ロシアに行ってきました。12月中旬、気温はマイナス11度。撮影しにロシアへ行ってきました。

 マイナス11度、想像がつかない世界。前情報によると携帯の充電がすぐなくなる、カメラは壊れるから保冷バッグに入れておいた方がいい、などありましたが、ひとまず実体験からいうと肌が触れている部分は痛いということ。僕は目の周辺以外はマフラーや帽子で防寒していましたが、その目の周辺が痛かった。そして目の周辺が痛いと頭が痛くなってくる。そんななか朝日が昇る前から日が落ちるまで1日中フルで撮影していました。

 無事撮影も終わり日本に帰ってきて写真をみんなで見返していたんですが、ロシアの空気感はもちろん、その寒さもきっちりと写真に伝わっていると思います。「こっ、このはらみず(鼻水)をとっへくらはい(撮ってください)!」。ももが撮影中に発した言葉。寒さで口が回っていないのは仕方ないとして、「鼻水撮って」と自ら言うアーティストはなかなかいないのでは。それぐらいこの寒さや撮影の緊張感をきっと伝えたかったのでしょう。写真、きちんとそのあたり伝わっていると思います。

 というか一番気になると思いますが、なぜ撮影場所がロシアか。それは次のチャラン・ポ・ランタンの作品の内容に大きく関わります。ということで来年早々に発表になりますのでそちらお楽しみに。

 今年も残り数時間で終わり。改めて今年(2019年)のスケジュールを見返してみましたが、今年は1月4日のレコーディングが仕事始め。アルバム『ドロン・ド・ロンド』のレコーディング初日でした。しかも曲は「脱走」。あの「脱走」からもう1年経つんだとしみじみ。

 アルバム『ドロン・ド・ロンド』を発売して、ツアー“脱走”で全国回って、ももがヒロインで出演した映画「麻雀放浪記2020」が公開になって、年号も平平成から令和になって、チャランポメジャーベスト盤『いい過去どり』が発売になって、イベントや夏フェスに出演して、ももはTVK「環七フィーバーズNEO」のMCを務め、小春は中国に行ってアコーディオン工場に行ったりして、東武動物公園でブタ音楽祭をして、ツアー「置行堀巡業」が終わって、ロシアに行ったら2019年ももう終わり。

 あっという間でしたが、箇所箇所思い出してみると面白いことや事件など思い出がいっぱい。チャランポの母校でライブをやった時に、まだ用意が出来ていないのに紹介されて急いでステージに上がったのがつい最近のよう。

 来年はもっとどんどん発信していきたいな。ブログもたくさん更新しなきゃ。というか、ブログを開設したのは今年かあ。あっという間ですね。2020年もチャラン・ポ・ランタン、応援よろしくお願いいたします!

 

 

マネージャー1号

 

※ロシアの日の出