チープ・コケティッシュ☆

ガラスの仮面 出演情報 スポットライト

チプコ劇場の詳細はチプコ劇場WEB まで☆彡


チプコ劇場 #003

「チプコ・ショートショート劇場★」

作演出 別所美和

2016年9月16日(金)~18日(日) 全6公演@西荻窪 遊空間がざびぃ   


過去に外部のオムニバス舞台で上演し、好評だった「青春きっぷ18」と「おにのパンツ~泣いた赤おに狂想曲~」を加筆修正し再演!新作2本もいれて、計4本のドタバタベタベタライトコメディ集!

◆タイムテーブル


9月16日(金)19:30
9月17日(土)12:00/16:00/19:30
9月18日(日)12:00/16:00


(開場は開演の30分前)

前売・当日共に 3000円(日時指定・自由席)

◆ご予約(8/1より発売) こりっちチケット https://ticket.corich.jp/apply/74800/

◆出演

足達美咲、渥美千春(ネコ脱出)、市森正洋、今泉マサタカ(ネコ脱出)、加藤智彩(流星揚羽・CCC)、鎌田義之(株式会社シーグリーン)、川瀬誠(東京ドラマハウス)、佐藤こてつ(CCC)、杉田麻由香(ネコ脱出)、森谷あずさ、別所美和(チプコ劇場)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019-01-21 00:20:03

お腹空くまで待って

テーマ:日々の徒然
離乳食、進めております。
ベビーフードも気兼ねなく使っているので、それ程ストレスなくやってます。

でも…いいのかな…こんなに楽に進めてて…
他のお家は、きちんとやってるんじゃないかな…
無農薬野菜とか、昆布からお出汁とか…
冷凍保存はしないでその都度作るとか…
なんなら野菜は自分で作るとか、
魚釣ってくるとか、
鶏シメるとか、
火起こしするとか、


無理無理無理無理!
やってらんないよ!!笑


何でも「手作り=愛情」だと思うのは私は違うと思ってるんで、早々に「楽」に切り替えました。



この「手作り信仰」を考えた時に必ず思い出すのが、昔お付き合いしたい人にデートで作ったお弁当。

いろいろおかずを詰めた中に冷凍食品の肉巻きポテト(多分)も入れてるのを彼が見て、「冷凍食品の入ったお弁当はいらない(的な事)」を言われたなぁ…


今思い出してもガチでムカつく!!
何様だアイツ!!

その彼が今どうなってるのか知りもしませんが、

何の文句も言わず、毎度毎度「何か言うことないのかい?」「美味しいです」を繰り返してくれる人と結婚してよかったとこのエピソードを思い出すたびに思うのです…




さて、離乳食の話に戻りますが 笑

娘は最初は食べてはくれるもののほんのちょっとだけで、「ゔーゔーー!(いらない!)」と文句を言ったり、泣いたりと半分以上残していました。

無理強いして食べさせない方がいいって言ってたし、最初はこんなものなんだろうか…
泣いて泣いて全然食べないって苦労している人もいたなぁ…
せっかく作ったのに(楽してるけど)勿体無いなぁ…

って母に言ったら、
「食べる時間変えてみたら?朝にあげるんじゃなくて、お昼とか…朝方母乳飲んでたらお腹空いてないんじゃない?」
と、言われました。

時間変えただけで、量増えるもの?
とうもろこしは好きみたいだけど、それだって全部食べられないんだよ?
にんじんはベーって口から出すし…
そんなんで解決したら、みんな苦労してないよ!

と、思いつつ、いつもより遅く11時頃…
おかゆと、とうもろこしと、にんじん。
でも娘は何だかご機嫌ナナメで、「ああ、こんな機嫌じゃより食べないよ…」と諦めモードで食べさせました。


「はい、どうぞー」
「ゔーー!!(ぱく!)」
「はい」
「ゔーー!!ゔーー!!(ぱく!)」
「おおお…はい」
「ゔーー!!ゔーー!!ゔーー!!(ぱく!)」

何コレ…めっちゃ食べる…


今までにない食いつきぶり。
って言うか、
がっつき過ぎ…

苦手な様に見えたにんじんも「いいから早くよこせ!!」と言わんばかりに食べきり、用意していた離乳食をきれいに平らげ、それでも「もっとよこせ!!」とギラギラしていたので

ひいいいぃぃ!!もうご飯は無いのよ!!
とおっぱいを差し出しました。

娘は「ならそれでいい!!」とにんじんまみれの口で乳首に吸い付きひとしきり飲んだらやっと落ち着ついたようで、やっともとの可愛い顔に戻りました…


ふぅ〜お腹いっぱいおねがい




空腹は最高のスパイス本当だったんだ…


出来ればにこやかに食べて欲しいけど、食べてくれるなら、ま、いいか…。


今回の事もそうだけど、毎日毎日いろいろ手探りで、簡単にいくだろうと思ってた事が難しかったり、こんなの無理だよって事があっさり進んだり、でも昨日出来た事が今日は出来なかったり…
人と比べて不安になる事はあるし、無い物ねだりもしちゃうけど、

ま、そんなもんかなーっと、

これからもミッションを進めていこうと思います。

2019-01-18 09:11:13

理屈じゃないのよネンネは

テーマ:日々の徒然
今日、夫が休みで新宿にコンタクトを買いに行きたいと言うので「じゃあ珈琲西武のパフェ食べたい!」と一緒に行く事にしました。

妊娠中から食べたかったけど、切迫早産やなんやかんやあり食べに行けず、産後も新宿に出向く用事がなく、娘を連れて初めての新宿です。

とは言え、巷じゃインフルや胃腸炎が流行っているようで(うちは年末にインフルやったけどね)、ラッシュを避けて行動する様にし、お店にも早めに向かいました。

打ち合わせとかで使う人が多く、今まで子連れを見た事がなかったので、何となく歓迎されないのかな…とドキドキ。
娘が愚図るんじゃないかとドキドキ。
他にも席があるのに隣に座ってきたおじさんが、嫌な顔してくるんじゃないかとドキドキ。

念願のパフェは

とっても美味しかったし、娘も愚図らずにいたし、隣のおじさんも別に嫌な顔してなかったけど、

なんとなくあずましくない気持ちで、急いで食べてお店を後にしました。
(あずましくない=北海道弁の落ち着かない、物足りない、心地よくない…的な意味)

気にしすぎかな?

外食は結構気を張ります。
子連ればかりだと安心するのだけどね。

さて、タイトルのネンネのこと…

今まで添い乳か抱っこで寝かせてて、夜に泣いても添い乳して寝かせて…

そしたら愚図ってもすぐ寝るからそれでもいいかと思ってたんだけど…

6ヶ月になって今まで起きても1回、2回だったのが3回、4回になり、しかも寒いからおっぱいを出すのが辛い…

私の布団の中でやると、娘の顔に布団がかかり凄く心配。体温高い娘は私の布団は暑いようで汗をかき

蒸しあがったホクホク子じゃがいも

みたいになり、↑こう言ったらなんだか可愛く聞こえるんですかど、前に乳幼児突然死症候群は寝る時の着せすぎ、布団で熱くし過ぎの要因もあると読んだ事があるのでこれはダメだと思いました。
添い乳だとそこまで泣かないけれど、私は心配で結局何度も何度も起きて娘の息を確認するのです。

楽なようで楽じゃない…

疲れが取れない…
添い乳して変なふうに体そらすから体が痛い…
いつのまにかおっぱい出したまま寝てて風邪ひきそう…

ヴヴヴ…疲れるよ〜…




そんな時に撮られた写真










え?






やばくない?私!


どこ見てんだよ!!笑


なんとかしたい…
ネンネトレーニング…大変そう…
児童館でお話したお母さん達も失敗したって言ってた…でも成功した人もいて楽そうだった…
でも4月から預ける事になるし、トントンで寝かせられたら先生たちにもお手間をとらせないし、
そもそも寝られなかったら仕事に支障をきたすし、やるなら閑散期の今だ!!

と、ネントレに挑戦する事にしました。

お風呂入れて、テレビはつけないで、おっぱい飲ませて、絵本読んで、トントンして…

そうしたら、あっさり寝る


わけない


今まで聞いたことない断末魔のような叫び声を出し、でもひたすらお腹をトントントントントン

ギャーーーーーー!

トントントントントントン…

ギャーーーーーーーーーー!!!

トントントントントントントントン…

ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!


(›´ω`‹ ) ゲッソリ…


ネントレ1日目は地獄のような夜になるとどなたもおっしゃっていたけど、

マジだな。


そうして朝をむかえたワタクシ…
今日の離乳食をあげる姿は


×100


くらいの顔してたに違いない。


いいやり方ってのはあるんだろうけど、

この子にはそのやり方がよくて、
その子にはあのやり方がよくて、
この子はそれじゃあダメだけど、
その子はそれじゃないとダメで…

我が子のいいやり方を模索してかないとダメなのよね。


アドバイスも参考にしながらも、鵜呑みにし過ぎて絶望しないようにしてこうと思いますよ。


ああ、

夜が怖いぜ…


2019-01-13 21:50:33

離乳食始めました。

テーマ:日々の徒然
娘が6ヶ月になり、母がお正月で上京したタイミングで離乳食始めてみました。

母はベビーフードを買い込んで、これは5ヶ月からでも食べれるよ、このお菓子もう食べても大丈夫なんだよ〜とあれこれ食べさせてみたい様でしたが、


何言ってんの!?
まず10倍粥1週間食べさせてから徐々に他の食品を増やすんだよ!!
アレルギーとかでるかもしれないでしょ!!そう育児書に書いてあるんだって!!

別に全て手作りじゃないとダメなんて思ってもいないんですけど、娘が初めて食べるものが市販のお菓子ってのは、なんか、こう…私が10倍粥を作る能力を全く持ち合わせていなく、それしか食べさせるものがなく、切羽詰まってるなら致し方ないケド、そうじゃないんで、そこは私の手作りのお粥からだろ!?って、イラっとしました。

うちの母は自分のルールで色々進める人で、きっちりやりたがるかと思いきや、一方で「何でもいいじゃん」とざっくり雑な所があって、勝手にやられる事があるんです。

お母さん(元保育士)は沢山子どもを見てきて離乳食は特別な事じゃないんだろうけど、この子は私の一人きりの子なの!「私」にやらせてよ!!!
 
と、鼻息荒く、ルールに則ってお粥から始めました。

お米に水を足して、レンジでチンして、しばらく蒸らして、茶こしで擦って、すり鉢でも擦って、ドロドロにして、白湯足して…
 


ナニコレ、
面倒くさ!!

これ毎日やるの!?
仕事抱えてたら無理!!
こりゃベビーフード使うよね!!


と、早くも手作り信仰はペラッペラの薄さ。笑
いいじゃん。文明の利器は使うもんですよ。


まあ、とりあえず手作りのお粥を娘にあげてみると…



食べた♡

ひな鳥の様になんの疑問もなく口を開き食べました。
不満はなさそう…口周りが赤くなったりしてないから、とりあえず異常はなさそうだな…

作ったものを食べてくれるのは嬉しいね。



その後、お粥以外の食べ物に挑戦する日に、
にんじんを蒸して、細かく切って、つぶして、裏ごしして、トロトロにして…



とか、せずに、


早速人参のドライフード(白湯で溶かすだけ)をあげました。


便利って素晴らしい!!!



さて、初めての人参は…



食べたけど、一口目で変な顔になりました…あまりお気に召さなかったようです…


また後日、私たちが食後にりんごを食べていたら、娘が食べたそうにしていたので、少ししゃぶらせてみたら



何これ美味しい!!


って顔をしました。
ちゅうちゅうして、食いつきがお粥と全然違う!
でも、まだ食べられないので回収すると、
返せ!
食わせろ!!
と、文句を言っていました。

ご、ごめん。
そんなに気にいるとは思わなかった。
食べられるようになったら、まずはすりおろしであげるからね!


毎日お粥を作るのも手間がかかるので、製氷ケースを使って冷凍してみましたが、解凍お粥は味が落ちるようで、普通のお粥よりは食いつきが良くありません…
すぐ飽きてキョロキョロしだすので、私が娘のお粥を食べるマネをして

「あむあむ、あーおいし、あーおいし!お母さん全部食べちゃおうかなー。あーおいし!ん?食べる?」

と、スプーンを口元に運ぶと


おいしいの?私も食べるーー!!


と、口を開いて食べます。

ケケケ
まだまだちょろいのぉ〜

そのうち、この手は通じなくなるんだろうけど、騙されている娘が可愛いです。



おまけ

インスタで、赤ちゃんにネットを着せて、桃と並んでいる写真をみて超可愛かったので、うちの子でもやってみようとしました

なんか、思ってたのと違う…
2018-12-27 23:35:04

ボーと生きてんじゃねーよ!

テーマ:日々の徒然
今年は(から)NHKをよく見た年でした。
毎朝「おかあさんといっしょ」から「オトッペ」の一連を見て、出ている赤ちゃんが可愛いから朝ドラの「まんぷく」を見て…ああ、話題のチコちゃん〜も見ましたね。

今後も特にEテレには特にお世話になって行くのでしょう…

それはいいとして、

出産後からゆっくり寝る事も出来ず、ギリギリ体調で何とか乗り切っていたのですが、土曜日に仕事納めしてから熱を出してしまいました。

日曜日は義実家でクリスマスパーティをする予定でしたが、私は38度ほど熱が出てしまったので夫と娘だけで行ってもらいました。(出かけてもらった方が気にせずに休めるから)

料理を作る気にもならなかったので、ずっと寝ていて、夜に夫達が帰ってきました。

義実家から沢山の食料をもらってきて、パーティで食べきれなかったチキンや、貰い物の海産物(冷凍)とか…

食べ物はたくさんあるけど…病人の食事向きじゃないな…と思っていたところ、夫が「これ食べる?」と用意しようとしたものが



イカの刺身🦑


は?
よりによって
ソレ?

病人に、ソレ!?

彼は私をラッコかアシカとかとでも思っているのだろうか。
私の通常食は生のイカだっただろうか。




なあ?




彼は悪気は全くなく、そこにイカの刺身があるから言ったまでで、

私だったら「免疫力が落ちている病人には刺身は控えよう」とか、「何か消化にいい温かいものにしよう」とか、「ビタミンC取らせなきゃ」とか、「口当たりのいいゼリーなら熱でも食べやすいかな」とか、

私は、あれこれあれこれ考えるのだけど、


私は!考えるのだけど!!!


嗚呼!!
チコちゃんの名台詞言ってやりてぇぇぇーー!!!

って、思いました。
結局、イカの刺身は遠慮して余ったチキン食べました。(チキンはいいんかいw)←だってすぐ食べられるのコレしかないんだもん。

あ、でも翌日、彼は早く起きておじやを作ってくれましたよ!

24日も祝日だったためにかかりつけの病院に行けず、かと言って休日診療の病院じゃ超混み合っているだろうから、夫は仕事だし、そこに娘を抱っこして行くのも、これまた感染しそうで怖くて行けず、そうこうしている間に熱が下がったので、1日で下がったってことはインフルエンザではないよね…でも一応寝室を分けて(私、夫と娘)自宅療養にしました。

授乳中でも大丈夫な薬を薬局できいて飲んで、この間も普通におっぱいをあげていました。
夜間授乳は夫に任せてミルクにしたくはあったのだけど、あげないと胸がガチガチに張って痛くてしょうがないので、娘が泣いたら隣の部屋に行き授乳…

結局、病気の間もじっくり寝られないものなのか…。
夫の仕事中は、病気だろうが何だろうが娘を見なくちゃいけないんです。

風邪やインフルエンザでも母乳はあげていい(むしろ免疫力がつくからいい)との事だったので、感染るのが心配だったけど気をつけてあげました。

娘が元気なのが幸いでした。
6ヶ月までは免疫力がついているらしいので、それもあったのかもしれません。



で、その後、

夫、インフルエンザ発症…


もしや、私、インフルエンザだったのでは…。
予防接種していたから、だいぶん軽く済んだのかな…。
ごめん…
治りかけでもう病院行っても遅いです…。

でもね、でもね、

私がインフルエンザの予防接種をする時、娘もいるから夫にも勧めましたが、「今までなった事ないから大丈夫」と自信を見せてたの。


嗚呼!!
チコちゃんの名台詞言ってやりてぇぇぇーー!!!




と、こんな風に書くと「俺だって色々やってるのに、何もやってないみたいじゃん」としょんぼりするのですが、

確かに本当に色々やってくれていて、世の中にいる嘘みたいなクソ夫とは全然違います。


こういう私だって、かなりのおっちょこちょいです。

そして、

ただ彼は、すっとこどっこいなだけです。

母おっちょこちょい+父すっとこどっこい=娘…

どんなケミストリーがあるんだろうね!!笑




今回の事で、彼は病気の時には相手にどうすべきか学んだと思います。(多分)

私に対しては、まあ、最悪いいんですけど、

娘にだけは、きちんとした看病をして欲しいとおもいます。


じゃないとチコちゃんじゃ済まないよ…(微笑)





2018-12-12 23:18:54

娘、お前もか…!

テーマ:日々の徒然
いつの間にか娘5ヶ月になってます。

産んでから今日まで、怒涛といえば怒涛だし、ぼんやり過ぎたといえばぼんやり過ぎだし、ただ、まとまって「思考をする」事が出来なかったのでブログも書けずにいました。

今もなんだか文章がまとまらないので、徐々にリハビリしていきたい…

さてさて、5ヶ月になり、児童館とかで同じ月齢くらいの子たちも見たりする中で、少し娘の性格が出てきたように思います。

父と母が踊ったり動いたりするのを見るのは好きな様で、彼女の前でスリラーとか、反復横跳びとかしたら


ってなります。

親バカではありますが、可愛い顔をしてくれるので

うちの子世界一ィィイ!!


って思うのですが、外に出たり、家族以外の人には


めっちゃしょぼくれた顔で対応するので…彼女の魅力が伝わらない…ほとんど笑顔を見せません…

それに、
児童館では他の子が近寄ってきたら泣き、おもちゃ争奪戦には負け、食べられそうになってたり、踏み台にされそうになってたり、

押されっぱなし…

とりあえず笑顔見せて愛想振りまいときゃ可愛いー!!って言われるのに

媚びを売れず、慣れた人にしか本当の自分を見せれない…


娘、お前もか…


押されっぱなしガールなので、世渡り上手になって欲しいなぁ…と思いつつ、だったらまずは私がそうならないとなぁ…

難しいねw


どちらかと言うとおっとりのんびり寄りな感じはするので、それはそれとして、彼女の魅力を見つけてあげたいなあと思う今日この頃です。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス