濃い❗❗ブルーノシベ✨

テーマ:





私が扱う中で最もお気に入りのローカリティ✨
その中でもブルーは絶対的存在🎶
まるで宝石❗❗生きた宝石❗❗
ただただ美しい❤

以下、Allaboutより一部抜粋
https://allabout.co.jp/gm/gc/70651/all/

パンサーカメレオン

学 名Furcifer pardalis
別 名:-英 名:Panther Chameleon
分 布:マダガスカル
全長:オス52cm メス35cm

丈夫で美しく、大きさも手頃でカメレオン飼育の主流となり続けているパンサーカメレオンの地域個体群の一つです。

パンサーカメレオンはマダガスカル北部の沿岸部に分布する種類ですが、地域個体群により、特にオスの体色に変異が大きくいわゆるロカリティが重視されています。その地域個体群も非常に多く、すべては書き切れませんが、代表的な11ロカリティをここではリストしておきます。基本的にすべて地名です(一部除く)。

  • ノシ・ベ
  • アンバンジャ
  • アンカラミー・・・いわゆるピンクパンサーのロカリティ
  • アントシラナナ(ディエゴ・シュアレズ)
  • サンバーバ
  • マロアンツェトラ
  • タマタブ(トアマシナ)
  • セントマリー(ノシ・バラホ)
  • アンダパ
  • ピカソ・・・地名ではない
  • マンガ・・・ピカソの中の一つ。ターコイズとも
体色は前述したように地域個体群はもちろん個体により大きく差がありますが、基本的には緑から褐色系の地色に、濃色の横帯(パンサーストライプ)が入り、体側中央に白色の縦条が一本入っています。オスは、この基本の地色の上にあらゆるスペクトルの色が、まさに塗りたくったようにあるいはサイケデリックに乗っていて、非常に美しくというか派手になります。メスはやや地味で、ロカリティによる差も少ないようです。

本バリエーションの「アンビローブ」は「ピカソ」と呼ばれる、産地など未だ神秘のヴェールに包まれた魅力的なタイプの中の、赤系の発色が強くカラフルな個体を指すことが一般的なようです。ちなみに「アンビローブ」は、北部の山地にある地域の名前です。

パンサーカメレオンは一般に、体型はいかにもカメレオンらしく、頭頂のクレストも大きく、背中線と咽頭垂に鋸歯状の鱗が発達しています。また吻端には小さな角もあります。

沿岸部の比較的標高が低い場所の原生林や二次林に生息しており、もちろん樹上性です。

食性は昆虫類食性です。


この子にピッタリのお嫁さんも入荷しています❤

お問い合わせお待ちしています✨

Cherie U+ 渡辺

~イベント告知~
次回は2018年一発目のJRS❗❗
ジャパンレプタイルズショーです💖
1/20.21の二日間に渡り、出展致します⤴⤴
各種魅力溢れる生体をゆっくり吟味して頂けるように、今回は4ブースにて大々的に展示致します🎉🎉
この機会に是非、当ブースへお立ち寄りくださいませ✨
★☆出品品目一例☆★
爬虫類
パンサーカメレオン・エボシカメレオン・カメレオンモドキ・フトアゴヒゲトカゲ・ヒョウモントカゲモドキ・ニシアフリカトカゲモドキ・コーンスネーク・ジャングルカーペットパイソン・グランディスヒルヤモリ・アルバーティスマゲクビガメ・ニホンイシガメ・イシヤモリ・マモノミカドヤモリ・クレステッドゲッコー・クチサケヤモリ・ヒガシウォータードラゴン・サルバトールモニター・テグーetc.
哺乳類
フクロモモンガ・ヨツユビハリネズミ・ヒメハリテンレック・ミーアキャット・プレーリードッグetc.
両生類
イエアメガエル・クランウェルツノガエル・メキシコフトアマガエルetc.
活餌
ヨーロッパイエコオロギ・フタホシコオロギ・デュビア各サイズ・ハニーワームetc.

まだまだ書ききれない程の種類がいますが、
会場にてお待ちしています❤

ジャパンレプタイルズショー
場所、ツインメッセ静岡
日程、2018年1月20日(土)・21日(日)
時間、10:00~17:00