こんばんは。

親子セラピスト長南華香(ちょうなんはなこ)です。

 

今日はチャイルドセラピストproコースを開催しました。

 

proコースというだけあって

かなりdeepな内容で構成されています。

 

今日は胎児とのお話の仕方や

潜在意識のブロックを外す

効果的な言葉のインストールなど

 

インナーチャイルドや親子関係のみならず

エネルギーの話や

深い意識の壁の話をしました。

 

 

 

 

通常のチャイルドセラピストは

 

バーストラウマと言う

 

「産まれた時に出来た人生のパターン」

 

例えば

 

○へその緒を切るタイミングによって

成人期に受け取りの恐れが出る

 

○ご自身が赤ちゃんだった頃に

お母さんと何かの理由で離された事で

ご自身の産後クライシスに繋がる

 

○早産で産まれた場合、成人期にウツになりやすい

 

など、

バーストラウマというのは

 

赤ちゃんが潜在意識の状態で

大きく刷り込まれたインパクトのある出来事が

 

のちのちしこりとして表質して

人生のパターンを作って行く

 

 

 

というものなのですが

 

 

 

これは考え方の一つね。

絶対ではありませんのでご安心ください。

 

 

 

でね、

 

絶対ではもちろんないけれど

 

それだけ赤ちゃんや7歳までの子どもの意識とは

潜在意識がまる出しの状態なので

 

何でも言われた通りに

受け取ってしまい

 

それが人生のベースになっていきやすい

 

という考え方です。

 

 

 

 

でもね、

そんなトラウマだの、恐怖だの

っていう話をしたいのではありません。

 

 

仮に出産や7歳までの子育て

もしくはお母さんご自身が

何かインパクトのある出来事があったとしても

 

ちゃんと修正をしていけるし

書き換えていくことが出来るのです。

 

 

そのポイントは

 

「感情を完了させる」

 

 

ということ。

 

 

出来事自体は変えられませんが

その出来事に付随した感情を書き換えることによって

印象が

グンと変わってくるのです。

 

すると、トラウマだったことが

ひっかかりもない

ただの出来事になっていきます。

 

簡単なやり方をご紹介しますね。

 

 

まず、眠りに入る直前に

肯定的な言葉を子どもに伝えてください

 

簡単な言葉だとしたら

「産まれてきてくれてありがとう」とか。

 

 

ポイントは

肯定的な言葉です。

 

潜在意識は

否定語は分かりません

 

 

良い例

→産まれてくれてありがとう。あなたがいてくれて幸せよ!!

 

悪い例

→いつも泣いてるあなたを見るとママは困っちゃうけど、嫌いじゃないの

 

潜在意識に入る内容

→いつも泣いてるのね。

ママを困らせるのね。

嫌いよ。

 

 

というように否定語が分からないので

 

肯定的な言葉を

眠る前に伝えてくださいね。

 

 

また、潜在意識の奥の奥に入れて

バーストラウマや人生の思い込みを変えるには

 

ピエタセラピーは

ホントにオススメです。

 

 

1/9にグループセッションをしますので

ぜひ、受けてみてね。

 

 

あと、チャイルドセラピスト講座は

2月後半スタートスカイプクラス開催予定です。

 

気になる方はメルマガにご登録くださいね。

 

 

お読み頂きありがとうございます。

 

 

 

1/9(月・祝)
◆ピエタセラピーグループヒーリングin横浜◆
ママと子どもの問題が共に解決!夜泣き、断乳、行き渋りをスッキリさせる
子どもの能力才能が発揮される魔法のセラピー


◆1月セッションご予約受付中◆
あらゆる状況を好転させ瞬時に問題が解決今までの価値観が大きく変化していきます。


◆無料メルマガ◆
心の居場所を作ってあげて自分と子どもを育むレッスンを毎月お届け
親子が繋がるハートフルレッスン​



全てのお問い合わせは

 

http://cherishone.com/toiawase/

 

までどうぞ