自然から遠ざかる生活を送ると、
氣を損ねてしまう。
 
五行
すなわち
木火土金水は、
自然にも身体にもリンクしている。
 
これを無視した生活をすれば、
氣が病む。
 
病んでしまったら
病氣です。
 
 
例えば
 
 
関わる五臓は肝
季節は春
肝の氣が旺する日は甲・乙の日
 
肝が春に邪氣を受けて病むと、
ひきつるなどの症状に苦しむ。
これには甘味を与えて緩和する。
 
 
病が肝に在ると
夏には癒える。
しかし、
夏に癒えなかった場合は
秋にひどくなる。
秋に予後不良にならなければ
冬は持ちこたえられ、
春になると再発する。
 
急性の病の場合は、
丙丁の日には癒えるが、
癒えなかった場合は
庚辛の日にひどくなる。
庚辛の日に予後不良にならなければ
壬癸の日は持ちこたえ
また甲乙の日に再発する。
 
この病は風は禁物!
風にあたってはダメ。
 
また肝の病は
夜明けに病状かハッキリ現れ、
夕方に激しくなるが、
夜中は落ち着く。
 
肝が病んで引き締まり過ぎて、
氣を発散する必要があるときは
辛味を与える。
 
素問の臓氣法時論を
ざっくり言うとこんな感じでしょうか。
 
 
まずは自然の理を知る。
 
食の五味を考える。
 
薬膳とか漢方とか
難しく考える前に
ここを忘れないこと。
 
クスリやサプリなどは
まだまだ先の話。。。
 
 
意識の目線を変えてみる。
 
目に見えてるもの。
目に見えてないもの。
 
どちらにも
正解はある。
 
片方だけだと
バランスが崩れる。
 
健康だけではないですね。
 
 
いつもありがとうございます。
今日も一所懸命!


☆イベントのお申し込みはこちらからどうぞ

11/21 神奈川県 自身の五行から命証合診を読み解く
11/27 神奈川県 はじめての薬膳講座「受験薬膳」 
12/13 東京都 自身の五行から命証合診を読み解く


「薬膳を学ぶ前に読んでおきたい15話のメール」

「食べる前に読む~松本じゅんメルマガ」

https://www.reservestock.jp/page/step_mails/16823 

 

薬膳講座イベント・教室

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/16823 

 


アプリでメルマガを読むと
文字化け無し必ず届く
プッシュでスマホに通知が行く
ほかのメールに埋もれない
アプリインストールしてメールアドレス設定するだけ、再度読者登録する必要はありません。
もちろん無料です
-----------------------------------------
アプリのインストールはこちらから
https://smart.reservestock.jp/menu/application_install_page
------------------------------------------