ドイツ人のポールは
大好きな日本を学ぶために
ハーバード大を休学し来日して、
京都で日本文化を学んでいます。

まだ茶道の経験が浅いのに、
今回は茶道研修会館にて
「茶事」に招いてくれました。


左から千葉くん植彌加藤造園 、
席主 ポール ハーバード大学生、
右端 馬俊國さん 台湾・古琴奏者


道具は全て亭主のお気に入りや
見立の物でした。

箱書きや在判のある由緒や、
次第の整った道具、
会記に書ける道具か否かを気にしている方を
よく見かけますが、自分はこだわりません。

すでに市場でいくら¥という
価値の決まっていて
金をだしたら買えるものに、
自分はあまり興味が無いからです。

席主と縁もゆかりもない道具で
お茶をされるより
自分が気に入っている物を
使って頂いた方がよっぽど嬉しいです。

誰の目が気になるとか、
見栄でしたお茶が

果たして自分の求めた
お茶の姿なのでしょうか?


最初から道具は誰も持っていませんし、
代々お茶の家柄でも、それが
良い道具とは限りません。

ちょうど子供の頃、
友達の家に遊びに行って、
お気に入りのガラクタを
入れていた引き出しの中。

あるいは高校生になり
友達の本棚を見る楽しさ。

そんなプライベートな非日常の中を
一緒に覗かせてもらえるのがお茶でしょう。

会記に書ける名前は
聞いたことがある作家でも、

今現在、

生きているのかどうかも分からない。

男か女かも知らない。

どのように作っているのかも知らない。

そんな程度でも、
有名だから使えるんだなんていう
考え方や価値観が
無くなったらいいと思います。

作は?  

⚫⚫です。

???ママごとです。


業者に一流の道具のレンタルを
頼らなくても、

自分一人の審美眼と美意識だけで

「自給の茶」はできるはずです。

それを今回の茶事で、
外国から来た方がちゃんと証明して
くれました。