私の親戚の中には、人のフォローを必要以上にしちゃう人と、人にフォローしてもらうのが当たり前と考えている人達がいます。
 
もちろん、どちらもいいとは言えません。
ダメな人とそれを育ててしまう人です。
(年取っちゃうと治らなそうですが)
 
まず、人のフォローを必要以上にしてしまうと、された方はフォローしてもらうのが当たり前になる可能性があります。
 
↓の記事に出てくる伯母は、人の世話を焼くのが好きな人なのですが、おそらく世話を焼きすぎて、いとこのTちゃんの自立も止めています。
 
関連記事
 
伯母の旦那さんである伯父は、元々亭主関白な人ですが、伯母が居なくなったら手も足も出ないことは多いでしょう。(こちらも自立を止められちゃった?)
 
うちの毒兄は元々甘ったれで、人にフォローしてもらうのが当たり前な気がありましたが、両親がフォローしちゃう部分もあった様に感じます。
 
知ってるエピソードとしては、
 
夏休みの宿題が終わらない毒兄に、これをしなさい、あれをしなさいとフォロー
 
私の図書カードを借りて本を借りていた兄がいつまで経っても自分の図書カードを作りに行かないので、母が兄の図書カードを作りに行った
 
兄が小学校の図書室で借りて返さなかった本を私に返却させた
 
だらしない兄に合いそうな大学が付属で付いてる高校を母が見つけてきた。
 
家族で使っていたパソコンを兄がセクシーサイトを見てウイルスか何かがくっついて使えなくなり、父が叔母の友達(パソコンに詳しくて、明るくて優しい方でした)を紹介してもらって修理してもらった(毒兄は謝りもしなければ修理代も払わないし、1度でなく2度やらかした)
 
家族で出かける時も、いつまでもモタモタしてる兄を待ってあげちゃう(これは継続中)
 
昔兄が付き合ってたタイ人の彼女とその友達が来た時に、兄が私たち家族を彼女に紹介するのに、兄は紹介する場所の確保ができてなくて、両親が行きつけのレストランを予約して、食事代も出してあげちゃった(兄は当時28歳くらい)チーン
 
私が知らないだけで、もっとあるかもしれません。
 
 
フォロー待ちの人はかなり運が強く、叔母(父の妹)の家の話になりますが、叔母の旦那さん(叔父)も、叔父のお姉さんも、叔母のお姑さんも、叔母と言う救世主が嫁いでくれたので、元々フォロー待ちの人ではありましたが、フォロー待ちを継続して早40年です。
(フォロー待ちのプロ?全く自慢にならないけど)
 
叔父に関しては、↓の記事にも書きましたが、本来お父さんがすることを全部叔母にしてもらってるし(元々本人にやる気がない)、家族で経営している地域密着企業も叔母で成り立っています。
 
 
叔父のお姉さんは、日本舞踊と車の運転(自分で楽しむ程度。誰かを送り迎えするスキルも気遣いもない)はできますが、料理は作れないし(彼女の母親も料理が作れない)自分ができないことは、叔母が暇だろうと忙しかろうと叔母にぶん投げるそう。子供がいないし子供の世話なんてしたことがないのに、子供に関しても口を出してきたらしいです。
(彼女は結婚しても実家の近くに住み、子供がいなくて身軽ですが、自分の母親の世話を率先して見ずに、口だけと聞きました。)
 
叔母の家は、叔母が今倒れたりしたら、かなり大変でしょう。動ける人がほぼいないのだから。(なんせほとんどがフォロー待ちのプロ。)
 
この記事を読んでいる方々は、危険ですのでフォローしすぎる人にも、フォロー待ちの人にもならないでくださいね。
 
良ければ、ポチっとお願いします。

家族日記ランキング