愛知県大府市にある早川クリニックのブログ

愛知県大府市にある早川クリニックのブログ

愛知県大府市にあります、内科・小児科・糖尿病科のクリニックです。
クリニックの紹介などをお知らせしていこうと思って始めましたが、同居しているネコや日常の出来事などを思ったままに書いております。

ここでいう運動療法は、高齢の方の話ではなくて、働きざかりのダンディなおじさま方または、私と同年代と思われる、妙齢なお姉さま方を対象としております。


↑に書いた、


2021年の米国糖尿病学会による「身体活動におけるRecommendations 」では、成人糖尿病患者は

①少なくとも150分/週で中等度から高強度の有酸素運動を週3日以上行い(心肺機能高い若年者は、高強度またはインターバルトレーニングにより75分/週程度でも可)、2日以上の連続した身体活動がない日をつくらないこと。

②週2〜3日はレジスタンス運動を行うこと。


について考えてみたいと思います。

①中等度から高強度の有酸素運動ってなんでしょう?

大筋群を用いた継続したリズミカルな運動(ウォーキング、サイクリング、水泳など)とあります。

それを150分/週行うということ2は、1回30分〜50分、週に3〜5日行う、2日以上間を開けないということは、結構ハードですよね。1回30分のウォーキングでしたら、週に5日やらないといけない。2,30分程度のウォーキングならば毎日やらなければいけなかったですね。週に2,3回ではダメでした。

そして②週2〜3日はレジスタンス運動をする。

レジスタンス運動、つまり筋トレですね。

筋トレすることで、筋肉量や筋力が増加し、インスリン感受性が改善し、血糖コントロールが改善する。

有酸素運動とレジスタンス運動の併用が血糖コントロールを改善させる

というわけです。

では、有酸素運動、何をどうすればいいの?を次回から考えてみましょう。


〜〜〜〜〜

月に一回食する、私の贅沢品を紹介します。





想いやりファームから送られてくる牛乳です。

http://omoiyari.com


市販の牛乳よりは、少々お高いです。

優しい味わいです。賞味期限は5日間くらいなので、1ヶ月に5日間の贅沢です。

運動療法についてのお話の続きです。


2021年の米国糖尿病学会による「身体活動におけるRecommendations 」では、成人糖尿病患者は

①少なくとも150分/週で中等度から高強度の有酸素運動を週3日以上行い(心肺機能高い若年者は、高強度またはインターバルトレーニングにより75分/週程度でも可)、2日以上の連続した身体活動がない日をつくらないこと。


②週2〜3日はレジスタンス運動を行うこと。


③座位時間を極力少なくし、とりわけ30分以上座り続けることをなくすこと。


④高齢糖尿病患者は、2〜3回/週の柔軟運動またはバランストレーニング(ヨガや太極拳など)が勧められること。


⑤身体活動量や座位時間を評価し、ウォーキングやヨガ、家事、庭仕事、水泳、ダンスなどにより座位以外の身体活動を現時点より増やすこと。


としております。


私は患者さんに運動を勧める時、

「1回20〜30分の運動を週に2〜3回行いましょう」

と超簡単にお話してしまってました。

これからは「まずは座っている時間が長いのであれば、座っている時間を見直しましょう」とお話しするようにします。

上記の点について明日からもう少し詳しくお話ししようと思います。


〜〜〜〜〜

在宅で仕事するという患者さんで、座ってばかりで、なかなか運動することがてわきないんです、という方がみえました。

椅子をバランスボールに変えて仕事するっていうのはどう?って勧めましたけど、なかなか実行出来ないでしょうね。



糖尿病の治療は

・食事療法

・運動療法

を行っても改善しない場合に

・薬物療法

を行います。

糖尿病の治療について、治療薬についてダラダラと書いておりました。

もしよかったら、こちらを参考にしてください。


私たち糖尿病の治療をしている専門医が集まって、勉強会のような場があったのですが、そこで専門医の多くが、運動療法の指導に苦慮してるんだと感じました。


お薬を使った治療は私たちおてのものですし、栄養指導は栄養士さんにお願いしております。

運動療法は、例えば、お金のあるクリニックでしたら、専用のジムを併設してトレーナーのような人を雇い、そこで指導することも可能でしょう。

私のような、おじいさん、おばあさんからお子さんまで診ていて、訪問診療もやりますよ、でも自分は糖尿病専門医なので、糖尿病の患者さんが来てほしいわ、っていうクリニックで、運動療法を指導するには、どのようにしたらいいか、少し考えてみたいと思いました。

…続く


〜〜〜〜〜

今日は本当に暑い一日でした。

熱中症に気をつけてください。

熱中症といえばポカリスエットですが、糖尿病の方はポカリスエットの飲み過ぎは注意です。

糖分が多いですので、ポカリスエットはせめてコップ1杯にして、あとは麦茶か水がいいかと思います。