ゴールセレブレーションとイエローカード | FORZA 浦和レッズ
2010-10-10 01:27:56

ゴールセレブレーションとイエローカード

テーマ:ブログ
ドキッ☆とする異性のギャップ教えてー!! ブログネタ:ドキッ☆とする異性のギャップ教えてー!! 参加中
本文はここから

まずはこれ。
昨日未明の出来事。


FORZA 浦和レッズ
モンテネグロ(たぶんワールドカップもユーロも独立国としては出場したことのない国)のヴチニッチ(彼自体は有名人)のゴールで難敵スイスを退けた試合。
ヴチニッチがゴール後に見せたパフォーマンスの写真。
‥‥

よくゴール決めて上を脱ぐ人はいますが、下を脱ぐ人はまれ。
しかもその脱いだハーフパンツを頭にかぶって喜びを表現する人は過去にいたのかな~

でもそれくらい嬉しいゴールとなるのでは。
グループリーグ3連勝。
イングランドに勝てばストレートで本戦に出場する可能性もけっこうででくるのでは。

これはけっこうすごいこと。
これだけ大喜びしたくなる気持ちもよくわかる。


が、、、

しかし、、、

これについてヴチニッチに下されたのはイエローカード(警告)の判定・・・

観客の前でのストリップ行為(淫らな行為)での警告となってしまったのか‥‥


別にパンツ一丁くらいいいのに‥とも思うが規則なら仕方ない‥




このゴール後のパフォーマンスで警告を受ける例というのは結構ある。

今年のワールドカップ決勝 で優勝を決めたイニエスタのゴールも、そのあとイニエスタがユニフォームを脱ぎ、同じ町の同年代の戦友ダニー・ハルケへのメッセージを見せたので警告を受けたシーンは見た方も多いだろう。
ユニフォームを脱いでメッセージ性のあるシャツをみせることは、政治的なメッセージを出すことを防ぐために警告の対象となっているらしい。
セルが今年湘南戦 で乳首をみせて警告・累積となったシーンもおそらくはストリップ行為ではなくこうしたユニフォームを脱ぐ行為での警告だったのだろう。(脱いではなかったんだけどな)

さらにさらに余談だが、このハルケについては先日こんなニュースを目にした。
今年から新設されたフェアプレー賞にあたるプエルタ・ハルケ賞は、前デポルティボDFフィリペ・ルイス(現アトレティコ・マドリー)とアスレチック・ビルバオGKゴルカ・イライソスが受賞している。両選手は1月の試合で交錯し、フィリペが右足首を骨折、脱臼するという重傷を負った。このようなアクシデントが二度と起きないようにという願いを込め、両選手の受賞となった。

Goal.comにはこのように書いてあるが、この賞にはかなりいい話が背後にあるらしい。
まずはプエルタとハルケは共に心臓発作で若くして亡くなった選手。
スペインは心臓発作が多くて他にもセビージャのサンチェスやレアルのデラレッドがこれを理由に試合出場はできなくなっている。
マルカ紙はそんな二人の名前をフェアプレー賞の名前とし、今回そのカップを手渡したのはそのプエルタの2歳になる息子だという。
フェリペとイライソスがなんでこの新しい賞を受けたかというと、、、

受賞のきっかけになったのは、2010年1月23日に行われた試合と、その後の彼らの行動。
その日の試合で、イライソスとフェリペ・ルイスがペナルティエリア内で激しく交錯。
結果、ゴールにはなったものの…フェリペ・ルイスは右足首を骨折という重症を負ってしまう。

その交錯プレー直後にすぐに異変に気づき、試合後もすぐに謝罪に向かったイライソス。
その時、フェリペ・ルイスが放った言葉は…

気にするなよ。次の試合でもゴールを決めてやるから

と、前向きな発言だったらしいですね。
その言葉で逆に励まされたイライソスは、振り返って…次のようなコメントしています

あの交錯の後をプレーし続けるのは辛かった。
試合終了後、すぐに彼の元を訪れたんだけど、信じられないことに彼の方が僕を励ましてくれたんだ。
今でも彼はよくメールを送ってくるよ。僕からゴールを奪うまでね(笑)

その後も連絡を取り合うような仲になった二人。
これをフェリペ・ルイスが素晴らしい言葉で表しています

正直、あのプレーまでは彼を特別知っているわけではなかったが、今はこう言える。
僕はいくつかの試合を失ったけど、1人の友人を勝ち取ったね。

いい話ですね‥
というかこれだけで記事にする価値は十分にあったのですが‥‥


え~‥‥なんの話だっけ‥‥


ゴール後のパフォーマンスについてでしたね。
いい話で終わらせてもよかったんですけど‥^^;

ここからはゴール後のパフォーマンスについて思うこと。

ゴールの瞬間は試合勝利の瞬間と同様、大きな喜びがあると思う。
その喜びの表し方はいろいろあると思うし、本当にその人に合った喜びの表し方をすることが望ましいと思う。
もっと踏み込んで言えば、その人の心の叫びを表現してくれるだけで十分なんじゃないかな。

でも最近、ゴール後のパフォーマンスを“考えて時間をかけてやる”選手が出てきていないか?

FORZA 浦和レッズ-グラフィック1005.jpg

こんなのとか  (10.10.2ニッカン)

あと広島の槇野とか。

彼らは彼らなりにJリーグを盛り上げよう、ゴールを楽しもうとしているんだと思う。
その気持ち自体は悪いものではなく、むしろ素晴らしいものだと思う。

ただし‥‥
それを準備して試合中に時間をかけてやるべきことなのかな‥
一生懸命考えてまでしてやるべきものなのかな。

喜ぶことと必要以上にはしゃぐことは違うのではないかと思う。


この時の主審もさすがにやりすぎと思ったのだろう。
高崎を手で制止‥してるよね。

試合のスムーズな進行には当然邪魔だよね。
早く追いつきたい相手チームにとっても不快な行為になりかねないよね。

ゴールパフォーマンス、ゴールセレブレーションはその時の喜びの心を表現するのが一番望ましいと思う。
アフリカの選手のゴール後のパフォーマンスが注目されるのは彼らの準備したパフォーマンスが評価されてるのではなく、彼らの気持ちの表現の仕方が注目されただけだと思う。

時間をかけてつくりこんだものをやろうとすることは‥‥
決していいことではないと思うが‥どうなんだろう。


ヴチニッチの話からはかなりそれてしまった^^;
たまにはいいか。


ヴチニッチが脱いだのはきっと心の叫びだよね。
これを考えてやってたら‥
警察に一度お世話になっておいてもいいいのではないかと思う。
なんて考えていたらこんなものを見つけたので最後にヴチニッチの話に戻して終わりにする。
実はヴチニッチ、パンツ姿になったのはこれが初めてではない。
以前もやっていて、なんと訴えられていたらしい!

ヴチニッチ、パンツで走って告訴される  (08.12.18イタリアたわいもない話)
問題とされているのは、ローマのオリンピコ・スタジアムで14日に行われた対カリアリ戦で、ヴチニッチ選手のゴールによりASローマの勝利が決まった直後に、同選手が短パンを脱ぎ下着姿になってフィールドを走り回っていた件。
告訴しているのはASローマの熱狂的サポーターを名乗るフラヴィオ・トゥッチさん(47才)で、騎士勲章の受勲者であり元審判でもある。本日午前、弁護士を伴ってローマ検察庁へと出向いたトゥッチさんのコメントは、次のとおり。
「一スポーツファンとして、スタジアム内の観客やTV視聴者にパンツだけの下半身をさらした行為を告訴します。私はイタリアと言う国が、何かしら変わるよう訴えているのです。この見苦しい行為は全ての新聞で報じられたのに、スポーツ連盟審査機関をはじめ非難する者は皆無でした。私はASローマのファンですが、今回のヴチニッチ選手の狂喜ぶりはチーム自体を侮辱するものです。選手らは少年達の見本となるべきであり、今回のようなことは確実にエスカレートするでしょう。もし、私が往来で服を脱いだら、訴えられて当然でしょう。サッカー選手だけは違うのですか?」


この訴えた人の話、、、
ごもっともです。


が、しかし、、、、

自分は異性ではないからわからない部分もありますが・・・

一番上の写真を見た異性の方、ドキッとしませんか?

個人的にはドキッとさせる姿の気がしますがいかかでしょう^^;




ドキッとした方、応援よろしくおねがいしますビックリマーク

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


アディダス アディフィナーレ ローマ キャピターノ 5号球2010-2011シーズンモデル
¥3,780
楽天

【30%Off】送料無料Panzeri”AF LOGO FOOTBALL 3/4 Tee”パン...
¥5,806
楽天

【30%Off】送料無料Panzeri”AF LOGO FOOTBALL 3/4 Tee”パン...
¥6,982
楽天


ん~

これじゃあただの変態記事か?

しかし後戻りできずに公開の(何度やっても変換1個目は“後悔の”)ポチ!


過去のブログネタ参加記事

We are Diamonds の歴史を調べる奮闘記  (10.10.7)

阿部勇樹移籍に思うこと~Jリーグと移籍金~  (10.9.1)

岡本拓也・来期の昇格内定  (10.8.14)

遠征と鰻・・・^^;  (10.8.7)

ワールドカップ展望~日本代表編~  (10.6.7)

夏休みの予定  (10.5.29)

S.ジェラードさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス