1)初釜(平成31年)〜 ①茶席編(待合・濃茶席・薄茶席) | 【ブログ】シュミネ茶道教室(裏千家) ~大阪・心斎橋

【ブログ】シュミネ茶道教室(裏千家) ~大阪・心斎橋

心斎橋駅上がってスグの、「シュミネ茶道教室」のブログです。
活動日記、お稽古内容の補足、深く掘り下げたい茶の湯の勉強など、地道に学んでもらえるよう、生徒の皆さん向けに徒然書いています。
~ 西田 宗佳 ~


テーマ:
皆さん、こんにちは。 シュミネ茶道教室です。
さて、先日1/19(土)に、「KKRホテル大阪・清芳庵」をお借りして、「平成31年 西田宗佳 社中 初釜」を無事執り行いました。
ご参加いただいた社中の皆様、ご臨席賜りました来賓の先生、本当にありがとうございました。
 
今回でまだ3回目の初釜を迎える若い教室にもかかわらず、熱心に取り組んでくれる社中のおかげで、それなりに形にすることができ、有り難い事と感謝しております。
お天気も良く、平成最後の初釜にふさわしい、今年の稽古始めとなる清々しい一日となりました。
この場をお借りして御礼申し上げます。
 
↓) お茶席後の集合写真
来賓として来てくれた恩師と、たくさんの仲間に囲まれて、実が引き締まる思いです。
 
 
↓) 茶室からは大きな空と大阪城の素晴らしい景色が望め、一番のご馳走となりました。
 

 
↓) 待合床
「念ずれば 花 ひらく」
先代の安養寺ご住職で、この日来賓で来てくれたうちの大先生の今は亡きご主人様のお筆です。
私が入門したばかりの頃、先生の初釜の余興で当たった景品ですが、時を経てこのように使わさせていただけるなんて嬉しいです。
 
 
↓) 濃茶席の床
「松樹千年翠」(しょうじゅ・せんねんの・みどり)
結び柳と、祥瑞の扇面香合
 
 
↓) 薄茶席の床
「寿山樹色籠佳気」(じゅざん・じゅしょく・かきにこもる)
花は破椿に、花入れは鶴首
香合は高砂図のぶりぶり
 
 
 
↓) 主菓子
待合でお召し上がりいただいたのは、「福壽堂秀信」製の花びら餅
 
 
↓) 干菓子
薄茶席でお出ししたのは、四天王寺「河藤」製の干支の煎餅と、和三盆の福寿草
 
 
 
全3編(①②③)に分けて初釜のレポートをお届けしたいと思いますが、まずこちらのブログでは「① 茶席編(待合・濃茶席・薄茶席)」の様子をご紹介します。あれもこれもと選んでいると、ついつい写真が多くなってしまいます。アルバム感覚でご高覧ください。
 
濃茶点前は「嶋台での重ね茶碗」
薄茶点前は「千歳盆」
 
 
■ === (一席目) === ■
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■ === (二席目) === ■
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■ === (三席目・来賓席) === ■
うちの大先生(私の師匠)と、同期のM様にお越しいただきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
~~~~~~~~~~~~
 
↓) 三席終わったあと、冒頭にあった集合写真を撮り終え、午前の茶席を無事終了しました。
やれやれ~
 
 
さっ、この後はお楽しみの新年互礼会です♪
 
 
◆◆◆ ========================

《 シュミネ 茶道教室 》

~大阪・心斎橋~

(裏千家: 西田 宗佳)

【URL】 http://cheminee-club.com

【TEL】 06-6252-0560

=========================◆◆◆

シュミネ茶道教室(裏千家)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ