おはようござます。華香です。

 

最近はよく

 

自分のやりたい事をすると幸せになる


とか
本音を出すと循環する

 

などが大事にされています。

 

 

これは、

「自分を大切にする」

 

というコアな所に繋がってるので
とても大切な事だと思います。



 

 

「自分を大切にする」

というのがわからない


そう言う人って、割と多いです。


パターンとしては、

長女気質で

子どもの頃から我慢が多かった場合


「誰かがどう思うか」が大事なので

自分が後回しになります。



一方、そう言う人が

「自分を大切にする」をすると


一気に人に迷惑をかける

「悪になる」ことも・・・


自分はいいけど

人が嫌な思いをしてしまう。



そのさじ加減について

考えてみました!!




 

  • 私がやりたいから
  • 私のハートがこう叫んでるから

と言って、

 

自分軸と我が儘の境界線が

曖昧になってしまう事はありませんか?


その境界線って難しいよね。

 

 




私が思う自分軸って



『自分の気持ちに気づいて心地よく過ごしていく』こと



 ようするに、、



 

心地よい


という所が大切なので




自分がやりたい事をやっても


自分を責めずに、

罪悪感がない状態




じゃないかな…と思います。

 

 

これは、ふてくされて罪悪感を持たないフリをするのではなく

(これもよくやっちゃいますね笑)





心の底から
それをして、心地良いかどうか

 



一方、我が儘とは
文字のごとく
『我』がまま

『自我』の『我』を貫き通す。




 

周りの気持ちをないがしろにして

人に嫌な気持ちをさせてまで
自分を通す事だと思います

 

かつてこんな事がありました。




 

A子さん(仮)と仕事の約束をしてました。
A子さんが来るのをずっと待っていたのですが
結果
連絡もなく、A子さんは来ませんでした。



 

A子さんに何があったのか、後日聞くと



『私は自分の気持ちに素直になった』
『イヤな事はしない事にした』
と言われました。

 


私は、それをされて

イヤな気持ちになりました・苦笑




自分の気持ちを大切にする





A子さんは、そのような事をして
心地よい状態でいるのは難しいと思います。




私が思う
『自分を大切にする』というのは



 

心地良い状態で
自分で自分を満たして行く

という事




 

なので



我を通すのは
一時は心地よいけれど




後味が悪い事が多いね。




そして、

この、心地良い事をしっかりと見極めて行けると



自分の中の不要なエネルギーや
旬が過ぎた人間関係などにも
気づきやすくなります。




いわば

心地良く
自分で自分を満たすと




今、自分にとって本当に必要な事


やっていく事


シンプルに出来る事


不要な物など


これらが、より明確になっていきます





で、もう少し深い所をお話すると


自分で自分を満たす極意とは

 



自分に対する前提力だと思います。

(少し難しいですね…)

 





例えばですが



自分に対して責癖(せめぐせ)のある人は
心地よい状態ではないし

ダメな私、足りない私
を常に持っていると

やはり心地良く自分で自分を満たすのは難しい

(もちろん物質的に満たす事は可能ですが…)





この、



自分の前提を




ほとんどの人が

低く見積もり
間違っているんです



 

本当に心地よく気持ちよく
自分を大切に生きるには

 

間違っている前提を
手放す
という事



まず、自分の前提を

どんな風にもってるか



ちょっと考えてみてね♡



《募集中:親子セラピーコースワンデーセミナー東京&大阪》

 

東京クラス

《A日程》

4月18日(木)10時30分から12時30分まで →キャンセルがでたので若干名受付中

場所・JR新橋より徒歩10分の会議室

↓   ↓   ↓

http://cherishone.com/moushikomi/0418one/

 

 

《B日程》

4月23日(火10時30分から12時30分まで)→受付中

場所・JR神田より徒歩10分の会議室

↓   ↓   ↓

お申し込み先http://cherishone.com/moushikomi/0423one/

 

 

 

大阪クラス(追加クラス決定)

4月19日(金)10時30分から12時30分→受付中

場所・JR新大阪駅より徒歩3分の会議室

↓   ↓   ↓

お申し込み先http://cherishone.com/moushikomi/oosaka0419/

 

お子様連れ・可能

(ただし、ママが学ぶ内容で、お子様とご一緒でないと受けられないカリキュラムではございません。

お子様とご一緒ですと、集中出来ないかもしれませんので、託児などをオススメします。)

 

詳細について

https://ameblo.jp/cherishhikari/entry-12443957182.html

 

値段・3,240円