昨日の横浜は雨となり

寒かったです。

底冷えまでとはいきませんでしたが

身体の表は思いっきり冷えてしまう、

そんな感じでした。



そんな日は身体を温めてくれる食材を選んで食べましょう!

昨晩、選んだ食材は、

もちろん、羊肉!


羊肉と冷蔵庫に余った食材で

サッと炒めて食す。

 

昨晩の冷蔵庫さんよりいただいたラインナップは

キャベツは補中益氣、

人参は養血明目や健脾化滞があり、

玉ねぎは理氣健脾、青梗菜は活血や消腫ですね。

 

羊肉は脾胃の虚寒、冷え性、足腰の冷え疼痛

などに良い食材。


あまり売ってない食材かもしれませんが

最近はスーパーでも見かけるようになりました。

(ウチの近所のスーパーは常に売ってます)


寒い冬時期には
もっと活用してもらいたい食材です。

 


さて、これをフレンチでよくある
香草パン粉焼き をアレンジ。

・羊肉
・韮
・胡桃(細かく砕いておく)
・マスタード(粒でもOK)
・パン粉
・にんにく
・オリーヴオイル

①韮をみじん切りにして
 少量のオリーブオイルと
 ニンニクをすりおろして
 パン粉とよく混ぜる。

②羊肉に軽く塩、胡椒して
 マスタードを塗って①とクルミ
 をはりつける。

③オーブンで焼く。

以上、
超かんたんです。

*下処理で羊肉に熱湯をかけて
 湯引きのような感じにすると
 少しは羊肉の臭いが軽減します。
 

{2BD7EC49-A9EC-4F25-A914-EE808CF5B899:01}

 

肉類を食した時は

薬膳を学ばれた方なら山楂子は当たり前すぎる食材。

ですが日常ではなかなか入手できないかもしれません。

 

そんなときは、

大根、蕪、秋葵、鳳梨、など

身近に売られている食材を活用してみてください。

 

今回、付け合わせは

”りんご”ですが、消食類ではないのですが、

整腸作用がありますし、帰経に脾胃があります。

 

絶対に大根を付け合わせに!

何が何でも山楂子!

なんてことはありません。

 

日々の食養生での薬膳の使い方は

こんな感じでいいのです。

(治療目的となったらガチでいきますが)

 

こういったことを繰り返し続けていくことで

自然と知識が入っていき、

経験が積まれて行きます。

 

机上論はあくまで机上の話しです。

どんなに知識が入っていても

使えていなくては

まったく意味ないですから。

 

どんな学問や分野においても

”練習””経験”は必要です。

そのためには、

まず間違いのない基礎知識を!

 

 

薬膳的に、

~羊肉~ 「補陽類」
性味: 温 / 甘
帰経: 腎、脾
働き: 益気補虚、温中暖下

~胡桃~ 「補陽類」
性味: 温 / 甘
帰経: 腎、肺、大腸
働き: 補腎強腰、固精止瀉、温肺定喘、潤腸通便

~韮~ 「温裏類」
性味: 温 /辛
帰経: 肝、腎、胃
働き: 温陽解毒、下気散血

冷え性の方には
「温裏類」「補陽類」の食材を
うまく活用してほしいです。

 

 

そしてー!4日経った、

 

ラムボール!

(ダジャレでは無いです)

 

 

薬膳パウンドケーキの切れ端で作った自家製ラムボールが

賞味期限がどのくらいなものか、

自らの身体で検証中!

 

そもそも、薬膳パウンドケーキ自体はラムボールを作る

1週間前に作られたものだから

10日は過ぎてます。

が、

超熟成された感じで

作りたてより格段に美味い!

 

 

またヤバいものを作ってしまいました。。。

 

 

~ イベントのご案内 ~ 

*イベントご参加にはお席に限りがございますのでお申し込みをお願い致します*

*年内の一般募集講座、リクエスト講座、個人セッション、すべて満員御礼となりました。ありがとうございます。

 

~ すべてのイベント一覧を見る ~

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/16823 

 

 

~ 出張イベント ~

①いよいよ今週末!

日時:12月15日(土)

場所: 島根県・松江
テーマ: ”自分の五行から健康運を知る薬膳講座”
主催: 自然食品の店ひまわり
HP: http://himawari-foods.life/ 

山陰地方で初の講座となります。島根県の皆さまよろしくお願いいたします。

 

 

~ 今後開催予定イベント ~

*来年の健康運を知る、プチ健康運診断とお茶会

*1月29日(火)薬膳講座とレアなお皿で薬膳ランチ。神奈川県・辻堂・知永古美術館。

 

 

~お問い合せより~

*ロールケーキ教室は日程会わなくて行けなくて残念…というお声を何件か頂いておりますので年明けにでも開催を考えてます。ご希望の方は日程をリクエストしてください。開催いたします。

またこの先の時期、”ボンボンショコラ”教室も同様によろしくお願いいたします。