前編〉10/3 許状引渡式① 〜 利休堂の前で厳かに | 【ブログ】シュミネ茶道教室(裏千家) ~大阪・心斎橋

【ブログ】シュミネ茶道教室(裏千家) ~大阪・心斎橋

心斎橋駅上がってスグの、「シュミネ茶道教室」のブログです。
活動日記、お稽古内容の補足、深く掘り下げたい茶の湯の勉強など、地道に学んでもらえるよう、生徒の皆さん向けに徒然書いています。
~ 西田 宗佳 ~


テーマ:
皆さん、こんにちは! シュミネ茶道教室です。
10/3(水)に、当教室の第二回目となる「許状引渡式」を無事執り行いました。
前編・後編と2回に分けてお伝えします。
 
9月に改装工事も終わり、新しく生まれ変わった教室。
これまでなかった床もでき、畳も建具も照明もきれいになって、ちゃんと茶室で行事ができるようになったことは嬉しい限りです。
今回は昨年うちの教室に入会され、お稽古を続けている12名(第二期生)の許状(入門・小習・茶箱)を引渡しさせていただきました。
利休居士の前に香を焚き、お菓子と茶をお供えして式を始めます。
 
 
↓)18:00 客(拝受者)が待合に集まり始めます。
 
 
↓) 汲出しをお出しして、席入りしてもらいます。
 
 
↓) 一同、利休堂に向いて合掌。
 
 
↓) お一人ずつ進み出ていただき、三種の許状を読み上げ、家元に代って許しを伝達します。
 
 
 
 
↓) 利休居士が見守る中、手から手へお渡しします。
 
 
 
 
 
↓) 縁あってうちの教室でお稽古を始めた12名の門出です。
正式に裏千家門下となった皆さんが、これからどうお茶と向き合っていかれるのか楽しみです。
 
 
 
許状は、免状とは違い、「これからここまでの稽古をしてもよいですよ」という「許しの状」になります。
なので、何かを成し得た訳ではなく、スタートラインに立てたということです。
生まれも育ちも全く違うみんなが、なんの因果があってここに集い、共に出発することになったのか…、ご縁というのは不思議です。
 
茶の道は果てしなく続いていて、どこまで皆さんと旅路をご一緒できるのか先のことは分かりませんが、先人たちが長い年月をかけて歩まれたその道の、まず第一歩を共に迎えられたことを嬉しく思います。
 
引渡しの後は、薄茶席を設けました。
 
 
◆◆◆ ========================

《 シュミネ 茶道教室 》

~大阪・心斎橋~

(裏千家: 西田 宗佳)

【URL】 http://cheminee-club.com

【TEL】 06-6252-0560

=========================◆◆◆

シュミネ茶道教室(裏千家)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス