いのちは感じるもの | 長野ベビーマッサージ千曲教室 『ここあ』

長野ベビーマッサージ千曲教室 『ここあ』

手から伝わる温かいぬくもり。
赤ちゃんもママも優しさに包まれて、笑顔が溢れる。
そんな時間を一緒に過ごせたら・・・


テーマ:

『脳みそは考えて、いのちは感じるんだよ。』

1年生の長女が言った言葉です。

実は今日、いのちのつながり、いのち誕生の奇跡について考える絵本を読んだんです。

読んでいる最中も、
「いのちってどうやってできるんだろ?」
「卵と出会えないこともあるの?卵がないこともあるの?」
「えーそんなに小さいの?!」
「お腹の中で遊んでいるの?!」

ひとつひとつが大きな発見であり、疑問であり、目をキラキラさせていた長女。

そして読み終えて言った言葉が
『脳みそは考えて、いのちは感じるんだよ』
だったんです。

私、一瞬言葉を失ってしまいました。

いのちは感じる、、、

本当にそうかもしれませんね。

長女はその後一生懸命、いのちの形を私に説明してくれました。長女のいのちは『虹色』なんですって。



また、こんな疑問も投げかけてくれました。

『いのちって傷つくことあるの?』

と。

そして、こんな会話をしました。

「どんな時に傷つくんだと思う?」
「意地悪したり、、、」
「そうかぁ。」
「きっとね、いのちってピンク色してて、傷つくと透明になるんだよ。乾電池みたいなもんだ!乾電池もなくなったら捨てるでしょ?」
「えっ!?いのちも捨てちゃうの?!」
「あ、捨てないか。」
「捨てるってことは、大事にしていないってことだよね?大事にしないってことは、いのちが傷つくってことなんじゃない?自分のいのちを自分で捨てちゃ絶対にいけないね。お友だちのいのちも捨てちゃいけない。自分のいのちも、お友だちのいのちも、みんな大事にしなきゃいけないね。だって、みんなのいのちがつながっていて、いのちは奇跡のかたまりだもんね。」


実は、私も半信半疑で読み聞かせました。ちょっと難しいんじゃないかなと思って。

長女は入院していた経験もありますから、もしかすると、一般的な1年生より、いのちを身近に感じて生活してきたかもしれません。もともと感受性の豊かな子でもありましたから。


それでも、子どもなりに絵本の内容をしっかりと受け止め、感じ、考えてくれたことに驚き、母としてとても嬉しく思いました。


きっとどんな子でも、目をキラキラさせて聞いてくれるんじゃないかと思います。

だって、自分が今ここにどうしているのか?どんな旅をしてきたのか?いのちのファンタジーに触れることができるんですもの。


私も一緒に読みながら「そうなんだ!」と発見があったり、娘たちと、出産エピソードや、胎内記憶の話をしたりしながら、何とも言えないほんわかした温かい気持ちになりました。


他にも色々いのちのことを書いた本はありますが、今回私が読んだ本、なかなかオススメです。


幼年版 赤ちゃんが生まれる/ブロンズ新社
¥1,365
Amazon.co.jp
子どもにもわかりやすく、いのちの誕生から、ママのお腹の中での様子、出産までを描いています。

いのちのまつり―「ヌチヌグスージ」/サンマーク出版
¥1,575
Amazon.co.jp
ご先祖様は一体何人いるの?いのちのつながりについて考える本です。絵も面白くて読みやすいです。





Android携帯からの投稿

chieさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス