冷めてもおいしい招き猫印のお弁当を刈番茶と |    茶と猫と。

   茶と猫と。

  ・・・中国茶好きのお茶日記


テーマ:

とある日の茶猫家のごはんは、招き猫印のお弁当でした。

 

 

デパ地下で買い物中の家族からの電話。

 

コロッケ食べる?

うーん・・・

 

招き猫印のお弁当食べる?

食べる!

 

 

パッケージに招き猫のロゴがついているだけですが、いまいち食べたいものが思いつかない時の決め手には十分でした。

 

 

茶猫が好きなのは、小箱タイプのそぼろ弁当。ごはんとおかずの間が笹の葉で仕切られていて、一口サイズにして詰められたおかずはひとつひとつ丁寧に作られているのが伝わってくるおいしさ。

 

 

ごはんのお供には、揚げ物と相性のいい刈番茶。スモーキーなちょっとクセのある味は、こってりしたものと合わせたくなります。

 

 

枯葉みたいな大きな茶葉で太い茎も入っています。1リットルに10グラムほど入れて数分煮出します。

 

 

温かいままよりも、冷やして飲むのが好きです。個性的な香りも冷やすとその味にぎゅっと閉じ込められて、飲みごたえのあるすっきりした冷茶に。

 

 

お弁当は「神戸コロッケ」のもの。コロッケ屋さんの「コロッケ標本」なるものを見た家族はいろいろ食べてみたくなったようで、それからたびたび茶猫家の食卓に登場しています。

 

 

サクっとした衣の中からとろりとあふれ出るチーズ。

猫舌の茶猫にはしばらくおあずけです。

 

 

どちらかというと揚げ物が苦手な茶猫でも、刈番茶や六堡茶を合わせるとおいしく食べられます。

 

 

六堡茶は煮出さなくても簡単にたっぷり作れるので便利。ティーバッグにしておいて、冷茶ポットに熱湯を注いで粗熱がとれたら冷蔵庫へ。ごはんの時の日常茶として愛飲しています。

 

 

そぼろ弁当はもちろん、一口ひれカツとじゃがいもコロッケで覆われた小箱タイプのひれコロ重も、冷めてもお米までおいしい。

 

もちろんレンジで温めてホカホカにするのもいいけれど、冷めてもおいしく食べられるお弁当っていいな、と思います。

 

 

▼神戸コロッケ

http://www.rockfield.co.jp/brand/kc/

 

 

~ご訪問ありがとうございます~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

茶猫さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス