入院 2日目 手術 | 乳癌治療中、悪性リンパ腫まで発症。そして、リンパ腫再発。けど明るく楽しく!

乳癌治療中、悪性リンパ腫まで発症。そして、リンパ腫再発。けど明るく楽しく!

2013年10月に乳ガン告知。ステージ1。現在、ホルモン療法中。旦那ちゃんは脊髄腫瘍。(2018.2現在)小学生と中学生の二人の男の子のママです。
2017年10月には悪性リンパ腫も発症。落ち込むこともありますが、治療を頑張っていきたいと思います。


テーマ:
手術後、少し、振り返って書いてます。




朝一からの手術でした。

その前の日も、足の痺れと臀部の痛みで、飲み薬と座薬を使用しました。


そして、朝から手術だと思うとよく眠れず、1人、悶々としていて朝を迎えました。


朝から、旦那ちゃん、父母、義母が来てくれました。

手術室へはストレッチャーで行き、そのままの体勢で手術室に入りました。


手術室は、何度来ても、慣れません。
緊張感マックスです。


今回は、ルート確保を麻酔後でお願いします、とアンケートでもお願いしてました。
本来ならば、腕もしくは手のひらからのルート確保をし、そこへ麻酔薬を入れて、全身麻酔なのですが、今回は、酸素マスクから麻酔薬を嗅ぎ、その麻酔で寝てから、ルート確保し、本格的に麻酔後、手術となりました。


なかなか眠りには入れず、ドキドキしましたが、結局は麻酔にかかり、
「ちぇいぴぃさん、終わりましたよ〜」
という、声がけで、手術が終わったとわかりました。

手術は、8:30開始で、部屋に戻って来たのは、14:20でした。

今回の手術は、癌転移により、骨が増え、その骨が神経を、圧迫していたので、その徐圧をする手術です。

腰部背部椎弓切除術です。
椎弓という骨を削り取り、神経の通り道を大きくします。


そして、また手術後が辛いんです。
麻酔が完全に抜けるまで、酸素マスクを付けているのですが、私はこの酸素マスクが苦手なんです。

酸素マスクをしているのに、息苦しくなるんですえーん
どういうこと?

術後、3時間は酸素マスク装着なので、とにかく3時間が過ぎるのをジッと待っていました。


その間は、もちろん動けないし、寝返り打てないし、背中もお尻も動かせず、足さえも曲げられず、まさに地獄でした。


手術した場所は痛いですが、腰の痛みと足の痺れは無くなりました。

ただ、別のところが痺れています。
手術の反応だと思われます。しばらく様子見ですね。


3時間の地獄の時間が過ぎ、酸素マスクを外してもらいました。
少しマシです。
しかし、動けませんえーん

どうやって動いたらいいのか、ちょっずつちょっずつ、ちょっずつちょっずつ、ミリ単位で動きながら様子見していました。

夕食までには、なんとかしないとなりませんから。


14:20に部屋に戻ってきてから、4時間30分。
19:00になりました。

この間、何度となく、看護師さんや主治医が様子を見にきてくれました。


そして、私の様子を見て、夕食は普通に出す、ということになりました。

おなかは全く減ってはいないのですが、とにかく食べなきゃ治らない、と思い、頑張って夕食を食べました。


金目の煮付けでした。

半分以上は残しましたが、水が飲めたので、生き返った感じがしました。



その日の夜は、痛み止めが切れたのか、痛くて眠れず、また、寝返りもまともにできず、ほぼ、一睡もできずに夜を過ごしました。








ちぇいぴぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ