2018 第21回チェイスラグビーアカデミー 茅ヶ崎クラスレポート | チェイスラグビーアカデミー

チェイスラグビーアカデミー

チェイスラグビーアカデミーの日々のトレーニングを綴っています


テーマ:

 

 

 

○1、2年生クラス(+幼稚園)

 

このクラスは基本的にはコンタクトはしません。タグやタッチですのでボールに覆いかぶさったり手が伸びてきたりというストレスはありません。ですのでそれを最大限に活かしたアタックをすることが前進する1番の方法かなと考えています。

ポイントは2つあるかと思っています。1つ目はタッチされたら素早く味方にパスすること。2つ目はボールに対して走り込んでもらうこと。

1つ目の意識はだいぶんついてきました。ですが、子供は正直で幼稚園生にパスするよりも2年生にパスする方がより前進できることを知っています。わざわざ一番遠くにそういう子がいても探して無理にパスをしようとするので、一番近くにいる人に素早くパスするようにアドバイスしています。

また、タグをつけている仲間の方が付けてない味方よりもはるかに前進できる可能性があることも最近わかってきてくれました。タグやタッチの1回攻撃できる回数を人数分に増やしたりして全員でボールを触れるようにこちらも工夫しています。

何はともあれキャッチが出来ることが大前提ですので色々なボールを使ってのキャッチングとボールは走り込んでもらうことの2点を中心にやっていこうと思います。

 

 

・オニゴッコ(かわり鬼)

・BMXマットドリル

・ラダー+バラエティボールボールキャッチ

・ゲーム

 

 

○3、4年生クラス

県大会も始まってきたので平日も少しコンタクトを取り入れたくてコンタクトダミーにキーファクターを意識しながらヒットするメニューを毎回入れていこうと思います。

どうしても楽しくなってふざけてやる子供達もいますが、1回1回が自分の成長につながっていることとゲームで今のプレイをしていいディフェンスが出来るのかを考えて欲しいことを伝えました。

アタックスキルは3対2をやりました。この年代のゲームを見ているとセットプレイのように並んでパスを繋ぐケースは少ないと感じます。ボールキャリアに対して周りのプレイヤーが動き出してスペースをどう使っていくか、どこにサポートすればボールをもらえるのか、声を出しながらサポートすることがダミーになることなど同じポジションに立っててもボールは回ってこないしディフェンスに対して脅威ではないです。そういうことを意識したドリルをやっていこうと思います。

 

 

・オニゴッコ

・BMXマットドリル

・タックル(フロント、サイド)

https://youtu.be/kZj4e0OKAfA

・サポート3vs2

https://youtu.be/DoW-bq6uyzg

・ゲーム

https://youtu.be/VoHxjh9w4PQ

 

 

○5、6年生クラス

このクラスはコンタクトを来週から取り入れていこうと思います。

今回は前からの課題であるメイクライン を意識してやってもらいました。先週はポジショニングしてある状態からの接点でのパスを中心にやったので、今回はポジショニングするところから自分で間合いを考えてスタート切ったりダミーで行くのかパスを繋ぐのかを考えながらプレイすることにチャレンジしてもらいました。

考えていない子供は自分より内側のプレイヤーがスタートをしたら一緒にスタートしてしまいボールをもらう間合いがなくてちょうどいいタイミングでディフェンスにタッチされてしまっています。

スクールの練習でも間々みられる光景です。なるべくドリルを形式化しないで、考えないと上手く前進できないような工夫をこちらもやっていこうと思います。

 

 

・AMPアジリティ

https://youtu.be/Eo9q0HjE_TI

・ナンバー3vs2

https://youtu.be/5dP06AW1NzY

・ゲーム

https://youtu.be/5dP06AW1NzY

 

 

 

○中学生クラス

中学3年生は県大会も大詰めですね。これが終わると受験に向けてラグビーと同じように勉強も頑張ってください。

高校でラグビーを続けようと思っている人もしない人も勉強の合間の息抜きであったり体力作りに週1回顔を出すのも良いです。チームとして勝つことからもう一回楽しくラグビーをすることに戻れる時間だと思います。

1、2年生はもう一度基本的なことに戻って全てのスキルを見直しましょう。何ができて何ができないのか。何をできるようになりたいのか、そのための体力、筋力はあるのか、いつまでにありたい姿になりたいなど目標があるとより具体的にやることが決まってくると思います。

このクラスはタックルスキルを個人と3人ユニットでやりました。ユニットを意識して欲しかったのですが個でやっていたのでその点を次回はレベルを上げてやっていきましょう。

アタックでは、ポジショニングの深さとパスしたらサポートにいくことをキーファクターとして伝えて取り組んでもらいました。

 

 

・10パスゲーム

https://youtu.be/WJsmopc4W1c

・コンタクトダミーヒット(1人)

・コンタクトダミーヒット(3人)

https://youtu.be/CdT0WZ_vdxQ

・ナンバー3vs2

https://youtu.be/60Vo_keFVNk

・ゲーム

https://youtu.be/4-0sRNJYZXA

 

 

メインコーチ  小森

 

 

 

チェイスラグビーアカデミーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス