「黒人魚」 | ブラックなちぶ~の偏執的映画評論☆

ブラックなちぶ~の偏執的映画評論☆

いらっしゃいませ☆ちぶ~が勝手にちょっと変わっている映画やちょっと怖い映画を評論するブログです!イラストは手書きです!ジャンル分けは独断と偏見ですがご参考にどうぞ♪



『ロシアの人魚はブサイギョ。』

 

黒人魚というからには、人魚が黒いのかなと思いましたが...


人魚というより魚っぽい怪物の黒い人間...


想像よりも不細工。


なんだかショック...


そもそもこれは人魚ではなくルサールカと呼ばれる水の精霊をモチーフにしていたらしいんですけどね。


どうせなら人魚に出てきてほしかったな(笑)


っていうか邦題、適当すぎますね~。




スヴィヤトスラフ・ポドゲイエフスキー監督のホラー映画は面白い!


というほどではないが、いつもシャレている。

(※「ゴースト・ブライド」の過去記事はこちら↓)

モチーフにするのが都市伝説みたいなものが多いような。


私はそっち系が好きだから退屈はしなかった。


またすきっ歯美女のヴィクトリヤ・アガラコヴァが主演なので、安心して見れる。


ただ、映像は神秘的だが途中経過がダラダラしていて退屈する。


結末もありがちなので新鮮味はなし。


黒人魚さんの風貌が想像と違うところが一番楽しめたかも(笑)




いつの時代も女は男のだらしなさに苦しめられるのかと思うと、なんだか切なくなりましたね~。


妙な都市伝説は、男性が浮気をしなければ生まれてないのかもしれません。


が、それはそれでつまらないと思いますけどね(笑)




ちぶ~的溺愛度4恋の矢恋の矢恋の矢恋の矢

溺愛もいきすぎると溺れて沈むだけよ!
image

本日紹介した映画は...


黒人魚 (2018)

RUSALKA: OZERO MYORTVYKH/MERMAID: THE LAKE OF THE DEAD

監督 スヴィヤトスラフ・ポドガイエフスキー  
あらすじは...
ローマ(エフィム・ペトゥルニン)は、友人とバカンスを過ごそうと湖畔の別荘にやって来る。だが、真夜中に湖を泳いでいて謎の女と遭遇して以来、恐ろしい幻覚を見るようになり、体力が失われていく。彼と同様に幻覚に襲われるようになった婚約者のマリーナ(ヴィクトリア・アガラコヴァ)は、原因を探るうちに過去に湖で女性が入水自殺をしていたことを知る。
(Yahoo!映画より引用)


全般ランキング    

にほんブログ村