第11期スタート | 相続税専門の税理士事務所ブログ

テーマ:

こんにちは、相続税専門の税理士法人チェスターの代表の荒巻です。

 

 

3月末で第10期を終えて、第11期がスタートしました。

今年は6月で創立10周年ということもあり、事務所としては節目の一年になりそうです。

 

 

10年、あっという間だったか聞かれると、それなりに長い道のりだったと感じます。

色んなことがありました。

 

 

それこそ、山あり、谷あり。

 

 

それは今でも同じで、これからも山あり、谷ありだと思います。

これが真っすぐに景色の変わらない同じ道じゃないからこそ、やりがいがあるのだと感じます。

 

 

先日、とある雑誌の取材で福留とインタビューを受けている時に、共同経営のメリットを聞かれることがありました。あとは共同経営は上手くいかないことが多いとも。

 

 

確かに共同経営で10年も続いて、しかも経営が上手くいっているところは稀です。

幸いにも私たちの事務所の経営としては山あり、谷あり、ありましたが、私と福留の関係性という点では山や谷はほとんどなく、良好な関係で続けてこれたと思っています。

 

 

インタビューでは確か、こんなことを答えました。

 

 

「経営者はよく孤独だと言われますが、そういった面では私たちはお互いに相談し合える関係性であったことから孤独感は少なかったと思います。もちろんそれぞれの役割や仕事の部分でそれぞれに大変なことはあったかもしれないですが、それを同じ目線で相談できたことというのは2人にとって大きな意味があったと思います」

 

 

同じ熱量で同じ目標に向かって進んでいけるということは、チェスターグループを急拡大させる上で大きな原動力になったと思います。1+1=2ではなく、何倍もの力になることを実感しました。

 

 

また事務所のメンバーが増えるにつれて、さらに成長が加速度的になりました。

優秀なメンバーも増えて、提供するサービスの質も高くなり、提供できるサービスラインも拡充してきました。

 

 

10年という歳月の中で、相続税専門の税理士法人チェスターの基盤を作ることはできたと思っています。次のステージではこの基盤を活かしながら、また新しいことにも挑戦もしていきます。

 

 

11期はどんな一年になるか、私自身も楽しみにしています。

 

 

お客様にはしっかりと満足いただけるサービスを提供し、また働くメンバーにもしっかりと還元をしていけるような強い組織作りをしていきたいと思います。まだまだ至らない点も多く、ようやく組織としての形ができてきましたが、信念をもって仕事に取り組んでいきたいと思います。

 

 

新年度もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

税理士法人チェスター

代表 荒巻善宏

 

 

相続税専門の税理士事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります