マスターのハネモノ指南講座w | ホルコンマスターコウの虎視眈々
2012年09月24日(月) 01時36分43秒

マスターのハネモノ指南講座w

テーマ:ホルコン攻略理論

こんばんは。

今回はハネモノについてのご相談がありまして・・・

遅くなりましてすみません (*v.v)。


個人的に打ちたくはないんですが、

ハネモノで生活をしていた時期もありましてw

あまり本格的ではありませんけど・・・ これでご勘弁です。

適当に参考ポイントを羅列します。

今回は、お魚のハネモノですね。

ホルコンマスターコウの虎視眈々

スタートチャッカーに玉が入ると、上のハネが開きますね。

ハネモノを短絡的に当てるときには、ハネへの引き込みで判断していいです。

平均3回くらいハネが開いて玉が入らないようでは厳しいです。

玉の引き込みがないと当たる準備をしていないことが多いですので、

4円パチンコなら500~1000円くらいで移動してもいいですね。

ハネモノは差玉の要素が強烈に作用しますので、

そのくらいの投資金額で当たらないと怪しくもなります。


グループ内の他の台やシマ内の連動台との絡みもありますので、

基本は誰も邪魔していないときの話になります。

まぁ、粘って出そうとするときには状況でw


ホルコンマスターコウの虎視眈々  

んで、上のハネから1/3で下のルートに移行します。

リーチの演出で魚群が出ます。

この魚群は反応にならないケースが多いです。

下のルートに行けば必ず魚群が出ますもんね。

ここでのポイントはステージでの玉の滞在時間です。

ユラユラ揺れてイライラする瞬間ですが、

当たらせる気持ちがないときにはストーンとスカすことが多くなります。

「当たらせんもんね~」・・・ みたいな挙動ですね。

逆に、ステージでの玉の滞在時間がやや長い場合には、

ホールシステムの作用を受けている可能性が高いですので、

その回転?でスカしても希望はあります。

ちなみに、液晶演出でのリーチは激アツ反応に指定されているようです。

100回転の時短中でもそうですね。

ホルコンマスターコウの虎視眈々  

んで、ラウンド消化中です。


ホルコンマスターコウの虎視眈々

左右のスタートチャッカーがありますね。

ラウンド消化中にこの穴に玉がよく入るようであれば、

その台に当たりが残っている可能性が高くなります。

釘の調整も影響しますので微妙ですけど、

当たりが飛んでいるときには明らかさまに挙動が変わったりしますね。

15R&16Rのときの移動のタイミングを調べる予定でしたが、

今日、20回くらい当てて全部5Rでした ・°・(ノД`)・°・

平均値を考えても、10回当てて1回も15R&16Rが出ない台は弱いですわね。

それから時短での連チャンが弱い台もダメですね。

ホルコンマスターコウの虎視眈々

え~ ロングオープンですね。

時短中は大抵は当たりますけど、通常時についての話を書きます。

ロングオープンの発生頻度、これも大切です。

ウ○コ台はこの頻度が弱いです。

しかも、ロングオープンになったときに玉が入らなかったり、

入っても1個くらいとか・・・ 当たらせる気持ちがないケースに多いです。


あ~ これもホルコンマジックですけど、ロングオープンになったときに、

1個だけ玉が入って下のルートに行けば、70~90%くらいで当たります。

そうですね。

釘が悪いのに引き込む挙動があるので当たる準備をしていると・・・

そんなメカニズムだと考えています。

ホルコンマスターコウの虎視眈々

まぁ、あれですね。

最近はバラエティーコーナーが多いですので、

ハネモノがあるにしても台数が少ないとか・・・ 人気ですかね?

連動台のポジションの関係で、ライトミドルなどとハネモノを組んであると、

アホみたいに簡単に当てることができますけどね。

結局は自分の台の挙動もそうですが、

他の連動台との絡みで狙ったほうが楽に当てれます。


ホルコンマスターコウの虎視眈々

止め時もそうですね。

平均値を計りやすいですので当たりだけを取って逃げるのも楽です。

んで、大当たり後は鳴きの要素も考慮して、20回転くらいでOKです。

粘っても30回転くらいですね。

そのくらいで当たれないなら普通は他の台に当たりが飛んでいます。

差玉を考えて70~80回転を狙う方法は以前にご紹介しました。

ハネモノで100回転を超えているとアホですね。


それからグループの強弱も大切です。

3人くらいでハネモノを打っていて10分くらい誰も当たらないとか・・・ 

腐ってます。

まぁ、そんな感じですね。


余談ですけど、同じグループの中にライトミドルがあっても、

ハネモノとの周期の幅には差別化がありすぎますので、

割数関係で、グループでの均等割り振り説については否定したいです。

ライトミドルでは3万発クラスがあってもハネモノでは・・・

個別の設定ができるとしか考えにくいと、そう考えています。

ホルコンシステムの仮説や前提が崩れた方がありましたらすみません。


まぁ、他にも技?はありますけど、

本格的な内容につきましてはブログ以外でお願いします。


では、ありがとうございました。


ホルコンマスターコウさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.