フランソワ滞在記 | シェトミタカ通信

シェトミタカ通信

OITA BEPPU Chez tomitaka
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

シェトミタカの日々の出来事

商品やお店の紹介 & etc…

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

大分県別府市竹の内2-5
営業時間 9:00 〜19:00
℡0977-25-9910(月曜日定休)


テーマ:


今年も残すところ数日

別府の街には新年を迎える旅行者が訪れはじめました。。


シェトミタカでは、日に日にお土産や焼き菓子を求めるお客様が増えて来ました。



1ヶ月前 楽しい出会いがありました。


フランスからの旅行者フランソワがお店に訪れてくれました。別府駅のインフォメーションで、開催中の作品展を知りシェトミタカに寄ったのがはじまりでした。

カフェで[いるかひめ作品展]を観賞し、
コーヒーを飲みクロワッサンを食べたフランソワ君は、

「セボン!おいしいパンに巡り会えた❗️」と大喜びでした。


そのパンの話をキッカケに、私達が仲良くなるのに時間はかかりませんでした。会話は片言の日本語とフランス語と英語ですが。




日本は美しく人は優しく、日本食もとても大好きだけど、、コンビニのパンの柔らかさは好きになれなくて。最近では本国フランスでも柔らかい残念なパンが増えて来たんだよね(笑)とフランソワ。



人懐っこいフランソワと意気投合し、私達家族と一緒に温泉に行ったり、数日を過ごしました。数週間の旅はテントに泊まり、別府では鶴見岳に登ったり地獄めぐりを楽しんだりして過ごしたようです。
仲良くなったフランソワに、余った食パンやハムやチーズ、手作りのおにぎりなどを妻が渡していました。
 

楽しい出会いをありがとうフランソワ!



別府の街はインバウンド需要に向けて、高級志向のホテルが次々に建設予定。



しかし、別府や日本に求めてるモノは

旅行者一人ひとり違うんだなと知りました。

彼は自然を愛しクライミングや山登りが好きでした。地獄めぐりや観光客の人混みが苦手でこの辺りの自然豊かな静かな街並みがお気に入りでした。

お店を手伝ってくれり、皆んなで温泉に行くときは少年のように楽しそうでした。。。


年末年始、みなさん良い旅を


Cétait amusant merci François !







chez M Tomitakaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス