ちばてつやのブログ『ぐずてつ日記』-200901191510000.jpg
今日は「トモガキ」を執筆中にいろいろ手伝ってくれた女流マンガ家の一本木蛮さんが文星芸大のマンガ専攻に遊びに来てくれたよ。カラーや活版の生原稿をたくさん持って生徒たちに見せ、着色する時の注意点、コツ、画材の選び方など、これまで積み重ねてきた経験を惜し気もなく披露。今日、マンガ専攻は期末の課題提出日と重なったのでキャンパス内は落ち着かない雰囲気だったけど、聞きに来た生徒は得るものがいっぱいあったと思う。例えば人物の肌色には、頬紅(チークカラー)などの化粧品や朱墨を薄めて使うなど、ボクも目から鱗だったよ。(カメラを向けるとすぐおきゃんなポーズをとる蛮先生)