今週の初めに大腸内視鏡検査に行ってきました

 

 

 

 

 

 

 

内視鏡の検査はこれで4回目で慣れたものなのですが

 

 

 

 

 

 

 

やはり離脱症状が出てから初めての検査ということもあり不安要素も少しはありましたショボーン

 

 

 

 

 

 

 

でもちょっとうれしかったことは、連れ合いが一緒に着いてきてくれたというのもあるかもしれませんが、30分電車に乗れました!爆  笑

 

 

 

 

 

 

今までは3駅先の心療内科に行くのも冷や汗かきながら電車に乗っていたのでかなりの回復ぶりだと思います

 

 

 

 

 

 

とりあえずまだ受けたことない方がこれから受けることになった時のための参考に記録残しておきます

 

 

 

 

 

 

大腸の内視鏡検査は検査自体よりそれ以前にやるべきことが非常に面倒くさいです

 

 

 

 

 

 

やるべきことは大きくスリーステップに分かれます

 

 

 

 

1.食事制限

 

 

 

腸にカメラを入れるため当日は下剤を飲んで腸の中を空っぽにしないといけません。そのために前日から腸に残りにくい消化の良いものしか食べてはいけません

 

 

 

 

 

食べていいものは具なしのお粥や素うどんやらですごい制限されます

 

 

 

 

 

いつも便通に良いとされていて積極的に取っていた野菜やらキノコ類やらが全部ダメになるのがとても悲しかったです

 

 

 

 

 

 

ちなみに食事制限は前日からではなく、前々日の夜から始めておくと後々楽になるのでおススメですウインク

 

 

 

 

 

 

 

2.腸洗浄用下剤を飲む

 

 

 

 

当日は下剤を溶かした2リットルの水を2時間で飲み切らなければならない

 

 

 

 

 

 

これがすごい大変なのですうわぁ~ん

 

 

 

 

 

 

下剤の味はポカリを薄めてさらに不味くした感じなので、夏はまだいいけれど寒い時期は結構きついです。

 

 

 

 

 

しかもこれは飲んでもそのまま出てしまうので水分補給にはならず、別に水分を取らないと脱水症状になってしまるらしく、まさに水攻め状態です滝汗

 

 

 

 

 

 

これを乗り切るポイントとしては、具が入っていない飴などは舐めていいので、飴を舐めながら飲むと多少は飲みやすくなります

 

 

 

 

 

 

飲み始めて大体1時間以内には便が出始めます

 

 

 

 

 

 

この時に前々日からの食事制限が効いてきます

 

 

 

 

 

前々日から食事制限しておけば、多分2時間しないうちにほとんど固形物は出きってしまうと思いますキラキラ

 

 

 

 

 

私は最初の内視鏡検査の時はなぜか食事制限のことを教えてもらえず、前日まで普通の食事をしていったら、全然便が出きってくれず、看護師さんに何度もNGをくらい大変な思いをしましたチーン

 

 

 

 

 

 

3.内視鏡検査

 

 

 

これらを経てようやく検査へと進むことができます

 

 

 

 

 

そして内視鏡検査ですが、人によって違いますが結構痛いです。特に腸をカーブする時に痛みが強く、一番の難所はやっぱりS状結腸かな?

 

 

 

 

 

痛みを抑えるために鎮静剤を打つ病院と打たない病院があるのですが、私は一度打たないでやって地獄の苦しみを味わったので打ちました汗

 

 

 

 

 

離脱症状出てしまい、さらに減薬中ともありちょっと不安でしたが、全身麻酔も大丈夫だったしきっと大丈夫!と思ってチャレンジしました!

 

 

 

 

 

でも内視鏡検査も人によって全然痛みを感じない人もいるみたいなのでこれもやっぱり人によるとしか言えません、なので私の記事を見てあまり不安にならないでくださいね

 

 

 

 

 

んで結果の方は、

 

 

 

 

やっぱり、というか

 

 

 

 

 

ちくしょー!というか

 

 

 

 

 

ポリープが見つかってしまいましたがーん

 

 

 

 

 

3mmほどの小さいもので先生は目視ではこれは良性なので大丈夫だと思いますよ、と言ってましたが。

 

 

 

 

見つけにくい場所だったので前回見落としたかもしれませんね、っ言われましたがこれ絶対離脱症状のストレスのせいとしか考えられん、まったくもって腹立つわー!ムキー

 

 

 

 

 

ということで内視鏡検査からポリープ切除手術に変わり、その場で切除してもらい検査は無事終了でしたが、

 

 

 

 

 

手術と同じということで検査後1週間は

 

 

 

食事制限(検査前と同じ消化のいいもの)

運動制限(散歩もダメ)

入浴も長湯禁止

 

 

 

 

と私が毎日健康のためにしていることを軒並み禁止されてしまいましたえーん

 

 

 

 

 

今回これが一番辛かったわトホホ...

 

 

 

 

 

とは言え早めに見つかって良かったと思ってます照れ

 

 

 

 

 

大腸のポリープは最初良性でもほっておくと悪性に変わります

 

 

 

 

 

大腸ガンは今男性女性ともに死亡率第1位のガンです

 

 

 

 

 

でも早期で発見できればポリープを取るのと同じで簡単に切除し完治します

 

 

 

 

 

なのでみなさんも一年に一度は大腸がん検査をすることをお勧めします(大腸がん検査はまずは検便です、簡単ですウインク

 

 

 

 

 

そして私が内視鏡検査とポリープ切除で使用された薬は

 

 

 

 

ブスコパン(胃腸の働きを抑える薬)

ポタコールR輸液

ペチジン塩酸塩注射液(内視鏡検査に当たっての鎮静剤)

アネトカインゼリー(ポリープ切除に当たっての局所麻酔)

 

 

 

 

 

鎮静剤は点滴で投与、投与された瞬間ちょっと鼓動が早くなりましたが後はボーっとするだけでした。

 

 

 

 

 

アネトンカインゼリーは太ももにシップみたいに貼られましたが、こちらは鎮静剤よりも何も感じず。

 

 

 

 

 

という感じで使われた麻酔で離脱症状が出たりひどくなったりすることはありませんでしたウインク

 

 

 

 

 

ただ前回の入院の時に麻酔医の方からは、ベンゾを使用してる人は麻酔が普通の人より効きやすいと聞きました

 

 

 

 

 

そのせいか検査した後は一日中だるかったですぐぅぐぅ

 

 

 

 

 

これはあくまでも私の経験談なので、必ずしも全ての減薬中の方が大丈夫というものではありませんが、麻酔することになっても無駄に不安になることもないのかなーとは思いますウインク

 

 

 

 

 

 

 

翌日からはガスが腸内異常発酵してるのかすごいお腹が張って痛かったです(>_<)前回はこんなんなかったんだけどな~あせる

 

 

 

 

 

 

以上、大腸内視鏡検査についてでした!

 

 

 

 

 

 

 

取ったポリープの病理結果は2週間後、問題なく終わるといいな~(;´・ω・)