こんにちは。今日はやはり、この件に触れないと。その前に、まずはリプレイから。
 

 

 


今日はTPP関連法案と働き方改革法案とかいう雑な法律が定められた日として記憶されるべき、です。…ブログ消さなくてよかったな、と思うのはこういう時ですね。おかげで私は五年前にもこのように申しておりました、と胸を張れる。もっとも後者、働き方改革とかいう法制は予想もしていなかったので触れたことはありませんけど。

前者、TPPについての考え方は過去の文章に足すこともあまりないかと思うので、お時間のある方はリンク先で読んでいただければと。ああ、でも「アメリカ抜きの」TPPになったことはさすがに予想していませんでしたね。トランプ政権誕生の3年も前の記事だからそれは仕方ないでしょう(笑)。アメリカとの関係で言えばむしろ二国間協定こそが危険なルートですから、そちらが政策的俎上に乗るような日が来たらきちんと書かないといけないでしょう。そのための調べ物の量などを想像すると今から気が滅入りますが。

そして後者、働き方改革ってののデタラメさはなかなか凄いもので。評するには先程書いたとおり、「雑」としか言えることがないんですよ、あれ。まともな立法事実もなく、法制定のための前提として提案者が出してきたものはほとんどすべてが虚偽や捏造が判明して崩壊している。それでも「今国会の再重要法案」と位置づけたから、政権の支援者である経団連からの長年の要望であるから、いま決めてしまう。批判が多いことくらいは流石に認識している、だから山盛りの附帯決議を誰かの言い訳のためにつけて採決してしまう。毎度おなじみ、数の上では多くの賛成が得られているのだから「手続き上は瑕疵がない」ことだけが法制定の正当性を保証する、安倍晋三第二次政権のやり方ですね。
そこになにかの新しさがあるとするならば、国民民主党という政党がかつての民社党の立ち位置にあることを明示した、ということだけでしょう。あの政党が議席数は多いのにまったく支持が集まらない理由もそのあたりにあるのだと、否応なく理解しました。手続きの正当性を保証するために、「強行採決ではないのだ」と言えるようにするためだけに審議に協力してしまう自称野党、是々非々と称しながら根本的に受け容れ難い何ものかさえ許してしまう、根幹なき政党。”野党がダメ”なのではない、と日頃考える私ではあるけれど、こういう政党には存在意義がない。維新の党とおなじく、自民党になりたいなら頭を下げて入れてもらえばいいのでは?とのみ申し上げておきましょう。

きっと今晩からしばしは蹴球の大会に多くのスペースを割かれてしまい、ほとんどまともな検証が期待できないだろうことを当然のように予想して、今晩は〆ておきましょう。ではまた。