性の劇薬 実写映画化! 水田ゆき | チェリのBL人生謳歌ブログ

チェリのBL人生謳歌ブログ

アニメ、マンガに関して勝手に語る。イベントやサイン会レポ、BL中心の日常を曝け出す。

4/13のBL進化論トークイベントにて発表されました衝撃ニュース!
水田ゆき先生の「性の劇薬」実写映画化決定!

大好きな作品ではあるものの、実写化可能なのかってところが心配(笑)

皆さん読みましたか?
あの描写、どこまで再現できるのだろう...中途半端にやられると上手く伝わらない気がするんですけど...どうでしょう☆

 
「性」と「生」を掛けてるんですけど、生きる希望を無くして命を断とうとしたところを引き止められて「捨てようとするならその命寄こせ」と監禁され本能を刺激され「生」を見出し命繋ぐ物語です。

相当過激な描写が続きますよ!
それがエロイという表現とはまた違う意味になってしまうんですけど、監禁、鬼畜、俺様ドS、調教、奴隷...ありとあらゆるフェチが組み込まれた作品なんですよ。
本能を無理矢理引きずり出されるような過激な行いが繰り広げられます。
でもそれをエロイのひと言で表現できないのは二人の抱えてるものの大きさとその意味を知ってしまったからなんです☆

「命を捨てようとする」という底辺からはじまる大人の男二人の愛の物語なんですが、その愛に変わるまでの二人の向き合い方と寄り添い方に共感してお互いが自分自身を見つめ直し二人認め合い生きていこうとする。
物語としては映画化されることに大賛成☆

ただその過激な描写という点で、エロイとかエロくないとか関係無しにその流れがあってこその二人のその後の関係に結び付くから重要性高いと思うんですよね☆

キャスト発表はまだなんですが、本気で実力派で選出してほしいと願うばかりです!
そして水田先生の監修は絶対必要だと申しておきたいです!
水田先生の感性と頑張りにこの映画化の成功を祈るばかりです!

そして水田先生のお人柄もサイン本に出てるかと思うのですが、この手の込みよう☆
それを「描かせていただいて嬉しい」と仰ってくださるような温かい方なんですよー(泣)

何が何でも応援したいと思います☆
そしてなんだかんだ言いつつも期待して都度情報公開と映画公開をに待ちたいと思います☆
制作に携わる皆さん!水田先生!
頑張ってくださいね☆