東京の郊外にカレーの神様が住んでいる。
インド料理の天才料理人で、美と芸術と食を愛するこのお方。
私は初めてお会いしたときから勝手に「師匠」と呼び、お慕い申し上げています。

このお方が今年久しぶりに料理会をやるというので、すぐに返事をしました。
ややこしいことに、今年から招待者の紹介制になったため、さらに門は狭くなったあせる

師匠の住む部屋の10m先から猛烈なマサラの臭いが漂う。
扉を開けると、すでに色とりどりの料理がずらりと並んでいた。
$全身カレーな人々

$全身カレーな人々

$全身カレーな人々


この日のメニュー
秋刀魚のジョル
ベンガル風魚カレー
ケララフィッシュ
酸味と辛みが特徴的なケララ風魚カレー
ケララチキンカレー
静岡産の骨付き鶏を大きめにカットした極上のシンプルチキンカレー
ラッサム
ムングダルのラッサム
ケララビーフカレー
鹿児島、三重、佐賀産の高級黒毛和牛を使用したスパイシーな大人味のカレー
ダール
長時間煮込んだ豆カレー
キーママサラ
鶏挽肉のスパイシーな炒め物
ニガウリのサブジ
ニガウリとトマトの汁気のない炒め物
サツマイモのコロンブ
南インドの伝統的な野菜スープ
赤タマネギのライタ
ワダ
ウーラッドダルをすり潰した甘くないドーナッツ
カジュラ米のキチュリ
高級香り米と豆のおかゆ
MIXダルスープ
北インドの伝統的な辛い豆スープ

$全身カレーな人々


見るだけで色鮮やかな美しいカレーが並びます。
師匠の料理を食べた人は、一瞬にしてそのすばらしさに驚嘆したちまち味のとりこになるのです。
確かな味の技法はもとより、丁寧で繊細な味付け。選び抜かれた高品質の食材も一般のレストランではなかなかお目にかかれません。たとえば、このビーフカレーの牛肉、黒毛和牛を使っているし、骨付き鶏の肉もものすごく柔らかい。何から何まで贅沢な食材をふんだんに使っているのです。私ははじめて師匠の料理を食べたとき、店をやっていないアマチュアの方がここまですごい料理を作ることに衝撃を受けました。
売り上げを考えないから、好きなものを作って出せる。そのアマチュアリズムが徹底している。
$全身カレーな人々

このように台を取り囲みターリー皿に少しづつよそっていきます。

その間に、師匠がまた台所でもう一品作っています。そばで拝見すると、実に手際よくかつ丁寧に調理されているのがわかります。師匠はかつて有名インド料理店やインドで修行をされていました。
$全身カレーな人々

これはMIXダル。こんなにおいしい魔法のダルスープがあるなんて!写真では伝えられないのが残念。
$全身カレーな人々


みんなあっという間に完食。
$全身カレーな人々


その次は、師匠がよく通うお気に入りのカフェへ。
師匠は薔薇がお好き。この近所にあるカフェも、師匠の影響でこんなメニューも出していました!
$全身カレーな人々

$全身カレーな人々

店内はハーブティーを楽しみながら庭園散策も楽しめる優雅な作り。
夕陽を見ながらの薔薇。もう少し日がたてば一面薔薇に囲まれるようです。
$全身カレーな人々

$全身カレーな人々

やはり話題はカレー。
師匠もブログや口コミで情報をキャッチして、ときどき話題の店に食べ歩いているそう。みんな、興味津々で話を聞きます。
$全身カレーな人々

心地よい贅沢な時間
$全身カレーな人々


また部屋に戻って、後半はワインとスイーツの宴。
この時間は、スイーツマニアさんが泣いて喜びそう。

スイーツに合ったフランスの赤ワイン、白ワイン。
昨年は希少な生葡萄酒も出た。
$全身カレーな人々


和菓子が大好きな師匠。とりわけ羊羹がお好みということで、今回は神田駿河台下にある創業80年を超える老舗「ささま」極上羊羹
$全身カレーな人々

小豆と砂糖だけのまじりけない甘さ。ちなみに、去年はここで虎やの限定数量の栗羊羹をいただきました。
$全身カレーな人々


続いて、洋菓子の名店「ロートンヌ」ロールケーキ
$全身カレーな人々

知るヒトぞ知る地元の人気店で、本店はいつも列が耐えないとか....
ふわふわすぎて包丁でカットするのがむずかしそう。
ひとくち食べた瞬間、絹のようになめらかなスポンジと甘さ控えめなクリームに感動。
今まで食べたロールケーキの概念が完全に変わりました。

そして、同じく「ロートンヌ」の焼き菓子http://www.lautomne.jp/products/index01.html?CATE_ID=3
$全身カレーな人々

クッキーなど滅多に口にしない私ですが、甘さ控えめでいくつも食べられちゃう。

台所の壁にはってあるのは黒木メイサのポスター
師匠は沖縄の美少女がお好きなようです。
$全身カレーな人々


師匠が極上のチャイを入れてくれます。
$全身カレーな人々


その間、ずっと部屋の42型テレビで流れていたのは安室奈美恵のPV!!
みてください、師匠のこのコレクション!!
私もアムロは大好きでCDもたくさん持っていますが、DVDまではさすがに集めていなかった。
師匠いわく「今世紀最大のスター」と大絶賛ビックリマーク
師匠はラッサム、ダルの定義を唱えながら、アムロの進化論を語り始めました。
どちらの話題も、私には興味シンシンで一気にボルテージが上がってきました。
$全身カレーな人々

「安室奈美恵のすごさは、デビュー当時から美しさは変わらず、さらに進化を遂げているところ。清潔な色気を感じる。」
このお言葉には、たいへんうなづけます。まさかここで安室の話ができるなんてドキドキ


さらに師匠は、SPEEDもファンだった。
$全身カレーな人々


私、SPEED、特にhiroが大好きなんです。もちろんSPEED COMPLETE BEST2枚組は持っています。
でも、DVDは現在絶版になっていて市場に出回っていません。
師匠は奥の部屋から、SPEED BEST PV集を持って来てみせてくれましたドキドキ

これは上原多香子ちゃん。師匠は多香子ちゃんと絵里子ちゃんがお気に入りだそう。わかるー合格
$全身カレーな人々


ベンガル料理論、和菓子、京都の懐石料理の話を聞きながら、安室やSPEEDという至上最年少で最高のグループを生み出した80年代のポップス界の話をうかがいました。小室時代に象徴されるtrfもお好きだそう。今ではなつかしいSPEED初期のbody&soulのPVをみて、SPEEDの歌唱力、ダンス力のすばらしさに改めて感動ラブラブ(私が一番好きなのはwhite love、my graduationとalive)
$全身カレーな人々
師匠の部屋には、ほかにも菅野美穂、中谷美紀などの正当派美女のDVDコレクションが並んでいました。好みがよくわかる~!

後半のしめは、参加者のひとりの誕生日を祝う特注のチーズケーキ
見た目も美しく、デコレーションのセンスが抜群です。
ふわんとしてなめらかな食感のレアチーズ。塩気が隠し味となり、絶妙な味わい。
ここのケーキ屋もすごいけれど、ここを知っている参加者の方もすごいと思う。
参加者の皆さんは、全国の隠れた名店や銘菓をよくご存知で、何についても造詣が深いのですよ。
これが本当にセレブな会....
$全身カレーな人々


(*今回だけスイーツについて書いたけど、普段は甘いものは得意ではありません、私。)

極上の料理、極上のバラ園、極上のスイーツ
そして、カレーの神様が安室奈美恵、SPEEDのファンだったということ。
インド料理だけでなく、すべての美に対するこだわりも半端ないことに驚き!
お礼のメールを送ったところ、すぐにお返事をいただきました。


「アムロは神ですね!
 ダンスはTRFのチハル。
 ルックスでは若い頃のglobeのKEIKOも好きです。
 globeの[departure]が流れるJR東日本SKIの竹ノ内豊と
 江角マキコのCMも最高でした。」

ウン、たしかにdepartureは名曲だ!
次はglobeのDVDを見せていただきたい。