神楽坂おこし&コップで中国緑茶 |    茶と猫と。

   茶と猫と。

  ・・・中国茶好きのお茶日記

コップで緑茶。

この日のお茶は、舒城小蘭花。

 

 

こうして簡単に飲めるのも中国緑茶のいいところ。

 

 

お茶うけには、神楽坂菓寮のおこし。

小さな箱に個包装のおこしが2つずつ入っています。

 

 

お茶の葉が開くのを待ちながら、どれにしようか迷います。

 

 

カレーおこし・トマトバジルおこし・野菜ミックスおこし・神楽坂黒糖おこし・神楽坂おこし。定番から個性的なものまで、いろんな味を楽しませてくれます。

 

 

ちょっとずついろんな味を食べてみると、どれもそれぞれにおいしいのだけれど、やっぱり定番の味がいちばんだね、という感想に落ち着きます。

 

 

いろんな味を楽しんでみることで、定番味のおいしさを再認識することになるのは、なんだかお茶も同じかも。

 

 

楽しいものや珍しいものも必要。いろいろ楽しんでみるからこそ、良質な原料を使い伝統的な技法を大切に作られたものの良さにハッとさせられることもあるのです。

 

 

猫さんもひんやりマットやエアコンの風よりも、やっぱり自然の風が好き。でも暑いよ…。猫さん、窓閉めていいですか?

 

 

~ご訪問ありがとうございます~
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村