このごろメイクとかのお話を書いていて思ったのは、メイクってその人の生き方のポリシーが出るんだなあと再確認したことです。

 

どんなに教科書通りのやり方できれいになっても、その人の個性が出ないと面白くない。若いときは若さで乗り切れる部分も冒険をした方がよい部分もあると思うけど、ある程度の年齢(おそらく40歳ぐらいから)になってきたら、その人らしさが人に素敵と思わせる要素なんだと思います。

 

へんな言い方かもしれないけど、演歌歌手の誰それさんはどんな歌を歌っても、演歌になっている、、、みたいなことです。

 

それは個性なんだと思います。個性は宝です。ホロスコープと同じで、世の中でたった一つだけのその人のもの。それまでどうやって生きてきたかが顔に出てくる。

ポリシーと個性が同じかどうかはわからないのですが、どちらもとっても大切なことだと思います。

 

好きと似合うは違うことはこのシリーズ(ビーナスメイクとアロマ占星術)でお話ししました。

でも、好きにこだわる人もいます。

私の母がそうでした。似合うより好きが優先順位高くて、好きなものに囲まれていたいタイプ。それもありだと思います。チョイスは人それぞれですから。

どちらにも良い悪いはないんだと思います。これはもうちょっと考えてからまたのお題にしますね。