五目煮豆 | 何でもいいが一番困る。(旧:ハナウタ日和) ~うつわ屋店主の料理帖~

何でもいいが一番困る。(旧:ハナウタ日和) ~うつわ屋店主の料理帖~

料理覚書。
すぐに忘れてしまう分量とレパートリーのメモ。
いつか自分の役に立つように綴っています。


テーマ:

ばーさん料理を偏愛しているわりには、なぜか煮豆だけはそんなに好きではなくて、今まで自分で作ったことがありませんでした。
ところが、先日発見した居酒屋さんで頂いた煮豆が衝撃的な美味しさで、一気に煮豆が大好きになってしまって、ようやく自分で作る気になりました。
そちらのお店のお料理のポイントは上等のお出汁で、その煮豆もお出汁が素晴らしかったのです。なので、私も丁寧にお出汁をとって作ってみました(しかし、水煮大豆を使ってしまうあたり、ずぼらな性格を隠しきれない)。

【材料】
水煮大豆………100g
干し椎茸………3枚
にんじん………3㎝
こんにゃく………1/2枚
昆布………1枚 (2×5cm程)
水………カップ1
☆きび砂糖………小さじ1
☆みりん………大さじ1
☆濃口醤油………大さじ1

【作り方】
①干し椎茸と昆布を水に浸けて戻す。
②こんにゃくは、沸騰した水でさっと湯がく。
③干し椎茸・にんじん・こんにゃく・昆布を大豆の大きさに合わせたサイズに切る。
④鍋に水気をきった大豆と③を入れ、①の出汁を注ぎ入れる。
⑤沸騰したら☆を加えて、にんじんが柔らかくなるまで煮る。

【本日の器】
☆ NEW ! ☆  古谷製陶所さんの輪花高台小鉢


今まで、鉄散 (白) のみの取り扱いでしたが、新たに飴釉と錆釉が入荷致しました。
高台付きの器が一つ加わると、改まった印象のコーディネートになります。
並べると可愛い~♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
器のお店を始めました。
ごくごく普通の家庭料理やお惣菜が美味しそうに見える器をリーズナブルな価格にて揃えております。 
どうぞ宜しくお願い致します。
▼▼▼

 【INFORMATION】
■クレジットカードのご利用が可能になりました。 
■1回あたりのお買い上げ金額が18000円(税別)以上で、送料を無料とさせて頂きます。 
■飲食店、料理教室等にて大量にご購入の場合は、諸条件のご相談を承ります。ホームページよりお問い合わせ下さい。
■取引中の作家さん・窯元さんの器は、現在当店にて取扱いがないものでも、取り寄せ可能です(廃盤品を除く) 。


miruさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス