おはようございます。

親子セラピスト®︎長南華香(ちょうなんはなこ)です。

 

*はじめての方はこちら*

*活動への思い*

*講座・セッションなどのご感想*

 

 

今日からしばらく出張です。

今日、明日は
瀬川映太くん主催の「バースカフェ」合宿の
ゲスト講師として神戸。

明後日は同じく神戸にて、神結びセミナー

その翌日は、椿大社で打ち合わせ。


さて、今日の講座のお題として
「スピリチュアル子育て」を頂きました。

本当のスピリチュアルって何だろう
そのスピリチュアルを使った子育てって何だろう

愛って何だろう

そんな事を考えてました。

私は割とフワフワした掴み所のないキレイゴトのスピリチュアルが嫌いで

外見や雰囲気からはキラキラスピと思われがちですが
全く違うね。ジャンヌダルクみたいだね。
とか言われる・笑

まぁそれは良いとして、、、。



スピリチュアル的には

子どもは
「親を助けたい」といつも願ってます。


子どもの胎内記憶の願いをテーマに
親が「本当にこどもからの愛を受け取る方法」について講演をさせてもらっているのですが



魂の結びって何だろう‥。
親子が本当に結び合うのって
どう言う意味だろう。


そんな事を考えていたら


「親は、強く・美しく・切なく子どもを裏切る」

と言う言葉が降りてきた。



先日、
「親子結び」のイベントについて
ある方とお話してたのですが

その方が「結び」って、
一回離れないと「結ばれないよね」
ってあれこれ提案してくれたんですね。

その時は
「なるほど」と納得したんだけど

その言葉が私の中で
熟成されたようで


「切る、解く」って
「結び」より覚悟が必要な事だし

本当に愛して、相手を信頼してないと
切るなんて怖くてできないな。

って思ったんです。




そこで
本当に子どもを育てることって

「親が子どもを裏切ること」
なんじゃないかな??


もちろん3次元的に
言う事と裏腹なことをする!とか

世話をしない!とか
そう言うレベルの話しじゃないからね・笑


子どもの願い、胎内記憶で決めてきた
「親を助ける」ってのを
やらせてあげない!

助けることを裏切る=助けさせい

ってこと。




裏切るってのは
裏を切るって書く。


すると、
裏で切れたんだから
残るは

「表で結ばれる」



表で結ばれるのってどう言うこと??

それはきっと

「人生を歩くチカラ」
自分の強さと固く結ばせる。



親の役割って
子の命を生み出すことだから

「子どもに助けてもらう」なんて
裏もいいとこだよね。



だからそれは美しく切る。


でも切るには覚悟がいる。

「自分を信じる」「自分の強さを見たい」
「私はもぅ、子どもに助けられるような
そんな人生を歩かない」


そう、決めないと
最愛の子どもからの愛を切れないからね。

そんだけ
自分も、こどもも信頼しないとできない
とっても怖いこと。




そして、親から裏切られた子は
親を助ける代わりに


とっとと自分を探しに行く。
とっとと自分を生きていく。


だから、親は
子の時間を奪っちゃいけないし
自分の道を行く足を引っ張っちゃいけない。


でも、もし‥
親が裏切ってくれなかったら


今度はこどもが親を切る番が回ってくる。



親を切る



子は親を助けない。をする。



それは、ひどい仕打ちや無関心ではなく

「親は助ける弱い存在じゃなかった」って
今度はこどもが
親の強さを見ていく番


これが親を切る

「親切」という言葉。



裏切と親切が
本当に出来た時

親子は依存や心配ではない
強く、美しい魂で結ばれる。




私はこうして親を切った。

苦しかったし、助けたかったけど

お互いが次へ進むために
弱い母を見てはいけない、被害者にしてはいけない。
だから切った。



すると、徐々に母は
自分のチカラを取り戻していった。


すると今度は、娘が私を切った。


すると、私が
自分の命を取り戻した。

詳しく話すと長くなるので
抽象的な表現で分かりにくくてごめんね。

でも、、、、。

こうして
お互いがもっと深い魂で結ばれて

そして、
自分と深く結ばれる‥。




切ることで自分の人生を歩けるようになる。



切ることでさらに
深く強い結び目が出来る。


すると、新しい結び目=産霊(ムスヒ)芽が
生まれる









 

LINE@はじめました

 

 

 

登録はこちら

↓     ↓     ↓

検索ID  cherishhana

 

https://line.me/R/ti/p/%40cherishhana

 

 

冬至 伊勢神宮リトリート

申し込みは11月末まで!お急ぎくださいね。

https://ameblo.jp/cherishhikari/entry-12418925978.html


 

 

 

 https://ameblo.jp/cherishhikari/entry-12418511041.html

 

 

 

著書