豊かさを願う金柑と烏崠単叢杏仁香 |    茶と猫と。

   茶と猫と。

  ・・・中国茶好きのお茶日記


テーマ:

おせちにも使われる金柑の甘露煮。

毎年この時期のお茶うけになっています。

 

 

財宝としての「金冠」に通じることから、豊かさを願う福食とされているのだそう。生で食べるのがいちばん好きですが甘露煮もおいしい。

 

 

この日のお茶は、 烏崠単叢(うーどんたんそう) 杏仁香(あんにんこう)。

 

お茶うけが要らないくらい良い香りなのだけれど、金柑もコツコツ食べなければ、またまだいっぱいあるのです。

 

 

この杏仁香、とっても上品な甘い香り。

丁寧に作られた杏仁豆腐のような香りがほんのりします。

 

 

鳳凰単叢と烏崠単叢はこんなに違うのかとハッとさせられる透明感のある清らかな香り。

 

飲みこむのが惜しくなるほど口当たりがいいお茶です。リスみたいに頬袋があったなら、ほっぺいっぱいにお茶をいれておきたいくらい。

 

 

先日も友人と草蘭香を飲んで、その繊細な香りに感動して思わず無言になってしまったばかり。

 

蓋碗のフタは甘い香りがするのに、飲むと甘い香りはせず清らかな味で、そのギャップにもう一度、もう一度と杯を重ねて、あっという間に飲み終わりました。

 

 

風邪予防にもよさそうな金柑。

シロップもお湯で割っていただきます。

 

 

甘露煮でもやっぱり柑橘系の匂いが気になるのか、猫さんはいつのまにか姿を消しています。

 

 

~ご訪問ありがとうございます~
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

茶猫さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス