いくら請求する?

テーマ:


一般に、離婚しない場合の浮気相手への慰謝料請求は、請求する額はいくらでも良いのだが、実際に払わせられる慰謝料は、鼻くそみたいな金額になる。

ネットでさんざん読んだ。

さらに、相手が金が無ければ、1円も取れない事もある。


んなアホな…。



カネも無ぇブスのくせに人の旦那に手ェ出してんじゃねぇよ!ムキー




ハッ真顔いけないわ。
取り乱してしまった。うふ。




星月先生に聞いた。
いくら請求できますか?と。

先生は、『いくらでもいいんですよ、相手は減額を求めてくる事が通常ですから、多めに請求して、そこから始めましょう。』

と、仰った。


『多めって、いくらですか?全然スタートがわからないんですけど…』


と、聞くと、


『そうですねぇ、まずは300万から始めましょう。
そんなに取れる事はまず無いんですけどね。
まぁ、まずはビビらせましょう。
それに、向こうも弁護士を雇う場合、十中八九雇うと思いますけど、実際にその雇った弁護士が請求された額から減額できた分に対して、パーセンテージで成功報酬を相手方は払わなければならなくなるので、ふくろうさんが望んでいる、相手にダメージを負わせる、という事は達成できると思います。』



なるほど。


私は、お金が欲しいわけじゃなかった。



私が相手の女に慰謝料を請求する根本的理由は、夫が嫌がったから夫に対する制裁、いやがらせ、プラス、相手の女に『ヤベェことになったーーーーーー!』って、思わせたいって事だったから。



300万?正直、それ満額払ってもらっても、全然足りないけど、まぁ、法律ってやつは、ややこしく出来ているらしい。



そんなわけで、とある連休明け、私の代理人名で、加害者宛に、300万円の慰謝料を請求する旨の、内容証明郵便が発送された。
電話番号などから住所を弁護士照会してもらう必要は無かった。GPSで建物がわかってたから、それを元に住民票を取り寄せてもらい、アッサリきちんとした住所は割れた。



発送する前日、夫には釘を刺した。


『明日、私の代理人から、慰謝料請求の郵便が送られる。受け取ったら、絶対あなたに連絡してくると思う。それは仕方ないと思う。あなたも共犯者だから。ただ、なにも喋らないで。』


夫は怯えた目で『わかった』と言った。