オペラ座の怪人

テーマ:

舞台ほどの臨場感はないにしろ、素晴らしい音楽でした。

クリスティーヌにエミー・ロッサムを起用したのは大正解。
天使のような歌声、美貌、愛らしさ、優しさ、従順さ。
この雰囲気をかもし出すのは、彼女の素質あってこそです。

主要な3人。ファントム、クリスティーヌ、ラウルは
吹き替えなしで、実際に自分たちで歌っているのだそうです。

ファントムの底から響くような強い声も良かったのですが
ラウルの若々しくも甘い歌声も役にはまっていました。

昔はファントムのように、生まれ持った病気などのせいで
サーカスなので理不尽な生き方を強いられている人も多かったのです。

ただ、これが『エレファントマン』と違うのは、彼が心まで病んでいた事。

幼少の頃の愛着形成がないまま、思春期を虐待で傷つけられ
そして大人になっても地下で孤独に過ごしているファントム。
そんなファントムは、愛すること、欲することへの執着心で
自分自身の中の心を燃やしきってしまうんですね。

クリスティーヌへの愛は本物であり、だからこそ彼は
ラウルの元へ行くことを赦し、自分自身が消える道を選択します。

最後、ファントムのオルゴールをクリスティーヌの墓前に置くラウル。
ラウルも感じていたんでしょうね。自分への愛とは違った彼への愛。
それは父親を慕うような感情。それを彼女が持ち続けていたことを。

そしてファントムも、ずっと彼女を愛し続けていた…。
静かにその象徴ともいえる、黒リボンの赤いバラが映し出されます。

ラストシーンで映画館の中は号泣する人たちがたくさんいました。
でも私は主に音楽に気をとられていたからか、泣き所が分からず
一度も涙が出ませんでした。それよりも音楽に興奮していました。

久々に音楽による興奮を味わった作品です。

ところで、カルロッタ役のミニー・ドライヴァーがどうしても
紅白で派手な衣装を身にまとう小林幸子に見えたのですが…。

AD