「数理女子」ワークショップに行ってきました | 大迫ちあきのブログ

大迫ちあきのブログ

(公財)日本数学検定協会認定数学コーチャー&幼児さんすうエグゼクティブインストラクター。
幼児期のさんすうの身に着け方や、小学校で困らないための算数、小学校・中学校受験の算数、日々の事から、幼児さんすうインストラクター養成講座のことまでいろいろ書いています。

大迫ちあきです。

 

先日、といっても、もう一週間以上前になりますが・・・

 

あなたも数学者!母娘で体験する数理女子ワークショップ第二弾

「数理女子」ワークショップ に参加してきましたラブラブ

 

場所は東京大学駒場キャンパス・・・・




 



その昔・・・

 

長男が駒場にいたころに文化祭に行った以来なので

 

もう10年ぶりくらいかなウインク

 

懐かしいですね~~

 

都内にこんなに緑の多いところがあるとは・・・

 

本郷キャンパスもそうですが、なかなかありませんねキラキラ

 



抽選で選ばれた約25組のお母様・娘さん(小4-中3)が当日参加していました。


http://www.suri-joshi.jp/enjoy/game/ 

 

 

今回のテーマは

 

「サイコロやゲームの中に隠れた算数・数学~確率で遊ぼう~!

 


午前中は三角錐などの不思議なサイコロに出会い、いろいろ対戦しながら、

 

「どんなサイコロがいいサイコロか?」

 

などを考えながら、チームごとにオリジナルサイコロを作成し発表していきます。

 

「1.2.3.4を使って三角錐のサイコロを作るとします。

 

どんな数字を選ぶと一番勝つ確率が高いでしょう?」

 

という質問に合わせてみんないろいろ考えていきます。

 

確率ってなんだろう?

 

といった言葉も改めて考えたりしていました。






今回は、数理女子・東京大学大学院数理科学研究科の共催ということで、

 

募集は、「女子と母」のみラブラブ

 

数学オリンピックで女子で唯一の金メダリスト・ジャズピアニスト  中島さち子さん

 

東京大学数理学研究科 准教授 佐々田槙子さん

 

数学オリンピック金メダリスト・ 千代田女学園高等学校教諭  近藤宏樹さん

 

など、そうそうたる講師陣を前にして、私もワクワクしながらワークショップを拝見しましたハート

 

できれば、「男子・父」のペアの授業もしてほしいなあ~~

 

とちらっと考えながら・・・( ´∀` )笑

 

 



実は、早く、「リケジョ」  なんていう言葉がなくなるくらいに

 

なるといいなあ~、と思っているのです音符

 

だって、「ブンダン」(文系男子)

 

なんて言わないでしょう?

 


でも、こうした試みで

 

数学の楽しさ、答えが一つではない面白さ、

 

さまざまな角度から考えてみる力・・・

 

 

などがはぐくまれ、算数好きの女子、数学得意な女子、

 

「数理女子」が増えていくといいなあ~

 

と心から思っていますピンクハート

 

 

またのワークショップを楽しみにしていますキラキラ