練り切りの言えばやっぱり手毬 | 東京トールペイント&和菓子教室★お料理アンバサダー

東京トールペイント&和菓子教室★お料理アンバサダー

トールペイント教室&木の実とフラワーレッスン
練り切り・和菓子教室と料理アンバサダー活動

おはようございます。

久しぶりに和菓子練り切りを作ってきました。

 

シンプルですが可愛い

良い気分転換になりました。

 

練り切りレッスンも復活させていきます。

 

なんだか毎日が介護だと気持ちが沈みがち

料理やネイルアートの仕事の事、考えると

頭がすっきりまわりはじめます。

 

子育てと介護

似ているけれど・・世の中的には介護の方が、みんな目を向けてない気がします。

赤ちゃんのキラキラした感覚や子供たちの成長していくまぶしさはかけがえがないものです。

 

それでもいずれは訪れる時について

弱っていく肉体について多くの人は見ないようにして、生きています。

先日看取りのセミナーを受けて

どんな死に方をしたいかご家族とよく話し合うようにということが言われていました。

 

これはとても一般的なことですが

私は家族に面倒かけたくない。それでも苦しければ病院を頼るでしょう

助けてくださいと言いたくもなるでしょう。

 

救急車を呼ばない・・今回もそういうお話がありました。

身うちだけでの介護には限界があり、人数が多い我が家でさえなかなか大変です。

 

少子高齢化

父の次の病院の受け入れ先が見つからず困ってます。

 

姥捨て山のような感覚で

竜宮城のような美しい遠い病院を紹介されても

なんだか現実味がなくて

お金もすごい勢いでなくなっていきます。

 

戦争を体験して、節約して生き抜いてきた世代の両親

必死で生きてきたんだと思うと、出来るだけ穏やかな時間を過ごさせたいです。

 

病院に行ったおかげで、色々ありますが、日ごとに元気になっていく姿を見ると

病院に行って良かったと思います。