世界で役立つコミニケーションメソッド『帝王學STR』と感情トレーニングスキル『アンガーマネジメント』で先天的、後天的要素両面から“人を活かす”アシストをしてます。

 

感情コミュニケーション専科アンドユニーク 高山りか です。





【STRめがね】です。


目についたこと

気になること

△脳に引っかかったこと 等など


帝王學STRマスター&インストラクターである私の“STRめがね” を通して

勝手に考察してますウインク



STR上級講座の内容等も含まれたマニアックな内容ですが、あえて詳細の解説はいたしません🙇


ただただ思いのままに。

それが【STRめがね】






先日、録画していたTOKIOカケルを観ていた。




ゲストは関ジャニ∞



TOKIO関ジャニ∞のメンバーに、




「売れたと思った瞬間は?」




という質問が出された。




「イカの寿司を糸で食べた瞬間。」関ジャニ∞ 横山くん


「史上初全局同時レギュラーを持った時。」TOKIO 国分くん


「ものまねされた時。」TOKIO 松岡くん


等々ある中



TOKIO長瀬君が言ったのは



正直、売れたと思ってない。


冠番組を持つグループのメンバーでありながら!

ドラマの主演を張りながら! ですびっくり





「あ〜 尊だな、こりゃ。」


と、思わず声が出てしまった私。




そしてその後もう一人。



売れたという感覚がない。



と言ったのは

関ジャニ∞の大倉くん





長瀬智也 □4雨〇2△10

大倉忠義 △2花△3〇2P2




1番や3番の若年のは、


尊の重さを自身で背負っているように見えたりするけれど


この二人は大人の本質を持つ


大人な尊の人は

を受け止めているようにも感じる。






ものすごい努力と根性で培ったものは


すでにトップクラスで凄いのに


玉座に座ろうとせず


「いえいえ、私なんかまだまだです。」


とかなんとか言って


玉座に続くレッドカーペットさえも


なかなか足を踏み入れない。


それが私のの方のイメージ。



どこまでも自分に厳しい。

それを見て、時に不自由さを感じたりもする。



TOKIOのメンバーが話した

長瀬くんのエピソード。



日本ダービーで国家独唱した時


長瀬は普段通りだった。


直前まで弁当食ってたと。


長瀬の肝っ玉の強さを感じたと。




そんなデッカイ舞台が似合う

デッカイことをサラッとやれちゃうところがまた

やっぱり尊だな~と思うのです照れ


 


自分に厳しい。 時に家族や友人にもねてへぺろ


何事に対しても最上級のクオリティーを求める。


そして責任感と統率力。


尊い人。


を宿命に持つ人。