2005年01月11日 00時30分32秒

タイガー&ドラゴン

テーマ:ちょっとだけドラマ
ちょっと予想以上に面白かったです(笑)。



「タイガ~!タイガ~!

     じれっタイガぁぁぁぁ~~~っっ!!」




これとクレイジー・ケン・バンドの歌詞がみょ~~~に頭に残ってショウガナイんだけど・・・
かんり笑わせてもらいましたね!このドラマ。

まだまだ『クドカン』健在ということが良く分かりましたですね(^^;
独特のカメラ回し、話の展開ぶりなど、自分のツボで入りまくりでしたしね。キャストもまた面白いのが揃ってたしね。自分の中で結構はまった部分が、


「ヒロシです・・・」


役柄がDEATHとかなんとかだったので、最初気が付かなかったけど、よく聞いてたら役名が


『デス・キヨシ』


って・・・一文字違いじゃないかい!?


後、個人的に気になったのが『江戸前風カプセルホテル』だね。今はあんなお洒落なところもあるんだなぁ~~と羨ましくも昔を懐かしく思ってしまったですね(笑)。


是非ともシリーズドラマ化して欲しいこのドラマ!!
今年も『クドカンワ~ルド』を炸裂して欲しいですね!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(709)  |  リブログ(0)
2004年12月06日 00時13分16秒

救命病棟24時 パート3!!

テーマ:ちょっとだけドラマ

もうスグですね!『救命病棟24時 3』
※ ↑写真は前作パ~ト2です。


2005年1月11日フジ系でスタート決定!!


・・・ってこんな来月の話なのに話題が表ざたにならないのは、
やはり新潟県中越地震に気を使っての作り直しなんでしょうね・・・
なんでも設定が東京に震度6の地震が発生ということだったらしいので、急いで内容を取り直しているのでしょうね。
当然といえば当然ですね。

さて、気になるキャストと言えば


『江口洋介・松嶋菜々子』


のダブルペアの復活!
パート1の研修医であった松島さんがベテラン救命救急医師として登場するらしいね。個人的にはやはり松雪さんのほうが似合っていたと思うね・・・

パート1は色々な問題である話だけ再放送が出来ないのであまり民放で見かけなくなったけど、理由はそれだけじゃないよね。

単純にドラマ性としての失敗もあったからね・・・
パート2はそれを反省してか、救命救急という名のもとのヒューマンドラマに仕立てたんで、視聴者の思い入れを強くできたのが成功したので有名でしたもんね。

ちなみに自分が知る限りのその他のキャストで出演するには、


・小栗 旬
・仲村トオル
・MEGUMI
・京野ことみ
・香川照之



らしい・・・!?(多分ほぼ確定?)
どうやらパート2系の方は出ないらしい・・・(残念)。
やっぱり、須藤・伊藤ペアには出て欲しかったなぁ~~~


「お願いだからカメオ出演して下さい(笑)」
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2004年12月01日 00時28分46秒

オールイン(韓国ドラマ) BOX2

テーマ:ちょっとだけドラマ
うん!

いい感じです!!


まだ全部見れていない
ので、
感想は後日(笑)。

それにしても、
運命ものが
好きだね~
この国は・・・





そんな中でも男の野望を描きつつ、運命を手にするこの物語

『オールイン』

見ごたえアリですね。

たまには短く終了・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004年11月20日 00時01分54秒

王様のレストラン

テーマ:ちょっとだけドラマ
自分のドラマ聖書(ばいぶるね)とも言えるこの作品



『 王様 の レストラン 』



昨年にやっとDVD化されたので当然GETしてるんですが、ドラマ放映は何と!
「1995年4月~7月」
だったんだねぇ~。
なんとも月日が経ってしまったものだ、そりゃ平井堅も売れてて不思議じゃないか(笑)。
当時の自分にはケッコウ明日への活力の源的存在だったわけで、この時初めて脚本家である『三谷幸喜』氏を尊敬するようになったんだよね。

こんな 「素晴らしい」 物語を11話も作り上げた彼はある意味、天才だよね。
皆が三谷ワールドにはまるのも当然だ(笑)。

最近はこの『王様のレストラン』をもじったような作品が多く見られるが、キャストでこれだけのハーモニーを奏でたドラマはこれ意外出てきていないと言えるよね。
独特な俳優を集めているが、決して超一流どころだらけではなかったしね(当時は)。




・松本幸四郎 ・・・ 「すぅぅばらしぃぃっ!!!」
・筒井道隆  ・・・ 「あのね、僕ね・・・」
・山口智子  ・・・ 「褒めるか、けなすか、どっちかにしろよなぁ~~」
・鈴木京香  ・・・ 「あたし、愛人顔だしね・・・」
・西村雅彦  ・・・ 「○▲□★※◎▽!!!」
・小野武彦  ・・・ 「あのね、カ・ジ・ハ・ラね!」
・梶原善   ・・・ 「Good Be」
・白井晃   ・・・ 「そういうの気になるんだ・・・」
・伊藤俊人  ・・・ 「千石さん腰は低いケド態度デカイからぁ~」
・田口浩正  ・・・ 「僕も作れます!もっこりムース(笑)」




どれも思い出深いキャラたちです♪
(ん?2人忘れてるって?)

当時は「しずか」と「禄郎」をくっつける予定だったらしいねこのドラマ(三谷氏説)。でも、誰がどう見ても『千石さん』とだよねお似合いなのは(^@^ゞ

中でも印象的なのは第8話で『しずか』が『千石さん』にカウンターで口説かれる!?シーンですね。最初はちゃちゃ入れてた『しずか』も最後はじっと彼の言葉に聞き入ってしまい、『千石さん』の幸せな夢に聞き惚れてしうところですね。

色々な感動する回のお話がありましたが、自分はこの回が好きかな?

他のドラマではなかなか見られない最終回へのカタルシスはこの


『王様のレストラン』


だけだと未だに思っていますね。


唯一皮肉だったのが、平井堅の主題歌かな。
彼が作詞作曲したとても良い作品だったんだけど、皮肉にも彼が売れ出した
『楽園』
は彼の完全オリジナルじゃなかったんだよね(確か)。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2004年11月09日 00時15分00秒

「 弟 」 テレビ朝日開局45周年記念

テーマ:ちょっとだけドラマ
どうやら秋の連続すぺしゃるドラマをやるようだ。
その名も


         「  弟  」



現在120万部を突破した、石原慎太郎の小説と言えば分かるかな?
そう、今は亡き彼の弟


「石原 裕次郎」


を描いた作品である。 
テレビ朝日開局45周年記念をした、5夜連続の大河ドラマ?仕立てになるようだね。先週の土曜日に少し番組特集を見たけど、キャストがケッコウ豪華だったかな?
今回の目玉は、弟『裕次郎』・兄『慎太郎』を演じる役者が幼年期~少年期~青年期~、そして大人となった彼らの話であり、

全て、演じる役者を年代別に変更していることだね。

一番の注力はやはり青年期の二人を演じる俳優だろうね!



兄役には、『長瀬 智也』が17~39歳を演じ


弟役には、『徳重 聡』が15~35歳をえんじるのだ!!



ここでポイントになるのが、長瀬智也ではなく『徳重 聡』のほうだということが分かるかな?
そう、彼は「21世紀の石原裕次郎」というオーデイションを見事勝ち取った者なんだよね。雑誌で特集オーディションをやっていたんだけど、そこには彼の他に何人もの参加者がいた訳だが、素人目の自分でさえ、

『徳重 聡』

が勝つんだろうな~
ということを感じさせていたヤツである(笑)。

*************************


一部編集削除させて頂きました。

誤解を招いたことを深く反省致します。

*************************




しかも、最高の舞台で・・・
ドラマは石原プロダクションで固めているだけあって、出演者は懐かしき方ばかりだが、その中で精一杯がんばってもらいたいものである。

上手くいけば彼のブレイクは来年あたりの予定らしいです(笑)。

■放映日程
 テレビ朝日スペシャルドラマ 「 弟 」
 11月17日(水)~21日(日)
 21:00~ 5夜連続放映



■公式サイトhttp://www.tv-asahi.co.jp/otouto/index.html
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2004年10月07日 00時15分32秒

WATER BOYS 2 making sp

テーマ:ちょっとだけドラマ
録画してあったのを思い出して軽く流すつもりで見た

『WATER BOYS 2 メイキング特番』

は飯食いながらのはずが、ひたすらテレビにのめり込んでしまったです。

正直、いつの間にか涙あふれてました(笑)。
映画『water boys』より始まったこのドラマシリーズ(今回は2部ね)は何故か欠かさず見てたんですが、毎回(1部・2部)ドラマのクランクイン前に恒例の合宿をするのは知ってたんですけど・・・

まさか初っ端からあんなハードだったとは・・・

「無理、むり、ムリ(自分にはね)」

影の努力はメイキングでしか語れないものがあったね。
正直、今回のパート2は役者的には前回(P1)や映画版の方が良かったと思う。多分そういう人も自分以外にも多かったのでは・・・
盛り上がり的にも「もう一息!」という感じがしたのだが・・・

それでもこのメイキング特番は

「涙無しには見れません!」

BOYS32名の意気込みが、前回シリーズには負けれない意地が画面からも伝わってきて目が離せなかったね。
実際、最終回放映時には最後のキメでもある32名総勢の『やぐら』は1回はコケルが2回目で、かつてない5段やぐらを成功させたのだが、そのオンエア時でもそこそこ感動していたものだ。
その舞台裏にはそのやぐらを成功させるために(普通あぶないでしょ?)何回も何回も練習するが、1回も成功できずそのまま本番撮影に入るまでのBOYSが描かれている。

「もし失敗して大怪我したら・・・」

と、それこそ一大事になりかねない状況の中で本番は進められた。

1回目、失敗

2回目、失敗

3回目・・・失敗

4回目、5回目とだんだん形になって、もう一息のところまできたが、やはり最後の5段目がとんでもない高さと難易度なんだよね。

8回目まできたときに、撮影スタッフから中止案が決行されようとした時に演技指導のコーチよりラストコールが掛かったのです。

『ラストチャンス・・・・・・・・・・・・・・・』



その思いは32名のBOYSに力を与えたのでしょう。

9回目!!!

見事5段やぐらを成功させたのです!
そお姿は最終回オンエア時で見たものと同じでしたが、違っていたのは自分の目からは涙がとまらなかったこと・・・

素晴らしかったです。

思い入れがまた一つ増えました(笑)。


最後に、

告知とかキャストで出てたあの意味深な『Water坊主』は演技指導のコーチだったのね・・・やっと判明(スッキリした)。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004年10月06日 00時07分44秒

オールイン(韓国ドラマ)

テーマ:ちょっとだけドラマ
DVD-BOX買ってしまいました。

結構のめりこみ気味なんです。

でもまだ6話までしかみてないので後×6回転、

楽しみだなぁ~

でも・・・高いなぁ~

これは良くないね。

もっと安価で認知度広めたほうがイイよ?ホントに・・・

でも・・・買ってしまった(笑)。

韓国ドラマとしては意外に恋愛ドロドロではなく(四季物のことね)、男性でものめり込みやすい作品だね(まだ6話なんで後が怖いケド)。
お約束の少年(青年?)時代は切ない時代で描かれ、もう少し青年時代の主人公役も見たかったかなぁ~って、まだ思ったりしてます。

最後に一言・・・

「音声悪すぎ・・・・」

でも最高!!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。