住宅ローンが払えない場合の正しい行動

住宅ローンが払えなくなってしまってから、債務者が取るべき行動を、時系列ごとに述べていきたいと思います。

住宅ローン滞納状況別に取るべき行動を解説

住宅ローンを払えないときの対処法、教えます。

結論から先に言ってしまいますと、住宅ローンが払えない方がとるべき行動というのは、実はひとつしかありません。

それは「任意売却を実現するための行動をとる」ということに他なりません。理由は競売に比べ、債務者にとってメリットが大きいからです。

とは言え、ひと口に「住宅ローンの滞納」と言っても、時間の経過とともに状況は刻々と変化していきます。そこで、タイミングごとに、それぞれの時点での状況は、任意売却への見通しなどを取りまとめてみました。具体的なタイミングは以下の通りです。

・まだ滞納していない場合
・滞納してから1~3か月
・滞納してから4~6ヵ月
・競売開始通知が届いてから
・競売入札の開始直前

 

上記のうち、例えば滞納してから1~3ヶ月と4~6ヶ月では、借り入れ先の違い(都市銀行/信用金庫と住宅金融支援機構の違い)によって、取るべき対応が異なってきます。

また競売開始が通知されたとしても、任意売却の可能性がゼロとなる訳ではありません。

今回は、滞納してから1~3か月がとても多いので、ぜひご覧ください。

住宅ローンが払えない状況になって1~3ヶ月過ぎてしまった方に向けて、対策やアドバイスを述べていきたいと思います。

 とうとう住宅ローンが払えない・滞納してしまった人へ

これまでがんばって払い続けてきた住宅ローン。しかし、勤め先の倒産やリストラによる解雇、賃金のカットなどによって、とうとう滞納してしまった…。しかしいくら後悔しても元には戻りません。いつまでも悔やむのではなく、次なる行動を起こすべきです。

通常、住宅ローンの滞納が1~2ヵ月の場合、電話や郵便物などの手段で借り入れ先の金融機関からの督促があります。この時点でまずトライしてみるべきは、債権者(借り入れ先)へのリスケジュールの相談です。

「滞納してしまっているのに、そんなお願い聞いてもらえる訳がない」と判断するのは早計です。先方にしても、それによって返済が再開されるならそれに越したことはないわけです。

お詫びの言葉をしっかり述べるのは当然として、誠意をもってお願いしてみましょう。

なお念のため言っておきますと、リスケジュールは返済期間の延長をして月々の返済を減額しますので、支払総額は、変更前よりも多くなります。債務そのものを減額、免除することはできません。リスケジュールが万人に有利であるかというと必ずしもそうではないのです。

検討してみてリスケジュールが有効でない、あるいはリスケジュールのお願いが却下された場合は、任意売却の手続きに速やかに入るべきです。

都市銀行や信用金庫などが借入先の方は要注意

もうひとつ、滞納して1~2ヶ月の方には注意すべき点があります。住宅ローンの借り入れ先によって、競売にかかるまでの時期が異なるという点です。

都市銀行や信用金庫からの借り入れの場合は、3ヶ月の滞納で競売にかけられてしまうケースが大半です。おちおちしていると、任意売却の手続きに入りたくてもはいれない事態になりかねません。可及的速やかに、対処すべきです。

ちなみに、住宅金融支援機構からの借り入れの場合は多少余裕があり、競売にかけられるのは6ヶ月滞納が目安となっています。もちろんだからと言ってのほほんとしていていい訳ではありません。

任意売却は早く行動を起こすほど、よい結果になりやすい傾向があるからです。

また、近日中に他の例もご紹介致します!!