第203話 がっしに救われた

テーマ:
先日に引き続きメバリング
5/4の午後7時半にポイントイン
場所は本荘人工島
この日はいつもより人が多い感じ
みんな電気ウキメバル狙いっぽい。
そんな中、いつものブルーカレント610/TZヴァンキッシュ1000pgsのお決まりタックルでメバリング開始。



よく釣るポイントが空いてなかったので、ちょっとズレたところで様子見。
周りはたまにガシラが上がってるくらいでメバルはほぼ釣れてない様子。
表層から探るも当たりがないから、前回に引き続き底べったり作戦

そしたら小さい当たり。。

メバリングがようわからんようになってきましたが、まー何でも釣れたらいいわ的なノリなので、そのまま継続。
続けてると、今度はグイーンと引っ張っる当たり。。
でもすぐ離した(・・;)
明らかにメバルっぽい当たりなのに中々うまいこと乗ってくれません。
ワームは勝手に34のジュニア縛りにして、いろんなカラーを試すけど、一番当たりがあったのは、にじ
でも乗らないので、あめいろに変更して各層を探り直す。



潮が下げ始めると、隣の餌釣りはちょこちょこ釣れだした
よく見るとMキャロ付けた先にエサ付けてる風な仕掛け。
それでも釣れたら正解ですよね。
とか考えてたら急にコンッと当たった。
メバルガシラか。
メバルであることを祈って早合わせはせず、そのまま巻くと。。
下品極まりない引き(・・;)
あーやっぱり彼でした(・Д・)
小さい子。
でもなんか風も強くなってきてたし、メバルも相手してくれんかったから救われました。
ありがとうございます。
感謝の気持ちを込めて、頭を撫でてから優しくリリース
頭撫でられたのは、がっしさんからしたらかなり迷惑な行為だったでしょう。
すいませんでした。
また相手してください。



ということで、一匹釣って帰宅予定時間が来たので終了。
ちなみに今回の服装は、Tシャツ、パーカー、レインウェア上下でしたが、風が吹き始めてからはちょこっとだけ寒かったです。
連休中に風邪をひかないようにご用心を。


人気ブログランキング