと結構めちゃくちゃ特別っぽく聞こえませんか?ぶっちゃけ日本語で言うとシュークリームなんです(笑)。なぜかアメリカではシュークリームとは呼ばずにクリームパフと呼ぶみたいですね~。でもなぜどこにでも売ってそうなシュークリームを一年に一度の為だけにフェアまで買いに行くのか?このクリームパフ、長い列に並んで買うぐらい、誰もがこのフェアに来たら絶対に口にすると言われるぐらい目玉商品!食べてみないとわからないかもですが、ここのクリームパフはとってもフワフワしていて生クリームが日本の生クリームの様なシュークリームなんですね~その場で作ってくれるからとっても柔らかく、適度に甘くとにかくとてもフレッシュなんです。そしてめっちゃデカい!アメリカに長く住めば住むほど、食べ物のとてつもない大きさに慣れてしまうわけなんですが...だからこそ、このとても大きいクリームパフのサイズがたまんないんです。そんな風に思いながら、一年待ってやっと巡り合えた私のクリームパフ。こんな時にまさかマインドフルネスの五感を使うスキルが重宝するとは...≧(´▽`)≦ちょっと変たいっチックかもですが必ずするパフを手にしてする事はクリームパフを眺めたりクリームパフをクンクンと嗅いだり、生クリームをちょっとだけ舐めては味を確かめたり、シューを指でつんつんして柔らかさを確かめたり...パフの感触が何とも言えない。甘く、やわらかく、なんでも包み込んでくれるような感触。あ~~一年間、ずっと待っていて本当によかった~~💛やっと会えた!と浸っている中、「ママ~~~~!」「早くクリームパフちょうだい! 食べれるのを待ってんだけど~~」「何一人で、クリームパフを クンクンしてんの?大丈夫?」と、どこからともなく聞こえてくるじゃないですか!息子二人もこのクリームパフが大好きだったことを一瞬忘れていた私。「ちょっとママに一口まず食べさせて~!」と息子たちと交渉してみたものの、「NO!」と言う答えだけが返ってきて気が付いたら、私の大好きなクリームパフは息子たち二人がサメの様にクリームパフに「がぶっ!」と食らいついているじゃないですか!あっという間にむしゃむしゃと二人に食べられ、私の前から無念にも消えていってしまいました。(_ _。)私のクリームパフ...また来年会えるまで私は辛抱強く待っているね~!なんて思いながらも、食べたるためにフェアに来たのよ~!っと思い、もう一つ購入してパクパク美味しく食べて帰りました~!でも、やっぱり血は争えないかも。。。(笑)最近メルマガを始めました~メルマガ登録は以下です!https://goo.gl/w6waw8Youtube【マインドフルネスミニミニ動画講座-保市麻子】チャンネルhttps://goo.gl/KPf7Sq保市麻子 Facebookページhttps://www.facebook.com/AsakoHoichi

      78
      テーマ:
  • 20Jul
    • 自分放置プレーの臨床心理士

      こんにちは~シカゴのあさこです。今から書く内容は、私にとって、とっても恥ずかしいことなのですが...シェアしちゃいます。まさかのまさか(ノ゚ο゚)ノブログ・メルマガそしてFacebookやYoutubeにアップしている動画を約二カ月間びっちり放置していました。(泣)頭の片隅で、ブログ・メルマガ・動画更新をしていない自分がいることをわかっていながら、なぜか、PCやスマートフォンに向かう事が出来ず気が付いたら二カ月も経っていました...正直言うと、ブログ・メルマガ・動画更新をしていなかった二か月の間、そろそろ、更新しないとな~なんて毎日思いながら更新していない自分に対し、罪悪感がどんどんと風船の様に膨らんでいくのがわかりました。そして、こんな思考さえも浮かびまくり。「自分は臨床心理士だからこそ、完璧でいなくてはいけない‼」「なんで更新できないの?ちゃんと時間作ってアップしなさい!怠け者!」「あ~こんなんじゃ自分はダメだ」なにこのネガティブな私。(_ _。)とっても悲観的で、被害者意識の思考に襲われまくりの毎日。やる気がなくなったり、集中力がかけていき、楽観的に考えられていたことが悲観的に考えたりしていました。ある意味、ネガティブな感情やネガティブな思考だけに執着してしまい、マインドフルにこれらを自分のココロ・頭の中からふっと息をかけて手放してあげる事が出来なかったのです。臨床心理士だからこそ、できなくてはいけないのに...って思ってしまい自分に訳のわからないムチをビシバシと打っていたわけです。そんなだから、どんどんと負のスパイラルにハマり時間だけが過ぎ、焦る自分そして、気分はめちゃくちゃマイナス。実際に、自分は臨床心理士であるからこそセルフケアが大事だという事を一番知っているはずなのにね。ということで、最近、様々なストレスを抱えている自分に対してとてつもない放置プレーを自分にしていたとついこの間、気が付きました(+_+)そんな自分がいました。。。なんて認める事ってとっても恥ずかしい感がたっぷりです。でも、私も臨床心理士の前に一人の人間なんです。だからこそ、そんな時もあるのだ~!とココロが疲労した自分を認め、受け入れてあげる事が大事なのです。人は、ストレスが溜まりすぎたりすると自分のココロの現状を無視してしまいがち。(私のように...(笑))ストレス溜まってる?ストレスから感じる感情はなに?それらからくる自分の思考はどんな?ちょっとココロが疲労していていつもの自分とちょっと違うなって思ったらすぐに「こころの点検」をする事が大事なのです。それをする事で自分のマインド、ココロ、カラダにどんな影響を与えているのか?が見えてくるのです。臨床心理士を19年やっていますが今回の様に自分放置プレーで気分も思考もマイナスループにハマってしまい、いろんなところに支障をきたしてしまったのは久々な出来事でした。政治家であろうが、医者であろうが、人はだれでもストレスが溜まるのです。自分をおろそかにせず自分をケアするマインドを常にもち、「自分は大丈夫」「まだまだ自分は無理できる」「自分はストレスフリーの人間」などと思わずに日頃から自分ケアをしていきましょう~!っと、自分も反省しながら改めてココロの点検を怠らず、ストレスに負けない臨床心理士あさことして今日からまた頑張ります~!みなさんも一緒に頑張りましょうね~。最近メルマガを始めました~メルマガ登録は以下です!https://goo.gl/w6waw8Youtube【マインドフルネスミニミニ動画講座-保市麻子】チャンネルhttps://goo.gl/KPf7Sq保市麻子 Facebookページhttps://www.facebook.com/AsakoHoichi

      51
      テーマ:
  • 21May
    • 5Kマラソンと次男

      こんにちは!シカゴのあさこです。今回もこれまた次男の話ですが...今日は、地元で5Kマラソンが早朝からありました。今回の5Kマラソン、実はカラーマラソンと呼ばれアメリカでは春から夏にかけて各地で行われる程、人気な5Kマラソン。何がそんなに普通の5Kマラソンと違うのか?と言うと青・緑・黄色・紫・ピンク色のパウダーを浴びながら、走るという奇妙でそして面白いイベント。息子二人が出たい!と言うのでマラソンはそこまで好きではない私ですがもう一家族と一緒に出る事に...早朝から、曇り気味でそしてレース直前まで大雨で、しかも寒い!こんな中で走んのマジでやだ(T_T)と思っていたけれど、幸いにもレース直前から、レース直後まで雨が止んでくれました。(日頃の行いがいいのか???笑)次男の直輝がレースが始まった5分後ぐらいから、お腹が痙攣して痛い...と言うので一緒に歩くことに。色んな話をしたり、笑いながらコースの途中途中で色んな色のパウダーを浴びながら歩いたり、ゆっくりと走ったりする直輝と私。本当は、もっと走りたいけどお腹が痙攣するから思うように走れないのが僕は残念だ~~!っと歩きながらレース中につぶやく息子。本当は、お兄ちゃんの優輝と友達たちと一緒に走りたかった直輝。彼らよりもまだ小さく、走るスピードも追いつかず、お腹が痛くなり、やむを得ず歩きながらのレースに挑んでいる直輝。そんな中でも、いじけたり、諦める事をせずにマインドフルに瞬間を楽しみながら、一生懸命に頑張っている姿を見て直輝のペースで一緒にレースを終わらせる事が出来たら、直輝にとっても、私にとっても良い思い出になるだろうなと思いました。そんな風に思った矢先に、ゴールは200M先ぐらいに見えるじゃないですか!(≧▽≦)最後は、お腹が痛くても頑張って走ってゴールしたい!と直輝が言うので「それじゃ、一緒にここからゴールまで走ろう~!」と二人で一緒に走ることに。少しづつ直輝の走るスピードが加速し、1人、2人、3人と歩いている人を抜かして気が付いたら全力スピードで走っているじゃないですか!直輝に追いつくのが精一杯な私。最後は、ドラマのセリフのように「直輝、ママの事は気にしないで!最後まで、力を振り絞ってゴールしなさい!」そんなことを言われた直輝はこりゃ頑張るっきゃない!と思ってくれたのか、益々走るスピードが速くなりママの言葉をそのまま鵜呑みにしてくれたお陰(?)で、私は全く直輝のスピードにはついていけず...(笑)ゴールした瞬間に、完走メダルを手にした直輝。とても満足をした笑みを浮かべ、嬉しそうにしている直輝を見て私も嬉しく、一緒にレースに出れて良かったあ~思った瞬間に...「ママ、走るの遅いよ...」と、言われ唖然としたゴール直後でした。( ̄_ ̄ i)最近メルマガを始めました~メルマガ登録は以下です!https://goo.gl/w6waw8Youtube【マインドフルネスミニミニ動画講座-保市麻子】チャンネルhttps://goo.gl/KPf7Sq保市麻子 Facebookページhttps://www.facebook.com/AsakoHoichi

      111
      テーマ:
  • 06May
    • バスケおたくの息子に挑戦!

      こんにちは~シカゴのあさこです。もう五月!シカゴも結構いい感じで春です。o(^▽^)o私の息子二人は、バスケ大好き少年であります。マイケル・ジョーダンやラリー・バード、レジ-・ミラーなどと過去の有名な選手まで知っていて、「ママは、xxx知っているか?」と聞かれても私の答えは一つ...「ごめん、ママは全くその人知りません(T_T)」「xxxも知らないなんて、ありえない...」的な返答が毎回返ってきます。過去と現在のNBAのバスケ選手を知っているそんな息子たち。もちろんバスケを習っているわけで、プレーをさせたら私は確実に負けてしまいます。負けるのを承知の上で先週、次男の直輝にバスケ対決を挑んでみました。(笑)シュート対決がいいかな?と始めは思ったのですが、私のシュート率がは10本中、2本入ればよい方。その反面、直輝はシュート10本中、9本は確実に入るので、シュート対決は諦め、ダブルクロスオーバードリブルと言うなんとも横文字が多いドリブルの一つで息子に挑戦することに...30秒で何回ドリブルができるかがルール。小さい頃に、母からまりつきの遊び方と言うものを教わった事があり、脚の間で左右にボールを動かすぐらいはこの私でもいけるいける~!なんて思っていたが、結果はもちろん惨敗。(T_T)対決後に、直輝からの一言。「もう少し練習して上手になったらまた挑戦してね~!」と。やっぱり、まりつきとバスケは違うものだったと改めて認識。(笑)とはいうものの、息子とこんな時間を過ごせる事にとてもうれしく思いました。そして子供とのコミュニケーションを取るうえでもこの様な時間をマインドフルに作る事が大事であり、親子の関係が深いものになるツールの一つだなあっと改めて思うと同時に、まだまだおばさん化はできないぞ!と実感した一日でした~!最近メルマガを始めました~メルマガ登録は以下です!https://goo.gl/w6waw8Youtube【マインドフルネスミニミニ動画講座-保市麻子】チャンネルhttps://goo.gl/KPf7Sq保市麻子 Facebookページhttps://www.facebook.com/AsakoHoichi

      61
      テーマ:
  • 27Apr
    • 相手に優しくするには、伝え方も大事~

      こんにちは~シカゴのあさこです。恋人・夫婦関係の中でコミュニケーションの行き違いで悩んでいる人は多いのでは?例えば、「そんな言い方はないよね?」「え?そう意味じゃなくって。。。」「すぐに怒るからマジやだ~」「怒らせる為に、そんな風に言ったんじゃないよ」「なんで僕・私が言っていることわかんないのかな?」「だって、言い方きついじゃん!」なんてことをお互い言いあい、上手に会話が保てずに関係が悪化するばかり...なんてこともありえるわけです。会話は相手を理解するため、そして相手に自分を理解してもらうためにはなくてはならないツールの一つです。言い方ひとつで、会話の流れが変わってきますよね。自分では相手を傷つける為に発した言葉ではなくても、自分の言い方ひとつで、相手にとっては不愉快に感じたり、傷ついてしまったり、二人の間に誤解が生まれたりします。誤解が生じると、ギクシャクしてしまい相手に優しくできなくなったりお互い意固地になって素直になれなくなり、言いたいことが上手に言えなくなるという負のスパイラルにハマってしまいます。以前、私の友達が私がコミュニケーションの事で悩んでいた時にこんなことを言ってくれました。「自分が相手に言ってもらったら嬉しいなって思う言葉を相手に言ってあげることで、相手も嬉しいって思うんだよ」っと。それを聞き、なるほど~~!と自分のそれまでの会話を見直すはめに。そして、自分がこれをこんな風に相手に伝えたら、相手はどんな風にとらえるかな?相手はどう思うかな?と考えるようになりました。そして、自分の言葉を発する前に一度自分の頭の中でそれらをレビューすることが大事だと認識したのです。感情任せに話してみたり、思うがままに相手の事を考えずに話すことは相手との間に誤解を生むだけではなく、人間関係がうまくいかない要因の一つ。会話から誤解がうまれ、相手に優しくしたいと思いながらもなかなかそれができない時は自分の思いや感情を相手に伝えるときにどんな言い方をしているかなあ?なんて時折自分に聞いてみることも大事であり、自分が今以上に相手に優しくなれるコツでもあるのです。相手に今よりも優しくなれたら、関係もより良いものになるに違いないですよね。最近メルマガを始めました~メルマガ登録は以下です!https://goo.gl/w6waw8Youtube【マインドフルネスミニミニ動画講座-保市麻子】チャンネルhttps://goo.gl/KPf7Sq保市麻子 Facebookページhttps://www.facebook.com/AsakoHoichi

      37
      テーマ:
  • 25Apr
    • 新学期、またまた長男とバトってしまった。

      こんにちは~!シカゴのあさこです。早いもので、もう四月もあと少し。歳をとってきているから時間が経つのが早いのか、それとも忙しくしているから時間が経つのが早いのか?どっちにせよ、時間を上手に使いたいですね!今日は、私の長男のことです。この4月で、長男はシカゴにある日本語の補習校の5年生に進級しました。日常生活は英語が90%を占めている生活で、正直、長男の日本語レベルは本当に乏しいものです。泣補習校の先生にどれだけ迷惑をかけているのか?と思うと本当に申し訳ないです。苦手意識のある日本語だけれど、幼稚園部から通っている補習校は好きだから6年生を卒業するまでは辞める気は一切ない!と長男は言うわけです。毎年、新学期を迎える度に息子が補習校の宿題を自分から進んでやらない姿にイラっ!とします。そして、毎朝息子と補習校の宿題についてバトルが始まるパターンの4月、5月。補習校の先生たちは長男の日本語レベルを理解してくれている為か、「できる事を毎週することでいいのですよ~!」と優しくこの6年間言ってくれます。涙がちょちょ切れるぐらい嬉しいお言葉。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。でも私としては、もっと頑張って長男の日本語レベルをあげなくてはいけない!と思い一人で焦る新学期。毎朝、現地校に行く前の30分、補習校の宿題をしなくてはいけない事を知っている長男。気が重く、なかなか机に向かえずにいる長男。テレビを見て気を紛らしているのです。宿題を手につけるまでは普通に、楽しく会話をしていたのに...「宿題しなさい!」と言われるや長男に異変が...目が死んでいる。二コリともしない。( ̄^ ̄)ため息をつく。天井ばかり見る。トイレに何度も行ったり、水を飲みにキッチンまで行ったり。(ノ゚ο゚)ノ「早くおわらせなさ~~い!」とついつい、言ってしまう自分がいます。なぜ、自分はいつもここまで宿題についてイラつくのかな?と、今日の朝改めて自分に聞いてみたのです。(この時期は毎年なのですが...また聞いてみました)苦手意識がある日本語に対して、学ぶことを嫌だと今まで言う事はなく、どちらかというと、毎週、宿題についてガミガミ私に言われながらもちゃんと終わらせてくれる長男。長男なりに、毎週この6年間頑張っているのです。そんな頑張っている息子に対してできてない事へ目を向けすぎていたり、「長男は日本語をもっともっと上手にならなくてはいけない!」と親としての自分のエゴや、長男への期待感を必要以上に出していたのですね、私は。そんなんじゃ、長男のモチベーションは上がらないですよね~。よく、今までこんな母親に付き合ってくれた長男です。それを改めて認識した私は、めちゃくちゃ、一人で猛反省です。(>_<)臨床心理カウンセラーとは言えども、一人の人間で、母親でもあります。やっぱり自分は完璧ではないんですよね。ミスをする自分を受け入れてあげることも大事であり、ある意味、この事でいろんなことを学ぶチャンスなのだと改めて思わせてくれました。人は、褒められて伸びるものです。私が一番それを知っているはずだったのにこの事について、長男に対してあまり褒めてあげられていなかった自分がいました。泣長男なりに頑張っている姿を今以上に褒めてあげることをもっと意識的にすることが大事だと思うし、この件でイラっ!としたら 自分になぜイラっとしているのか? 自分のエゴなのか? 自分の息子への期待度が必要以上に高まっているのか?などと自分にリマインダーをして違う形で長男に対してモチベーションをあげることにフォーカスを当てよう~!と、思わせてくれたら火曜の朝でした。(^∇^)明日からは、バトらずの朝を迎えるぞ~!最近メルマガを始めました~メルマガ登録は以下です!https://goo.gl/w6waw8Youtube【マインドフルネスミニミニ動画講座-保市麻子】チャンネルhttps://goo.gl/KPf7Sq保市麻子 Facebookページhttps://www.facebook.com/AsakoHoichi

      16
      テーマ:
  • 16Apr
    • マライア・キャリーと躁うつ病

      こんにちは~!シカゴのあさこです。皆さん、お元気ですか?先週まで仕事で日本に帰国していました。帰国した日には、残念ながら桜が散っていましたが、やはり日本の春は良いですね。(≧▽≦)先日、ニュースで、歌姫マライア・キャリーが双極性障害(躁うつ病)を患っていると告白しましたよね。躁うつ病は、躁状態と鬱状態を何度も繰り返す気分障害の一つであります。うつ病や躁うつ病などと聞くと一生ずっと治らなく、毎日辛い日々を過ごさなければいけないと思いがちですが、グッドニュースは、躁うつ病は、他のココロの病気と同様、お薬とカウンセリングの治療で治る病気です。もちろん、ストレスを溜めすぎて、躁うつ病の症状が悪化し、病気が再発することはありますが、カウンセリングを通してストレスマネジメント、症状をマネジメントするスキルや躁うつ病についての理解を得ることで病気の再発を妨げることが可能です。いくら有名人だからと言って、世界中の人の前で、自分は躁うつ病を患わっていると伝えることって、とっても勇気のいることなのではないかなあっとニュースを読んで思いました。そんなマライア・キャリーは素晴らしいなと思うと同時に、躁うつ病で毎日が苦しく、孤独な思いをしている人達にとって、たくさんの人に勇気を与えてくれた彼女からのメッセージではなかったのではないかしら?と思ったのです。私のオフィスに来るクライエントさんの中にも躁うつ病を持っている方々も多くいます。皆さんよくおっしゃるのは、「自分が躁うつ病を持っていることを周りの人に知られたくない!」と言うことです。なぜなのですか?と聞くと、「周りから変に思われたくない」「他の人から仲間外れにされるかもしれない」「理解してもらえないかもしれない」「こんな自分を受け入れてもらえないかもしれない」と、この様な答えが返ってきます。そして、マライア・キャリーもニュース上で言っていましたが、私のクライエントさん達も「とても孤独だ...」と。躁うつ病を持っていることを理解されず、偏見の目で見られたり受け入れられていない事を経験し孤独と戦っている人が多いのです。一人でも多くの人に理解され、受け入れてもらえるだけでみんな、気持ちの持ちようが違います。胃潰瘍や、成人病などであれば少し軽い感じできっと、人は周囲に教えると思うのです。そして、周りの人もその様な病気に対して、理解を示す人が多いかもしれません。でも、なぜ、躁うつ病や、不安障害などのココロの病気について人は、語ることをしないのでしょうか?それって、わたしが思うには、ココロの病気について理解している人が周りに少ないからあえて語ることをしなかったり、万が一、ココロの病気について告白されたとしても、周囲はそれらに対してどうやって対応したらいいのか、何をどう言ったらいいのか?とわからないのだと思うのです。だからこそ、今回の様にマライア・キャリーが躁うつ病で悩まされてきたのだと公表することで、世界中の人が躁うつ病への理解や関心が昨日よりもはるかに高まっているはずです。そして今まで、一人で悩んで苦しんでいた人達に生きる希望を与えてくれます。もしかしたら、あなたの最愛の人が躁うつ病にかかっているかもしれません。大事な人だからこそ、どういう病気なのか?治療方法はどの様なものなのか?などと色々と知らべ理解してあげたいと思うものですよね。誰でもがココロの病気にかかってしまう可能性があります。だからこそ、私達ひとり、ひとりがココロの病気について理解を得ることや認識度を高めることが大事なのではないかな~と...そうすることで、今よりももっと暖かく、ほっこりした世の中になり、人々の色んな違いをマインドフルに受け入れることができる人が多くなる!と思うのです。最近メルマガを始めました~メルマガ登録は以下です!https://goo.gl/w6waw8Youtube【マインドフルネスミニミニ動画講座-保市麻子】チャンネルhttps://goo.gl/KPf7Sq保市麻子 Facebookページhttps://www.facebook.com/AsakoHoichi

      41
      テーマ:
  • 29Mar
    • 海外赴任とペット

      こんにちは~!シカゴのあさこです。シカゴには沢山の駐在家族がいます。私のクライエントさんも含め、駐在家族のお友達のなかには ワンちゃんや猫ちゃんを日本から連れてきていたり、シカゴに来てから飼ったという人が多いです。ワンちゃん大好きな我が家には5年前までゴールデンリトリバーのルービーがいました。ルービーにはいつもココロを癒された毎日でした。。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚ペットと一言でいってしまえば簡単な表現ですが、動物愛好家にとってはペットも家族の一員です(≧▽≦)。特に、海外赴任をする人にとって海外で生活をするにあたりペットの存在ってとても大きいです。海外に住むことは、簡単ではないからこそペットがいる事で、ココロが癒されるんです。クライエントや知り合いの話を聞いたり、私自身の体験からペットの影響力ってとてもすごいものだなといつも思います。飼い主が落ち込んでいる時だからこそ、彼らはすぐにそんな感情を察知し、すーっと近寄り、隣に座ってくれる。そうかと思えば、遊んでほしい!という時は思い切り、笑顔をみせてしっぽをこれ以上左右に振れないでしょ?っていうぐらい力強く振りまくり、遊んであげるまで飼い主のそばを離れなかったり...その国の言語や文化・習慣に慣れるまで相当の時間がかかります。異国に住んでいるために日本に住んでいたら感じないストレスを感じたり、人間関係で悩んでしまったりすることが多々ある駐在家族さんたち。そんな状況に陥る事があるからこそ、ペットの癒しパワー、そして彼らの存在感はめちゃくちゃ大きいです。ペットは、人間の寿命より短い宿命で生まれてきているからこそ、海外生活をする中で、彼らとの毎日の時間をマインドフルに楽しむことを意識することは大切な時間です。そして彼らにとっても飼い主と一緒に過ごす時間はかけがえのない大事な時間なのです。ペットが家族の一員だからこそ、彼らとの時間も含め海外赴任生活が今よりも充実されるようになれば良いなと思っています。お知らせです~4月8日、東京の品川で「駐在妻のための心と生活準備セミナー」を行います。初めての海外赴任生活をこれからする奥様限定セミナーです。詳細はこちら

      86
      テーマ:
  • 28Mar
    • 結果を急がない

      こんにちは~シカゴのあさこです。今日はあいにく、シカゴの天候は曇りです。一日も早く、太陽よ、出てこい!気持ちだけが、先走っている時ってないですか?仕事で他の人よりもいち早く結果を出さなくては!恋愛や夫婦関係においても、相手がどう思っているのか、この先の二人の状況はどうなるのか?今すぐ、答えが知りたい!うつや不安症に悩まされているからこそ、今この瞬間に、この病気から解放されたい。気持ちは焦るけど、自分の行動がその気持ちについていかない...余計に色々空回りしてしまう。。゚(T^T)゚。人って、いち早く結果を出したがるのですよね。待つことで、心が不安になってしまうから、気持ちだけが焦り、イライラしたりします。でも、急げば急ぐほど、自分が思うような結果は出なかったり、曖昧な答えになってしまいます。じゃあ、どうしたら結果が思うように出てくるのか?と言う事ですが...マインドフルに「今この瞬間を生きる」ことです。どうしたら、早く結果がでるのか?と先を見るのではなく、今、自分の目の前にあることだけを集中して、ただひたすらそれをやり続けることです。不安に駆られず、がむしゃらにその瞬間に集中してやり続けた先には、自分が望んでいた結果に結びついていくのです。最近、私自身もちょっと先を見すぎて焦りすぎているので改めて、今、自分がやらなくてはいけないことに集中してみよう~って思います。≧(´▽`)≦お知らせです~4月8日、東京の品川で「駐在妻のための心と生活準備セミナー」を行います。初めての海外赴任生活をこれからする奥様限定セミナーです。詳細はこちら

      16
      テーマ:
  • 27Mar
    • 心が疲労しちゃったときは...

      こんにちは~!シカゴのあさこです。皆さん、おげんきですか?頑張りすぎていませんか?最近、失恋しちゃって心が疲れてしまった...仕事が忙しすぎて毎日の生活をするだけで精一杯で心が疲れた...友達と喧嘩してしまい悲しくって心が折れてしまった...ダンナや奥さんとうまくいかない夫婦関係に心が疲労...理由はどうあれ、生きていれば私達の心が疲労することはあります。そんな時、皆さんはどうしますか?私はいつもクライエントさんたちに疲労した心を癒してあげることが大事なのですよ。。。と伝えます。疲労している中、突っ走る事はできませんよね。万が一、突っ走ったとしても、途中で走ることができなくなってしまいます。自分の心を癒せるのは自分しかいません。自分の心を癒す手段はなんでもいいのです。例えば...思いっきり泣いてもいいのです。何もしない日を一日作ってあげる。今までトライできなかった事にトライする。友達と一緒に楽しい時間を過ごす。コメディーやお笑いを見て思い切り笑う。素敵なレストランで美味しいものを食べる。ネイルサロンやマッサージに行く。など、こんな感じで自分癒しリストを作って見るわけです。自分を大事にする癖をつける事、とっても大事です。自分の心にエネルギーが戻ってくるまで自分のペースで、自分のやり方で自分の心のケアをしてあげてくださいね。💛お知らせです~4月8日、東京の品川で「駐在妻のための心と生活準備セミナー」を行います。初めての海外赴任生活をこれからする奥様限定セミナーです。詳細はこちら

      8
      テーマ:
  • 21Mar
    • 初めての駐在妻さんいませんか?

      こんにちは!シカゴのあさこです。(≧▽≦)お元気にされてましたか?シカゴには駐在員とその家族が沢山おられます。私のお友達の中にも、駐在家族の方々が多いですし、私のオフィスにカウンセリングに来られる日本人のクライエントさんの半数は駐在員や駐在妻の方です。正直、ここ4ー5年は駐在員・駐在妻のクライエントさんが増えています。「はじめて海外赴任します!」と言うと、周りからは羨ましい~、華やか~などと言われてしまう駐在妻さんたち...決して羨ましいでしょ?なんて思えない彼女たちの本心は、「海外生活、めっちゃ不安でいっぱい」なのです。初めて海外赴任生活をするにあたり、 何を異国へ持っていったらいいのかな? 友達はできるかな? 子供たちの教育について一体どうなっているのか? 日本食は買えるのかな?わからないことだらけだからこそ、不安や疑問が彼女らの頭をよぎります。そして海外赴任生活はストレスが増えることが多いです。異国の地での生活に慣れるまで時間もかかります。その国ならではの言語、文化そして風習を理解していかなくてはいけません。そのうえ、赴任する国の日本人コミュニティーでの人間模様なども様々です。例えば、ママ友仲間、スポーツサークル仲間、駐在家族同士での交流など簡単そうで難しかったりもします。日本に住んでいたら、きっと同じ様なことでは悩まないなってようなことが海外に住んでいるからこそ、悩んでしまう駐在妻さんたちが多いです。悩んでいる駐在妻さんのほとんどは海外生活になかなか馴染めなかったり、人間関係で色んな悩みを抱えココロのケア問題などに発展してしまいます。海外赴任をする前にいくつかの事を知っておくとココロのケア問題を防げることもあります。 赴任前に起こりえるストレスはいったいどの様なものなのか? どの様にストレスを対処したらよいのか? 日頃からストレスを溜めないようにする為に自分でできることは何か?この様なことを、海外へ行く前に自分でインターネットで調べたり、セミナーなどに行き、情報をゲットしてみるのもよいのではないかな?と思います。せっかくの海外赴任生活です。一人でも多くの駐在妻さんたちに楽しく充実した日々を送ってもらいたいと思っています。4月8日、東京の品川で「駐在妻のための心と生活準備セミナー」を行います。初めての海外赴任生活をこれからする奥様限定セミナーです。詳細はこちら

      36
      テーマ:
  • 12Mar
    • 3月11日を忘れない

      こんにちは~!シカゴのあさこです。今日は、3月11日。あれから7年が経ちましたね。みなさんは、あの日、どこにいましたか?私は、今も住むシカゴでcnnで流れている東北の震災のニュースを早朝に見て言葉が出なかったのを今でも覚えています。その直後、シカゴをはじめ、世界中から一日も早く復興してほしいと願い、震災の支援活動が始まりました。私は、テニスをしている関係もあり、震災から一年半後に、石巻市にある石巻ローンテニスクラブを訪問させていただく機会がありました。このあたりは震災で甚大な被害を受けた場所でした。石巻ローンテニスクラブの本間さんをはじめ、クラブ周辺にお住まいで被災された方々と色々とお話をさせて頂きました。彼らは、ゼロからのスタートを余儀なくされ、どうしたらいいのかさえもわからない状態だったと思うのです。なぜ自分たちがこんな目にあわなくてはいけないのか!とさえも思ったはずなのです。一日をサバイブすることは簡単じゃなかったことだと察するからこそ、辛い、大変、フェアじゃない!という言葉を言いたくなるはずなのに、そんな言葉を一言も言わずに外部から来た私、息子二人、そして母親を心よく、笑顔で受け入れてくれました。私達が訪問した時期はまだまだ復興がされておらず、もしかしたら彼ら自身も、外部の訪問者を受け入れる心の余裕もなかったかもしれません。それでも、彼らの心の器の広さに私は胸をうたれました。人は、自分にとって辛いこと、嫌なこと、不利なことが降りかかると、自分を守りたくなります。そして、相手を攻めてしまうことも多々あるものです。私達にできることはなんですか?と聞いたのです。彼らはこう言っていました。私達にできることは、東北震災のことをこの先もずっと忘れないことなのです...って。世界中で、天災が各地で起こっている中、その瞬間は世界中のみんなが支援活動をします。それはそれで必要なことであり、被災された方々を助ける術となるからこそとっても大事なことです。でも、私がよく思うことは、一か月、数か月、一年経つと天災で被害を受けた場所や住人の今の状況や今後の見通しなどを報道する場所がないことです。まるで、天災が起こらなかったかのようにそして、被災者がいなかったかのように、テレビやネットでは他のことをニュースとして取り上げるのです。石巻の方々と話をして以来、様々な天災で被災した人たちを思うと、もう、自分たちの存在は忘れられたのだ...と悲しい気持ちになってしまうのではないかな?といつも思うのです。被災した人たちが少しでもどん底の中から前を向いて一歩づつ歩いていくには、私達が彼らのことを思い、忘れないでいることが、支援なのかなとおもうのです。万が一、彼らが辛いなと思っても周囲が忘れていないと言うことが、彼らが頑張れるパワーの源に繋がることに少しはなるのかな?と思ったりします。だからこそ、あの震災から7年経った今も私たちが被災された皆さんにできることは、震災のことを忘れずに、今後も言葉にすることなのかなっと思うのです。石巻市の皆さんを再訪問したいと思いながら、まだ、実現できていないけれど近い将来、皆さんと再会できることを願っています。

      57
      2
      テーマ:
  • 07Mar
    • H相談:彼・彼女はカラダのどの部分が感じるの?

      こんにちは~!シカゴのあさこです。今日は、久しぶりに親友とランチをしました。色んな話をしながら、美味しい食事ができたこと、なんでも話せる親友がいることにとっても感謝です。。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚今日は、H相談の話をしたいと思います。この19年間、12,000人以上のクライエントさんから様々なお話を聞き、カウンセリングをしてきている中、アメリカ人・日本人という人種は関係なく、Hの事で悩まれている夫婦や恋愛関係の方々が多いのです!特に、なぜだか日本人はお互いの性感帯について口にして話をする人たちが少ないんです。(@_@)クライエントさん、そして私のお友達たちからいつも相談されることは、「彼は何をしたら感じてくれるのか?」「奥さんがイッタのかわからないけれどわかる方法はあるのか?」「なんか、いいセックスできないんです」彼らの頭には、この様な沢山の疑問や不安がよぎるからこそ彼らはいつも手探り状態なわけです。「パートナーとセックスについてお話していますか?」と聞くと、皆さん口をそろえて「えええええ?セックストーク?出来ないですよ。。。。」(((( ;°Д°))))とおっしゃるわけです。私の方が「えええええ??なぜ?」と思うのです。ん~~ これは非常にもったいない現実です。そしてちょっと悲しい現実でもあります。なぜかというと、悩まれている皆さん、セックスは、普通にするわけです。二人とも裸になり、お互い、全部を見せあっているのです。でも、肝心なセックストークが出来ない!なんか順序まちがっている~~!(。>0<。)お互い、好きだからこそ、相手のカラダをを知ることってとっても神秘的なんです。セックスはただ「気持ちいい」という自分の貪欲でするものではなく、二人の関係を今よりももっと良いものにしていきたい!と思わせてくれる意味でもとっても奥深いものです。相手のカラダを知れば知るほど、今以上により良いセックスができるわけです。お互い好きだから、愛おしいと思うからこそ体を求めあうものです。「よくわからないけど、フォアプレーなしでちょっと入れてみました。。。」「相手は何をしたら感じるかわからないけど、自分の今までの経験で試しているけど、なんだかイマイチ...」これでは、相手に失礼であり、お互い、満足のいくセックスができることは難しいのです。人それぞれ、カラダの感じ方がちがいます。そして、人によっては触れ方で、感じるときもあればそうじゃない時もあります。女性の方がよくおっしゃるのは、セックスの話に興味があるけど、彼に話すのって恥ずかしいし、淫乱、淫らな女、軽いって思われたくないから話せない...反対に、男性の方は、セックスの話を彼女としたいけど彼女が嫌がるかもしれない、僕の事を軽蔑するかもしれないから話せない... でも彼女からいろいろと話してくれたらすごくうれしいし、燃えちゃいます!などとこの様な意見が出るわけです。人間み~んな、セックスに興味があります。でも、どうやって話をしていいかわからないから、話せないんです。セックストークも会話の一つです。人間関係が長続きする秘訣の一つはコミュニケーション。セックス+会話=セックストーク会話もでき、セックスについても話ができ、相手を理解できるなんてこんなラッキーなことはないのでは?なにも恥じらうことはないのです。愛し合っている二人がいるからこそ、セックスは自然なことであり、真剣に向き合うことが大事です。「カラダのどこが一番感じる?」「どんな風に、どの部分にキスしたら感じやすいの?」「私はこの部分がとっても感じやすい」「こんな風に(デモンストレーションして)触ってくれたらめちゃ感じる...」「こんなの一緒に試してみたい。。。」などと、沢山ここでは書ききれないぐらいのことをパートナー同士で話すことはとっても大事なんです!恥じらっている場合ではありません。(笑)恥ずかしい...と思っても勇気を出して歩み寄ってみることでパートナーのカラダを知ることができ今まで以上にお互いへの愛情が深いものになるのではないかなって思います。ちょっと、余談ですが...オトコの人は女性からセックストークをしてくれた日には、彼らはめちゃくちゃ喜んで宙に舞い上がってしまうぐらい彼女に喜んでもらおう!頑張ろう~~!って思うようですよ。。。(‐^▽^‐)最近メルマガを始めました~メルマガ登録は以下です!https://goo.gl/w6waw8Youtube【マインドフルネスミニミニ動画講座-保市麻子】チャンネルhttps://goo.gl/KPf7Sq保市麻子 Facebookページhttps://www.facebook.com/AsakoHoichi

      22
      テーマ:
  • 06Mar
    • ココロが疲労の時は...?

      こんにちは~!シカゴのあさこです。今週末は、どの様な週末を過ごされましたか?我が家は、息子二人がバスケに夢中な為、今週末は、二人のバスケの試合の送り迎えプラス応援団長をやりました。ヾ(@°▽°@)ノ毎日の生活の中で、色んなことを体験し、感じている私たちです。ココロが疲れた。。。っていう時ありますか?人にはココロのキャパシティーというものがあります。ココロで色んなことを受け止めてあげられる器のことですね。o(〃^▽^〃)o人によりその器の大きさが異なります。毎日、頑張って生きているからこそみんなそれなりのココロの器があります。「もう無理かもしれない...」「もうこれ以上、ココロが辛いのは嫌だ」「これ以上、突っ走れない自分がいる」などと、ココロの声をかすかに聞いていても無理をして頑張っちゃう人がいます。でも、その頑張りもずーっとは続かないことが殆どです。私たちみんな人間なので...ときに、お休みも必要なのです。ココロの声に耳を傾けること、とっても大事です。そして、ココロが疲労しているなっと思う時こそ、自分の時間を作ってあげることです。自分を大事にしてあげることです。自分を楽にしてあげることです。自分を癒してあげるマインドを日頃から持つことはとっても大事です。日本人は、頑張りすぎる人がめちゃ多いなって感じます。頑張りすぎて、ココロが疲労してしまう...でも、何のために頑張っているのかわからなくなってしまうことこそ辛いものはありません。だからこそ、マインドフルな意識を日頃から持ち、自分を大事にして欲しいなと思います。最近メルマガを始めました~メルマガ登録は以下です!https://goo.gl/w6waw8

      20
      テーマ:
  • 01Mar
    • 相手を理解する心とエモーショナルインテリジェンス

      こんにちは~!シカゴのあさこです。シカゴは、今日は2月最後の日。早いですね!そして今週末はひな祭り。こうやって、少しづつ春の訪れがやってくるのですね。。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚エモーショナルインテリジェンスという言葉、聞いたことありますか?日本では、まだまだマインドフルネスと比べるとそこまで浸透してないようですが、アメリカでは、マインドフルネスと同様、エモーショナルインテリジェンスの大切さが改めて注目されているコンセプトの一つです。じゃあ、このエモーショナルインテリジェンスっていったい何なの?ってことですが、「ココロの知能指数」です。ココロの知能指数とは?1.自分の感情をよく認識できる2.自分の感情を的確に表現ができる3.自分の感情に責任を持つことができる(自分の感情のコントロールが上手)4.相手の気持ちを察することができる(共感)5.相手の感情や考えに興味がある6.自分の長所・短所を客観視できる7.変化を恐れない8.完璧を自分そして相手に求めない9.恨み・妬みをずっと抱えない10.マイナス思考を持たないように心がけるまだまだ項目もありますが、まずはざっくり10項目ほど上げて見ました。エモーショナルインテリジェンスが高い人ほど、人間関係も上手くいき、長続きします。仕事をする上でも、エモーショナルインテリジェンスの高い人ほど、できるマネージャーとして、部下、同僚などからも尊敬される人が多いようです。人は、完全に一人で生きていくことって無理なのではないかなと思うのです。誰かと会話をすることは日常生活の中で、必要不可欠なことですよね。誰かと接することでその人との信頼関係が出来上がり、もっとその人を知りたいなんて思うものです。それが、恋愛関係、夫婦関係、友達関係など様々な人間関係であろうと、信頼関係を今よりも良いものに築くための基本的な要素は「相手を理解してあげること」なのではないかなと思います。相手を理解してあげられるココロというのは、いきなりできるものではないのです。いったいどうやったら相手を理解できるココロが身につくのか?「マインドフルネス」のコンセプトがここでとっても大事になるのです。まずは、自分の感情を知ることがスタートです。マインドフルに、自分の感情を恐れずに知ってみることは、ある意味自分を知る事にもなります。なんて素敵なことなのでしょうか!(≧▽≦)どうやったらいいの??って思う方のために自分の感情を知るためのツールブログは以下です。↓↓↓↓↓感情と「友達」になりましょうgoo.gl/cYnEQ9自分の感情を認識・理解することができて初めて、相手を理解できるココロが芽生えます。そうすることができることで、自分が望んでいる人間関係が築きあげることも可能になるのです。明日からは3月。シカゴの春の到来は日本よりも待ち時間が長い...今から、キレイに咲く水仙を見るのが待ち遠しい私です。最近メルマガを始めました~メルマガ登録は以下です!https://goo.gl/w6waw8

      24
      テーマ:
  • 25Feb
    • 感情と「友達」になりましょう〜

      こんにちは~!シカゴのあさこです。我が家のテラスの下に、また今年も新たなスカンク一家が住んでいるかもしれない!(_ _。)昨年の今頃は、スカンク一家を排除するのに、プロを呼ばなければいけないぐらい大騒ぎだったのに、またか?と思うとちょっと気持ちがちーーーん...(>_<)となる。嫌だな、めんどくさいな、どうしよう、スカンクまた戻ってきたら?と考えると不安さえもよぎる。いや、でもこれと向き合わないとスカンク一家に、我が家を乗っ取られるかもしれない!と思うと、そんな不安さえもどこかに吹っ飛ぶ。明日は朝一で業者の人に電話をするぞ!と意気込み、明日になるのを待っている日曜日の朝。「感情」「Feeling」感情っていったいなに?って話ですが、私が、スカンクの事でチーンとなり、不安になる気持ちも感情です。誰かにコクられてルンルンする嬉しさも感情。好きな人から振られて悲しくなることも感情。美味しいハンバーガーを頬張り幸せだと感じることも感情。マインドフルネスやエモーショナルインテリジェンスについてのセミナーをするたびに参加者の方々に聞く質問があります。「知っている感情を書き上げることはできますか?」喜怒哀楽日本人限らず、アメリカ人もこの四つの感情はすぐに出てくるのですが、他の感情をリストアップできる人が少ないことが多いようです。感情は、なんらかの出来事に対して私たち自身の「ココロの反応」なわけです。生きているから、私たちのココロが反応するんですね。でも、感情の種類によってはとってもパワフルだと感じさせる感情があります。どんな感情だかわかりますか?ぶっちゃけ、怒り、悲しみ、寂しさ、辛さ、憎しみ、不安、嫌悪、諦念、恥、などです。これらはマイナスだと定義されている感情です。そして、プラスと言われる感情は幸せ、快感、興奮、嬉しさ、好き、愛する、楽しみ、喜び、など。プラスとマイナスの感情を比べた時にどちらの感情を長く感じやすいですか?とクライエントさんによく聞きます。99%の人が「マイナスな感情」と答えるのです。なぜなのでしょうか?マイナス感情がプラス感情よりも感じ方が強いからです。そして、人はマイナスな感情にココロもマインドも執着しがちです。その様な感情はとてもパワフルだからこそ私たちのココロを乱すような要素さえも持っているわけです。でも自分を不快にさせる不安感、怒り、悲しみ、切なさなどの感情に対してどうしていいかわからない...そうかと思えば、人によってはあえてこれらの感情をなかったものと見て見ぬ振りをする人もいます。どんな感情でも、あることに対しての自分のココロの正直な反応なのだけれど、そんな現実への感情を感じるともっと辛く、苦しすぎるからそん風に自分を感じさせる感情なら感じない方がいいと思うのですよね。だからといって、プラスな感情へ執着するか?とクライエントに聞いてみても、みんなそうでもないのです。幸せ感を感じていても、その幸せ感を長~く感じることを習慣づけていない為にプラスな感情を長く感じることができない。ある意味「マインドフル」にその感情が過ぎ去っているように見えるのだけれど、本当はマインドフルではなく、プラスな感情を心底感じてあげることを苦手とするからプラスな感情があっという間に自分の目の前から過ぎ去っていくのです。でも、どんな感情であっても「ただの感情」なんです。感情はある出来事へのココロの反応だからこそ、どんな感情でも、ありのままそのままを受け入れることが大事なんです。自分自身がココロに持っている感情だからこそ何かのきっかけで沸いて出てくるのです。感情を恐れたり、不安になり見て見ぬ振りをすればするほど、その感情は強く出てきます。そうなると、感情が私たちのココロを支配することになります。どんな感情も自己責任だからこそ、自分がコントールするべきなのです。どうやるのか?それは、まずは自分の感情と「友達」になることなのです。感情と友達になる?いったいどういう意味?それは、ありのままの自分の感情をただジャッジせずに受け入れてあげるということです。プラスもマイナスの感情どちらも執着せずに、「あ、今、自分はイラついているな」「寂しいなあ」などと自分の感情への認識(アウェアネス)する力を少しづつ鍛えていくことでどんな感情を感じたとしても感情を感じると言うことに目を向けることができるようになります。そうすることで初めて自分の感情へのコントロールができると言うことに繋がるのです。感情と友達になることで自分が成長していくのさえ見えます。私も、まだまだ未熟ではあるからこそ毎日、自分の感情は何を感じているのかな?その理由は何かな?などと自分のココロの中で会話をしているわけです。 結構慣れてくるとそんな自分とのココロの会話も楽しくなってくるんですね〜最近メルマガを始めました~メルマガ登録は以下です!https://goo.gl/w6waw8

      11
      テーマ:
  • 23Feb
    • いつもココロが空っぽな境界性人格障害の彼

      こんにちは~!シカゴのあさこです。今日は天気がめっちゃいい!芝生も見えて、太陽も見えているなんて一石二鳥でココロもルンルンヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!先日、クライエントとのセッションの際に境界性人格障害(境界性パーソナリティー障害)のことを話すことがありました。境界性人格(パーソナリティー)障害、聞いたことありますか?英語で言うと、Borderline Personality Disorder(BPD)というもので人格障害の一つです。人はみな、いろんな性格があります。そんな中でも、小さいころの子供と母親との関係は人の人格を結成する上でとっても影響します。母親からの愛情を受けることがなく育ってきてしまった場合や、虐待、親からの批判や人格否定などをされて生きていくうちに境界性人格障害を引き起こすことが多いようです。彼らの特徴と言えば 妄想・パラノイア癖 いつもとてつもない不安感 いつも誰かに見捨てられる恐怖を抱いている 感情の起伏があり、コントロールしずらい いつも心が空っぽ感、幸せを感じにくい 自分が何をしたいかわからない 生きていることが辛い アルコール、セックス、ドラッグなどへの依存 人への依存 自傷行為もちろん、彼らは上記の特徴を認識している人もいれば、認識できていない人もいるのです。彼らと接する上で、周囲になんらかの影響があります。例えば、周囲の人が必要以上に振り回されたり、彼らのコミュニケーションスキルが乏しい為に人間関係もうまくいかなくなります。わざとに彼らもそうしているわけではないのです。彼らは彼らなりに、とっても辛いのです。人と上手にやっていきたいと思っていても、上手くできなく、空回りしてしまうのです。母親からの愛情に飢えている為、彼らのココロはいつも空虚感。だからこそ、周囲の人を試すようにガツガツと人のココロに踏み込んでは消えてみたりするのです。そんな彼らを受け入れようとすればするほど、周囲の人の方が疲れてしまうなんてパターンが多いようです。クライエントさんの話を聞き、その夜私自身が、昔付き合っていた彼氏を思い出しました。彼と付き合っていた数年間、今までに付き合ってきた人とは比べものにならないくらいアップダウンが激しい関係だったのです。その彼は、賢く、みんなからも好かれる人でした。気が利くし、優しい人だったのです。素敵な人だった。心から好きな人だったのですが...その人の本来の部分を知るうえで、時間を過ごさないと見えないことが山ほどありますよね。その彼、私が友達として見ていた彼と自分の彼氏として見ていた彼とのギャップがあることを、のちに気がついたんです。付き合い始めから女性なら絶対に言ってほしい~!って思うような言葉も彼は言ってくれたわけです。愛されているな、私...なんて、思うぐらい。もちろん、そんな彼と一緒にいることが私にとっては宝物であり、何よりもかけがえのない時間でもありました。こんな風に私を見てくれているなんて...といつもココロがドキドキして、彼と過ごす時間が待ち遠しいぐらいにいつも私の胸を熱くさせてくれる彼だったんです。そうかと思いきや、ハリケーンの様にものごとがアップサイドダウンになる時が。私のことを信用できずいつも私は他のオトコを探しているに違いない。そしていつか僕を捨てて他の人のところへ行くに違いない。彼は、いつも自分に自信がなく私が彼を褒めても、何か彼にいいことがあってもポジティブは全部却下。彼の中で、全てがマイナスで事が回っていました。自分は愛されているのか?といつもココロが不安な彼。友達の多かった私は、友達がいることさえも彼を不安にさせ、浮気をしているのではないか?いや、浮気しているに違いない!などと彼の中でリアルにまでしてしまうほどの妄想・パラノイア癖。そしてそんな妄想からやってくる怒り。現実ではないことなのに、私はなぜか彼から怒鳴られる。責められる。質問攻め。こんなことが数時間続いたのです。起こっていないことだけれど、彼がとてもつもない怒りに駆られているのを見て私は謝ることを選んだんですね。謝ったらもしかしたら、彼の気持ちがおさまり、落ち着いてくれるのではないか?そんな考えが甘すぎた!謝れば謝るほど、やっぱりそうだ!オトコ好きなんだよね。と責められてしまう。僕の言っていることは間違いなかった!と...かといって、違うと納得させようとしても信じてもらえない。嘘を言わないでくれ!と言う彼。全くの架空の話で、そんなことあるわけない!と言ってもオトコ癖が悪いお前が悪い...と言われる始末。これだけ、君を好きなのに...僕の想いを君は理解していない。これだけ僕は君のために沢山を犠牲にしているのに君はそんな僕の愛情を理解していない。そして君からの愛情なんてこれぽっちも感じない。僕だけが君のために頑張っているんだよ。君は、何もしなくても頑張らなくても僕が頑張ることを上から目線で見て嘲笑っている。好きな君と一緒にいるのに、僕は幸せを感じられない。愛している君と一緒にいるのに、僕のココロが空っぽ感がある。いつもさみしい。いつも辛い。僕の人生のすべてが辛く、むなしく、孤独。いつも辛いと感じる彼をかわいそうだとさえ思いながらも自分にできる事が何なのだろう?といつも悩んでいたんです。ローラーコースターのような彼との時間を苦痛に感じ、いつも、頭もココロも混乱していました。自分がいけないから彼を怒らせたのかな?自分のどこがいけなかったのかな?自分の愛情をもっとわかってもらいたい。もっと努力しなくてはいけないんだなどと自分に言い聞かせ自分なりの工夫や努力で彼に尽くしていた自分がいたんですね。でも、そんなことしても結局はアップダウンの激しい関係が続き私自身のココロが疲労してしまいました。なんで、こんな扱いなのかな?大切に思っていると言ってくれているのになんでこんな酷いことを私に言えるのかな?とある時から思うようになったのです。いいときはとてもいいのに、ヤバイときはマジでやばい。でも、好きだったから、彼を受け入れたら何かが変わるのかもしれない...何度も、別れ、元さやということを繰り返していたあの頃。ある意味、DVの様な言葉の暴力だったのになぜ戻ったのだろう?って思うんですね。ありのままの彼を受け入れることで、私は彼を愛しているのだと言うことをわかって欲しく、理解してほしかったのだと思うのです。そしていいときは本当によかったからこそ彼からの「歪んだ愛」が麻薬(ラブドラッグ)だったのです。あの良い時をもう一度感じたい!彼との良い時間があれば私は大丈夫、なんでも乗り越える!もちろん、変わることのない彼のままで、この関係が終わったのです。共依存的な私もいたので、この関係からのダメージから回復するのに少々時間がかかりました。傷ついた自分のココロを癒すために、自分自身を取り戻すために、自分を愛すること、自分の軸を戻すことがこの関係から解放される術でした。自分を持ち始めた直後、彼が境界性人格障害を持っていたと私が認識して理解できたのは大学院で学んだのち、臨床心理カウンセラーとして現場で働き始めた頃でした。あの時の彼とのローラーコースターのような激しい関係について、理解できなかったことが。初めて腑に落ちたわけです...あの時に境界性人格障害のことを知っていたら、どうなっていたのだろう?今、彼はどうしているのだろうか?少しでも、彼の心に安らぎが訪れ、穏やかでいることを願うばかりです。クライエントと話がきっかけでふとそんな風に思った夜だったのでした。最近メルマガを始めました~メルマガ登録は以下です!https://goo.gl/w6waw8

      12
      テーマ:
  • 21Feb
    • 優柔不断なオトコを彼氏に持った友人...

      こんにちは~!シカゴのあさこです。シカゴの天候...昨日の大雨により昨日まで積もっていた雪がなくなり芝生が見える~!(≧▽≦)寒くても、雪がなく芝生の地面が見えたらそれでオッケーでなんです、私。最近、怒ることをしなくなりました。が、今日ひっさびさにムカついた!と思うことが起こったわけなんです。私の友人の彼氏がとっても優柔不断な男なんです。私の友人とその彼は今後も恋愛関係を続けていくか、いかないかと言うことをこの一年近く話あっているということで、ずっと彼女の相談に乗っていたわけです。なんで一年近くも話あう必要があるのか?ってところですが、その彼氏には、なんだか今でも忘れられない昔の彼女がいるようなんです。でも、私の友人をとっても大好きだというのです。一緒にいたいけど、でもどうしていいかわからないと私の友人に言うんですよね。ある意味、この男、正直じゃん!って思うんですが...でも、私の友人とその彼の間で今後二人の関係をどうしようか?と話すたびにその彼は、「わからない...」「どうしたらいいのか全く見当がつかない」「君(私の友人)への気持ちもわからない」「でも離れたいとかじゃない」そんな言葉を言われても、私の友人は彼をめちゃ好きらしく、忍耐強くこんな風なことをこの一年ほど言っているのだとか。。。「何がいったいわからないの?」「どうしたらもっとわかるようになる?」「私にできる事はあるのであれば言ってほしい」「私への気持ちがないのであれば私はこの関係にピリオドを打ちたいとおもうんだけど」いろいろといろんな角度から彼の思いや気持ちを彼女は聞いてみても「わからない」の一点張り...私の友人は、その彼が大好きで、そして大事な人だから、その人を理解したい、受け入れたいと思うからこそ彼女なりにその人にとって無理のないようにしてほしいと願い距離を置いたというのです。久々に彼から電話があったと友人から連絡が数日前にあり、私も、どうなっているか心配で「彼は何だって言っているの?」と聞いてみたんですね。すると「わからない」マジか?というのが、私の直の感想だったんです。さすがの彼女も「もう無理かもしれない」「好きだけど、わからないの一点張りで責任がなさすぎる」と泣いてしまう始末。泣いている彼女を思うと私がなんだかイラついてしまい「はあ?何それ!」「優柔不断にもほどがあるよ!」「めちゃ、無責任だね。。甘えすぎだよ。奴!」と、彼女を思うとひっさびさに腹が立って言ってしまったんですね。正直、ブログを書いていても彼女の気持ちを思うとめちゃまだムカついちゃってます。(笑)でも、当の本人同士しかわからないことがあるわけです。自分の尺度から物事を見たり、自分の価値観だけで相手に意見をしてしまうことはいろんな意味で影響させてしまうのを知っているからこそそういうことをしないことをモットーにしている私なのに...今日は、なぜだかそれができなかったんです。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。臨床心理カウンセラーでありながらも完璧ではなくって、感情もあれば色んな思考が時に頭をよぎるんです。今後、私の友人とその彼がどんな道を選ぶのかは私は何も言えないし言うつもりもないのです。ただ、見守ってあげたい、どんな形になっても友人をサポートしてあげたいと思うだけなんです。やっぱり、怒りという感情...感情の一つであり認識することがとっても大事です。でも、怒りの感情を感じるととってもココロもカラダも疲労してしまうのはまちがいないことだと改めて今日久々に怒りを感じそう思った、水曜日の午前中でした。今日は、夜は早く寝るぞ~~!最近メルマガを始めました~メルマガ登録は以下です!https://goo.gl/w6waw8

      15
      テーマ:
    • アメリカ人っていつもハッピーでフレンドリー...だよね?

      こんにちは~!シカゴのあさこです。バレンタインデーも終わり、私の住んでいる街のスーパーには、バレンタインデーに売れ残ったチョコレートが安売りされているではないですか~ラッキー!ヾ(@°▽°@)ノチョコレート好きな私にとっては、バレンタインデー後のスーパーは誘惑が多すぎて困ります。(;´▽`A``(結局ダークチョコレートを買ってしまいました)さて、きょうの本題ですが...アメリカ人っていつもハッピーでフレンドリー?というステレオタイプについてちょっと書かせてください~アメリカ人って想像すると、皆さん口をそろえて「めちゃフレンドリーっぽい!」「いつもハッピー」「誰とでもすぐに会話をしちゃうぐらい人なつっこい」「誰にでもHello!って気軽な性格」などと沢山出てくるのではないでしょうか?私自身も、アメリカに留学をする前まではこんなステレオタイプのアメリカ人を想像してはすぐにアメリカ人の友達ができちゃうんだ~!って喜んでいました。でも実際にアメリカ人と出会うたびにこのステレオタイプのアメリカ人とのギャップがあり失望していた時期がありました。アメリカ人でもみんながフレンドリーではない。ある人は、ハローって言ってもハロー返しをしない人もいる。そうかと思うと、とってもフレンドりーで陽気なアメリカ人もいる。何?これは?日本でアメリカ人のキャラクターみたいなものを留学する前に学んだのとは全くちがうじゃん!何が一体どうなってんの?私の問題なのかな?なんて一時期、本気で悩んだことがあります。と言うことで、私の大学の中にあるカウンセリングセンターを訪れました。なぜそんなところに行くのか?それは、私には、盲目の心理学者のホストマザーがいました。彼女は私の通っていた大学で臨床心理士をしていたんですね。どうしても彼女に聞きたかったんです。私のどこかがいけないのか?だからアメリカ人はフレンドりーじゃないのか?と...彼女は、そんな私の真剣な質問にこう答えてくれたんです。「 Everybone is different. Just because they are Americans,not every American is friendly like you thought they are.」(みんな一人ひとり違うのよ。アメリカ人だからと言って、みんながみんなあさこが思っていたようにフレンドりーではないのよ)「 I am sure there are some friendly Japanese people just like somecrabby or unfriendly Japanese people. It is the same thing with Americans as well.」(日本人の中でも、フレンドリーの人もいれば、不機嫌で不愛想な日本人もいるでしょう。それはアメリカ人も同じなのよ。)まだ18歳だった私は、そんな彼女の言葉を聞いてあ~~なるほどねええ。ステレオタイプだからと言ってそれがみんなに当てはまることではないのだと納得して彼女のオフィスを去ったのを覚えています。それ以来アメリカ人であろうが、日本人、そして他の国の人に対して、一人ひとりを知ることが大事なのだなって思うからこそ、色んな人のステレオタイプというものからの視点でものごとを見ることを辞めました。正直、この様なステレオタイプのアメリカ人はほんの一握りだと思います結構みんな何気にシャイだったり、人とどう話をしていいかわからないと困っているアメリカ人も多いんですよね。人は、自分の目線から他の人をジャッジしてしまったり勝手に推測して答えを出してしまったりしてしまいがちです。でも、そんな風に人を見てしまうとその人の本来の姿、個性、性格などを見逃してしまいがちになります。なんとも、もったいないですよね。あの人はxxxだからなんてジャッジしてしまうことは自分にとって不利であり、相手に対して失礼だということをホストマザーと話をして、少し気づかせてくれたんですねええ。(もちろん、その後もまだまだ勝手に一人でジャッジしては、自己嫌悪の嵐な時がありましたが...)マインドフルネス=ジャッジなしで、ありのままにものごとや人、感情を受け入れるというコンセプトでもあります。人との出会いがある中、初対面でジャッジしがちだったり自分の感情や思考をもとに人に対して推測して答えを出してしまったりなんてことがあるかもしれないですよね。万が一、そんな時は自分の尺度から相手を見ているかな?それとも相手の目線から相手を見ているかな?なんて自分に聞いてみることでマインドフルに人と接することができるかなあなんて思います。最近メルマガを始めました~メルマガ登録は以下です!https://goo.gl/w6waw8

      10
      テーマ:
  • 14Feb
    • バレンタインデーだもの。。。「好き!」と素直に言っちゃえ!

      こんにちは~!シカゴのあさこです。今日は、バレンタインデーの日。日本であれば、女性が男性に愛の告白...ですがアメリカは、男性が女性に愛の告白なのだそうです。( *¯ ³¯*)♡ㄘゅ長年、アメリカに住んでいてもこの文化になかなか慣れずにいる私です。今朝、子供の学校や仕事の準備をバタバタとしている中、9歳と7歳の息子二人から手作りのバレンタインデーのカードをもらいました。朝から、嬉し涙...まだまだ、子供なのに母親への愛情を手作りカードで表してくれているんだな。。。って思ったらとても嬉しく、そしてそんな子供たちに感謝。仕事上、沢山の夫婦・恋人関係で悩んでいるクライエントさんたちの相談を受けます。彼らの中で共通していることは、コミュニケーションが上手にいかず、二人の間で誤解が生まれたり、お互いへの愛情を、どの様に伝えて良いのかと悩みココロが辛くなってしまう人が多いようです。特に日本人は、自分の気持ちを押し殺し、周りに合わせることが第一だと教わって育ってきている人が多いからこそ、好きだと思う人への愛情表現さえもありのままに、素直に伝えることが上手にできず、誤解が生まれたりもするのです。もったいない!!好きなのであれば、大事なパートナーなのであれば自分の気持ちを日頃から伝えてあげることが大事なのです。「言わなくても分かるよね~」は勝手な推測にしかならないんです。時には「好きだよ」「愛している」とパートナーに伝えてあげることってとても必要なのです。大事なパートナーから好きだと言われて嫌な人はいないはずです。お互いへの愛の確認をする意味でも、時々、自分の気持ちを相手に伝えてあげることで、パートナーとの関係も今以上により良いものになるはずです。言い慣れてないから出来るかな~?なんて恥じらっても大丈夫。ある意味恥じらいながら、「好き~」「愛してる」なんて言われたら相手はめちゃくちゃ嬉しいはずです。バレンタインデーだからこそ、今日からパートナーに自分の気持ちを少しづつでいいから自分なりに伝えてみましょう〜

      13
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス