都内へ遠征(朝日ウッドテック&東京ガス) | アラサー県民共済住宅で家を建てる

アラサー県民共済住宅で家を建てる

アラサー夫婦が県民共済住宅で家を建てます。

皆様こんにちは。

シャルマンですニコニコ

 

 

 

 

 

 

打ち合わせがいつも1時間かからないで終わるので、打合せ後に新宿の朝日ウッドテックと旭化成ショールームに行くことにしていました。

 

ところが、こういう日に限って打ち合わせが長引き・・・

予定より大幅に超過して、打ち合わせが終了。

 

子どものお迎えの時間があるので、どちらか一方を諦めないといけない事態にゲッソリ

 

 

 

外観と床材どっちが大事?

 

 

床材でしょう!!

 

 

ということで朝日ウッドテックに行くことに決定(笑)

旭化成ショールーム・・・ドタキャンになってしまって申し訳なかったですあせる

 

ただ、フリーダイヤルに何度電話しても、全然つながらず・・・

ようやくつながったのは予約時間ギリギリでしたガーン

 

 

 

 

新宿の朝日ウッドテックは駅から10分ちょっと。

 

シャトルバスも出ているそうですが、子供のお迎えもあり時間が無いので徒歩で向かいました。

 

 

大きなビルの6階へ。

 

 

そこのフロアには他にも色々オシャレなお店がありました。

ほとんど木材のお店のようで、いたるところに木材がありますキラキラ

 

 

朝日ウッドテックはフロアの端にありました。

ライブナチュラルの各種があり、裸足で体感できますニコニコ

 

 

お店の方に『プレミアムとそうでないのを踏み比べてもらうとわかります!』

 

と言われ踏み比べましたが、わたしは良く分かりませんでした(笑)

奥さんはちゃんと分かったそう真顔

 

 

店員さんに県民共済住宅のことを伝えるとブラックウォルナット、オーク、ハードメイプルの説明をしてくれました。

県民は幅広の床だそうです。

 

 

ブラックウォルナットは思った以上に明るい色。

 

 

 

最初は濃い色だが、次第に明るくなっていくそう。

 

 

上に乗っている濃い色が元々の色で、下の色のようになっていくんですね。

肌触りは滑らかで、思ったよりヒヤッとした感触。

夏は気持ちよさそうですデレデレ

 

 

 

 

オークはナチュラルな色。

 

 

こちらは次第に濃くなるそうですがあまり変化はなさそう。

肌触りは少しだけザラツキがあり、とても心地よい。

 

自分も奥さんも肌触りはオークが一番良かったですニヒヒ

 

 

 

ハードメイプルはオークよりさらに白っぽい色。

 

こちらもオークのようにあまり変化無さそうですが、黄色みが強いかな?

ハードメイプルのところになぜか床暖があり、床暖が気持ちよかったという記憶が鮮明です(笑)

 

 

 

ブラックウォルナットが明るくなった色も、飴色?赤色?が強くなりとても綺麗でした。

奥さんはオークが特にお気に入りのようでした。

 

 

ココにきて奥さんとの好みに違いが・・・

より床材を選ぶのが難しくなってしまいました(笑)

 

 

最後にサンプルをいただいたので、家で踏み比べをやってみたいと思います。

 

 

朝日ウッドテック終了後、同じフロアにウッドワンがあったのでサンプルの床材がもらえるか聞きに行くと、サンプルをちゃんと貰えました!

 

 

なぜ東浦和には無かったんだろうか・・・(笑)

 

 

 

最後に1階の東京ガスショールームに突撃。キラキラ

かんたくんの実物を見る目的でした。

 

 

 

かんたくんは2階に3.5.8キロの3台が置いてありました!キラキラ

広い空間にあったのでデカイ!とはならなかったですが、やはり台の上にあるかんたくんだと、奥さんは奥まで手が届きませんでした・・・滝汗

 

かんたくんの台の高さは検討が必要そうです。

 

 

ついでに床暖房の体験フロアにも行くことに。

 

床暖房以外の暖房を使用している部屋と、床暖房だけの部屋があり床暖房の良さを体感するもの。

床暖房以外の部屋は、不自然なくらい床が冷えていて嘘っぽい滝汗

 

他の暖房がガンガンで暑いくらいでした。

 

 

 

続いて床暖房の部屋。

先ほどの部屋が暑かったせいか、イマイチ暖かくない・・・チーン

空間が暖かくないのは分かるけど、なぜか床もそんなに暖かくなかった(笑)

 

 

感じ方の違いだとは思いますが、奥さんと、我が家は床暖房じゃなくても良いかな?という話に真顔

 

バタバタでしたが、新宿訪問はとても充実してました。

 

 

 

 

今回もお読みいただきありがとうございました。