出会いのアプローチ

出会いのきっかけアプローチのノウハウ


テーマ:

いつもの楽しいデートでは、
カフェなどでとりとめのない会話をするだけでも
幸せを感じるものでしょう。
それが出会いから始まって
付き合っていく過程のカップルには
とても幸せな時間となるのです。
そのような楽しいデートの時間も
やがて終わりが訪れます。
次も会えるのですから、
それほど寂しがらなくてもいいと思うのですが、
いつも一緒にいたいと思うカップルには
その日のデートの別れだけでも
とても悲しくなってくるものなのです。
では、そのような悲しい気持ちを紛らわすには
どうしたらいいのでしょうか。

その日のデートがとても楽しければ楽しいほど、
別れが寂しくなります。
それは仲の良いカップルであれば
当然と言えるかもしれませんが、
そのときの寂しい気持ちが次のデートをより
幸せなものにするのです。
もっともデートの帰り道では、
その日のデートの楽しかったことを
語り合うのも良いでしょうが、
それがより一層別れの寂しさを増長させることがあります。
それではデートの帰り道に
何を話したら寂しいという気持ちが紛れるのかと言うと、
やはり、次のデートで何をするのかを話し合うことでしょう。

今日のデートではこんなことが楽しかったから
次のデートではあんなことをしてみよう、
といった具合に次のデートの予定と内容を話し合うのです。
そうすると帰り道の別れの寂しさを紛らわすと同時に
次のデートのイメージが沸いてきますから、
寂しさよりも喜びのほうが強くなって、
「早く次のデートができないかな」
という気持ちが膨らみ待ち遠しくなるのです。
次のデートの日にちが決まれば
もちろん良いにこしたことはないでしょうが、
何をするのかが決まるだけでも
楽しくなることは間違いありません。



-デートの帰り道の心得-


にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
デートというと、
仕事や学校が終わってから待ち合わせをするなど、
それぞれの都合に合わせなくてはいけません。
それがまた楽しい瞬間ではありますが、
「待ち合わせたものの今日は何をするの」、
と予定を全く立てていないデートも良いでしょう。

一方で、あらかじめ映画を見るとか
ボーリングをするとか
楽しい行事を決めているデートならば、
それまでの心の準備も整えているはずですから、
さらに楽しいものになるのではないでしょうか。

このような気持ちになるのは、
出会いから付き合いが始まって一番幸せな、
二人でいるだけで嬉しいという時期なのです。
その気持ちをずっと保ち続けていくためにも、
楽しいデートが終わったときの
帰り道の心得というものがあります。
それはやはり楽しかったデートの余韻に浸ること、
そしてこの人と一緒にいたいなと
二人が同時に思えることが大切なのです。
いつまでも一緒にいたいということになると
デートの帰りの別れ際が非常に辛くなることもあります。

デートが終わって二人が別れるときも、
次に会うのが決まっているのでしたら、
別れの寂しさもそれほどないのかもしれません。
しかし、次に会うのがいつになるのか
わからないというのであれば、
デートが終わって別れるときの寂しさも
増幅してくるのではないでしょうか。
そのときのデートのわかれ際の寂しさを
お互いが紛らわすための心得として、
次のデートの約束をとりつけるようにしましょう。

日にちが決まればベストなのですが、
双方の予定がわからずに日にちが決まらなくても、
次のデートでは何をする、あれをしよう、
そのほかにも映画に行くなどの約束をすると良いでしょう。
その約束をするだけでも
デートの別れ際の寂しさを紛らわすことができて、
次のデートの日をわくわくしながら待つことができ、
より楽しいものにできるはずです。



-デートの帰り道の心得-


にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

楽しいデートもいつまでも続きません。
その日の夜になると楽しいデートも終わりとなります。
そうすると帰りはどちらともなく
二人が一緒に過ごせるぎりぎりの場所まで
行くことになります。
たとえば駅で二人が別方向に帰らなくては
いけないということになれば、
その駅までは一緒に行くでしょう。
男性でしたら、女性を家まで送り届けたいと考えます。
女性でしたら、家まで送ってもらうのは
悪いなと思いながらもその気持ちが
嬉しく甘えてしまうこともあるでしょう。

出会いから間もないつきあいであっても
「少しでも一緒にいたい」と思うのであれば、
それが正直な気持ちなのです。
ですから、男性が女性を家まで送って行くというのは
デートにおいて特別な行いではないと
言えるかもしれません。

もちろん、男性も女性も少しでも
パートナーと一緒にいたいという気持ちの表れですから、
双方にとって家まで送るという行為は
楽しいものでもあるはずです。
いつまでも一緒にいたい、
いつでも一緒にいたいという気持ちは
まだまだカップルの間は
その気持ちをどこかで我慢しなくてはいけません。
それでもデートの帰り道でそのような気持ちを
少しでも和らげるのは次のデートの話です。
次に会ってこんなことができるから、
それを楽しみにして
その日のデートを終えることができるのです。

楽しいデートは一度きりではありません。
これから何度も訪れるであろう
デートの中のひとつに過ぎないのです。
しかし、そのデートは一度きりであるがために
少しばかりセンチメンタルになるものかもしれません。
同じデートは二度を起こりませんから、
その一つひとつを二人で存分に楽しみましょう。



-デートの帰り道の心得-


にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。