1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2005-07-31 06:41:42

自転車の料金?

テーマ:中米縦断

bici


パナマシティの自転車屋で自転車用の箱をドルで購入。しかし小さいサイズの箱しかなく、しぶしぶと無理して強引に自転車を箱詰めする。(左側の小さな出っ張りは、今回もペダルが取り外せなかった為のものです。)


フライト当日のチェックインカウンターでの会話。


「これ何?」

「自転車です。」

「40ドルです。」

(???ハイ???)


隣のカウンターでは、サァーファーのお兄さんが、サァーフボード代として50ドルを要求されキレでいた。航空会社のチェックインカウンターでお金を要求されると、さすがにどうしようもないので、しぶしぶ40ドルを支払った。


数日後に、持木君が同じ航空会社の同じ時間のフライトで、キトにやってきた。


持木君は自転車代として一円も要求されなかったと言う。


なんでぇー??????

意味がわからん!!!


-----------------------------------
一日ワンクリックが旅の励みです。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-07-27 01:10:08

コスタリカ下り40キロ!

テーマ:中米縦断

costa2


中米の思い出の写真です。

コスタリカの首都サンホセを出発してから2日間、ひたすら上り坂を自転車を押して歩いた。高度計を持っていなかったので正確な標高は分からないけど、恐らく3000メートルくらいまで上ったのではないかと思う。


costa3


翌日の朝は絶景の中を40キロ下った。40キロの間に、ほんの数十メートルの上りが一度あっただけで、残りは完全な下り坂。ペダルを漕ぐ必要は無し。ただひたすら景色を楽しみながら山道を下った。






-----------------------------------
一日ワンクリックが旅の励みです。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-07-25 03:03:15

パナマ運河

テーマ:中米縦断

panama


パナマ運河に行ってきました。普段は水門をはさんで左右の水の高さが違い、船は運河を通る事ができません。写真は水門の右側から左側に水を流して、高さをあわせているところです。この後、水門が開き

panama2


このように、巨大な貨物船が通過していきます。生まれてはじめてみる運河のスケールには本当に圧倒されました。

「これで中米ですべき事が終わった。次は南米だ。」

心に熱いものが込み上げてきました。






-----------------------------------
一日ワンクリックが旅の励みです。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-07-11 21:19:25

対ケツァール 第三ラウンド

テーマ:中米縦断

 コスタリカのサンホセを出てから先に、3000メートル級の山が三つほどある。僕の選んだ道は、その山々を縫うようにして走る道だ。もちろんパナマへの最短コースであるというのと同時に、ケツァール(世界一美しいと言われている鳥)が見れると言われているからだった。

 サンホセを出発するときから小雨。しかも、ひたすら上り坂を、自転車を押して歩く。山に入った頃には雨が激しくなった。雨の中を、4時半まで歩き、ようやく着いた宿では

「営業してない」

といわれた。

(わき道に入る前に大きな看板が有り、わき道に入ってもたくさん看板があったのにもかかわらずだ。)

 急いでメインの道に戻り、宿を探す。結局一番近い宿まで、3キロ戻ることにした。

手持ちの資料では一泊28ドル。しかし、そこに戻るか、ずぶぬれの体と荷物で野宿するかの選択しか僕には残されてなかった。大雨の中、日が暮れて到着した僕に向かって、宿の人は10ドルで泊まるようにと言ってくれた。捨てる神あれば拾う神あり。


 翌日も雨の中をひたすら自転車を押す。そして遂に、山を越えてしまった。これだけ雨が降り続くと、ケッァールのケの字もない。どの宿にも、

「ケッァール見れます。」と書いてあったり、看板にケッァールの絵が書いてあったりしたが、いないものはいない。


結局また見れなかった…

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-09 00:21:54

中米自転車縦断終了

テーマ:中米縦断

中米自転車縦断終了しました。(メキシコシティ~パナマシティ 7ヶ国)


走行日数  49

休日    56日(アンティグアで42日を含む)


走行距離 途中でサイクリングコンピューターが故障して買い換えたので正確な距離は不明。

     日記にその日の走行距離を記入しているが、日本に送り返してしまった。            

     日本に帰ってから計算します。


記憶に残ったことをつらつらと書きます。


 初日にメキシコシティを出た後に、自転車進入禁止の標識が連発して50キロ近くヒッチハイクで移動。

 グアテマラのアティトラン湖のサンマルコスからパナハッチェル間をボートで移動。

 最終日にパナマシティにかかる橋を警察の車両で移動。


この、三ヶ所は自転車で走っていません。残念です。


 とにかく雨季の中米だったので、ニカラグアから先は毎日のように雨にうたれました。

 エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、では一人の日本人にも会えず。コスタリカで一人。パナマシティで二人。とにかく日本人がいなかった。


 アンティグアで面白い人に色々と出会えたこと。(アメブロ仲間のbike-tabiのお二人など。)

 ニカラグアのオメテペ島が一番の思い出です。

 


「とにかく無事に完走できて良かった。」って感じです。

 



 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-07-05 20:11:13

パナマのアイスクリーム

テーマ:中米縦断

aisu




 パナマシティの Hotel Voyager。情報ノートは使えないし、日本語でのインターネットもできない。しかし!そこには  がある。


 スーパーマーケットで見つけたアイスクリームは1リットルで1.53ドル


 一日1リットル食べることにした。自転車で走っている時にはアイスクリームなんて運べない。チャンスは今しかないと思ったのだ。日本では見たことのないアイスから食べることにした。


オレンジパイン美味い。

チェリー美味い。

カサブランカ(白い家?)抜群に美味い。(しかし、赤い。)

ナポリタン(?)バニラとイチゴとチョコ(なんで?)

ピスタチオ もちろん美味い。

グレープナッツ(なんのこっちゃ?)しかし、美味い。


食べた。自転車で南下してVoyager niついたら、ぜひアイスを食べて見て欲しい。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-07-03 17:53:24

パナマシティに続く橋

テーマ:中米縦断

中米最終日、パナマシティへと続く橋の手前で警察に止められた。なにやらしばらくの間無線で何処かとやりとりをした後。


「自転車で橋は越えられない。」


と言われた。


(????????)


聞いた事もない!絶対みんな走っているはずだ。片言のスペイン語で


「走りたいです。」


と言ってみる。答えは


「NO」


だ。こうなってしまうと、交渉できるほどのスペイン語が話せるわけもない僕は警察のなすがままだ。結局、しばらく待ったあとに、警察の車(護送車?)が到着して後ろの所に自転車と一緒に押し込められて、橋を超える。写真を撮ることも忘れていた。


そして、あっという間に橋を渡り、僕の中米縦断の旅は終わった。




いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-07-01 01:15:54

初めてスポークが折れた日

テーマ:中米縦断

Santiago を出発する朝。いつものように、後輪のブレをチェック。


(アレ?)


いつもよりブレがひどい。ニップルキーを取り出してスポークの調整をするが、話にならない。


(………ん?  ありゃ?)


スポークが折れてた。この自転車もすでに軽く20000キロ以上は走っている。そろそろ折れるかなとは思っていた。生まれて初めてスポークを修理することになった。後輪のスポークを入れるには、ハブ回しという工具が必要らしいが僕は持ってない。恐る恐るスポークが曲がらないように強引にスポークを差し込む。


(うまく入った!)


後は、ニップルキーでスポークを固定すれば終了のはず…


ありゃ?)

(スポークの長さが足りない!!!)


信じられんことだ!予備のスポークはオーストラリアで自転車を色々と改造したときにかったものだった。店員は僕のスポークの長さを計ってから、売ってくれた。そのどれもが長さが足りない。


(さすがオージー仕事が雑だ。)


しょうがないので、この日は休日にして自転車屋を探す。腕の良いオヤジがあっという間に修理してくれた。予備のスポークを購入して2ドル。安!


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-06-28 05:10:32

対ケツァール 第二ラウンド

テーマ:中米縦断

Liberiaの町からMonte Verdeまで130キロ。Monte Verdeそこは鳥の楽園だという。ケツァールはもちろん、様々な鳥が飛び回る地上の楽園といわれている。Monte Verdeへと続く脇道に着いたのは昼過ぎ、当然突っ込んだ!





死んだ‥


5キロ先の町Funtosまでならなんとか行ける。そこから、まさか30キロ近くが全て登りだなんて知らなかった。雨が降り始めたのはFuntosの町を出たところ。3時頃には目の前が見えないくらいのどしゃ降りの雨になり、近くにたまたまあったBarへ駆け込む。Barの店員(どう見ても10代)と唯一人の客、それに僕を加えて、片言のスペイン語での会話が続く。


「歩くとここから4時間で着くよ。」


(終わった 終了)


4時過ぎに雨が弱くなったところで、彼らの忠告に従い一気にFuntosまで降りる。


天気予報では明日も雷と大雨。大雨の中をMonte Verdeまで歩くのはきつい。その上、この先天気がよくなって森に入れるかどうかは分からない。


あきらめました。


対ケツァール 第二ラウンド


敵前逃亡でケツァールの不戦勝



トホホ

-----------------------------------
一日ワンクリックが旅の励みです。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-06-26 06:05:24

ライダーJESS

テーマ:中米縦断

jess


 コスタリカのLiberiaという町にある。Hotel Liberia2.150コロン、5ドル以下)で知り合ったフランス人ライダーのJess


  一人のアメリカ人が自分の家から南米最南端までバイクで行ったらしい。そのアメリカ人、バイクを持ってかえるのが面倒くさくなった。そこで、たまたま知り合ったJessにバイクをあげたというのだ。タダでだ!

 その代わり、アメリカの自分の家まで持ってきて返してくれと言ったらしい。嘘のような本当の話です。そういった訳でこのJess、南米からバイクで北上してきました。


 ダーツの腕はかなりのものです。チェスが大好きでチェスボードを運んでたので勝負しました。かなり自信があったようですが、僕の敵ではありません。なんで勝てないのか不思議そうにしていました。

 実は僕は外国人をチェスで倒すのが一つの趣味です。

「いつ なんどき 誰の挑戦でもうける!」

-----------------------------------
一日ワンクリックが旅の励みです。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。