2005-12-07 14:06:13

始まりの日に伝えたいこと

テーマ:自転車乗りの心の中

 世の人は

 我を何とも

 いわば言え

 我が為す事は

 我のみぞ知る


 月並みだけど、チャリダー、ライダー、徒歩ダーを含む全ての冒険旅行を愛する人達に、この言葉を送りたい。自分の信じた道を迷う事無く進んで欲しい。




 それから、次に

 僕は

 全ての冒険旅行を愛する人

 僕を応援してくださった方々

 僕の友人と家族

 旅先で出会った旅人達

 そして、今まさにこのブログを読んでいるあなたに

 僕の全身全霊、魂を込めて一言言いたい。


「あなたの人生が

どうか

どうか

どうか

素晴らしいもので 

ありますように!!!!!」

 

 

 


 




 今日という日は

 僕の残りの人生の

 最初の一日。

 僕は新たな日常に向かって歩き始める。

 

 今日という日は

 君の残りの人生の

 最初の一日。

 僕は君に何かに向かって歩んで欲しい。

  

 

 

 

 

             は じ ま り


AD
いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)
2005-11-24 12:20:15

残っていた記事を公開しました。

テーマ:自転車乗りの心の中

 このブログはオーストラリア一周中に、ヘイチさんと出会ったのがきっかけで始まりました。それまでは、ホットメール以外にコンピューターの使用方法を知らず、デジタルカメラを触った事もない僕に、彼は一から教えて下さり、長い間管理人を引き受けて下さいました。また、ブログについて、多くのアドバイスを頂きました。

 これまでに、ブログのコメントで「旅行しながらどうやってブログを更新しているのですか?」という質問が何度もありました。実は、僕が日本語環境の良い町で書き溜めた記事を、僕の走行状況を気にしながら、ヘイチさんが少しづつ公開して下さっていました。 今回、このような形でブログを終了させる事になってしまい、特にヘイチさんには申し訳ないと思っています。


 さて、ラパスで書き溜めておいた記事が公開されずに14個ほど残っていたので、一挙に公開しておきました。「アンデス越え4」と「ブログ閉鎖のお知らせ」の間に記事を追加してあります。暇な方は是非読んでみてください。



 ヘイチさんへ

 次回の最後の記事はいつものようにヘイチさんが公開して下さい。このブログに愛着ができてしまい、僕の手で終わらせるのは忍びなくてできません。公開する日は、僕が日本行きの飛行機に搭乗する12月7日でお願いします。(厳密である必要はありません。メルボルン時間で適当に公開して下さって結構です。)

 今はブエノスアイレスの日本旅館で、楽しくやっていますが、機内では涙がかれるまで泣くつもりでいます。日本についたら、笑顔で家族や友人に会いたいから。

 いつかどこかで必ず会いましょう。



ヘイチさんのブログ  http://check.marblemel.net/


 次回、本当に終わります。

AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
2005-11-17 19:53:32

僕の残した大和魂

テーマ:自転車乗りの心の中

 強盗に襲われた後、ブログ、その他に多くのコメントを頂き、随分励まされました。本当に有難うございました。中でもNoriさんの短いコメントは、久々に僕の魂に響く言葉でした。弱っていた僕の心にカツを入れてくださいました。

 僕には命が残り、多くの一生の親友が残り、そして、数え切れないほどの思い出が残りました。熱く前向きな冒険心を心に刻むこともできました。今回の旅行で僕が得た物は、失ったものよりはるかに得がたい物であり、今後の僕の人生に大いに役立つと確信しています。志半ばで倒れはしましたが、僕は今回の旅に出たことを一生後悔することはありません。



    身はたとえ

    ルータ40(カレンタ)に朽ちるとも

    とどめおかまし

    大和魂

  

  

 今回の僕の自転車旅行はメンドーサまでで終わるけれども、僕の大和魂はウシュアイアに向かい続けているだろう。方向音痴の僕のことだから、僕の魂もきっと迷子になりながらフラフラと進んでいることだと思う。

 そこで、勝手ながら、今まさにメンドーサに近いところを走っていて、ウシュアイアを目指して走っている阿部くんと外谷さんに、僕の夢を託したいと思う。阿部雅龍くんは正真正銘の、男の中の男であると確信している。僕の夢を託すのに充分たる男だ。きっと僕の魂をウシュアイアへと導いてくれるだろう。外谷さんは、誰も何も言わなくても軽く走りきるだろう。

 僕の魂はルータ40上に落ちている。何処かで勝手に拾って行ってくれ。たいした荷物にはならないはずだ。頼む。

 やっぱりまだ、悔しさが心の中に残っているようだ。涙がでてくる。申し訳ないけど、今回はこれで終わりにしたい。

 

阿部君のブログ  http://blog.livedoor.jp/garyu1/  

外谷さんのブログ  http://www.geocities.jp/mazahiko21/PatagoniaGOGO/

  



  あと二回で本当に終わります。

 


AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-11-15 11:15:25

帰国後は

テーマ:自転車乗りの心の中

 僕は今回の自転車旅行中、僕の心の中に一つのテーマを持って、旅を続けていました。それは「やさしさ」です。

 このテーマはオーストラリア一周中の中盤から、深く考えるようになったものです。僕のように未熟な人間には「やさしさ」が不足しており、これまでに周囲の多くの人達を傷つけたり、不快にさせてきたのではないかと思い始めたのがきっかけでした。

 僕の自論なのですが、「やさしさとは人生経験と心の余裕」からうまれるものではないかと考えています。今回の旅で僕が得た人生経験が、少しは僕の「やさしさ」を、成長させている事に期待して、帰国後は再び介護の仕事に戻りたいと考えています。今回の旅行中、オーストラリアと南米で長い期間一緒に走った、鯛天君と持木君が共に「障害者の施設」で働いていたという事に、何か不思議な縁を感じます。帰国後はまず、「障害者の施設」での仕事を探してみたいと思います。二人は共に、僕などとは比較にならないほどのやさしさを持ち、人間としての器が大きかったので、彼らに少しでも近づく事を第一の目標として、介護士として生きてみたいと思います。

  

 鯛天君には、別れる時に、僕の言いたかったことを全て伝えることができました。持木君には「どうせ何処かでまた会う」と思い、別れの挨拶もろくにしていなかったので、この場をかりて彼に伝えたい事があります。

 

 僕がラパスを出発した日、出発直前に嘔吐してしまい、僕はエル・アルトまでの上り坂をひたすら自転車を押して歩いていました。実はあの日、僕は持木君とすれ違いました。丁度12時、雨も降っていないのに珍しくゴアのジャケットを着た持木君がものすごいスピードで対向車線を下ってきました。僕は自転車を止めて、両手を振りながら呼び止めたけれど、僕には気がつかずに走り去って行きました。正直に言うと、少し話しをしたかった。あの時の持木君が何を考えているのかを聞いてみたかった。そして、別れの挨拶をしておきたかった。

 

 僕は「旅人の数だけ違う旅があり、そのどれもが素晴らしいものである」と思っています。長く旅を続ける人、短期の旅行をする人、夢破れて帰国する人、旅を中断する人、それらの全ての旅人達の旅が、かけがえのない素晴らしいものであり、決して間違えていないということです。

 「沢山の素敵な思い出を、どうもありがとう。そして、さようなら。また何処かで必ず会いましょう。持木君が旅を再開するときには、心から応援します。」

    

  

  

        このブログはあと三回で終わります。

 

 

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005-11-10 09:43:52

アンデス越え

テーマ:自転車乗りの心の中

アンデス

 

 


ただひたすら 自転車を押して歩いた

 

死ぬまで歩いてやろうと思っていた

 

ここでバスを使うくらいなら死んだほうがましだ

 



-----------------------------------
一日ワンクリックが旅の励みです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-01 08:24:30

ペルー北部の砂漠地帯にて

テーマ:自転車乗りの心の中

sabaku



何もない

ただ情熱だけがある

-----------------------------------
一日ワンクリックが旅の励みです。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-07-22 00:38:20

出発の時

テーマ:自転車乗りの心の中

costa3





今からやることを10年後に後悔するかもしれない


しかし,やらなかったことを後悔するよりもずっとましだ

だから今やる


-----------------------------------
一日ワンクリックが旅の励みです。

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。