キーワードは、「平均値」(1) | ホルコンマスターコウの虎視眈々
2011年05月31日(火) 07時54分44秒

キーワードは、「平均値」(1)

テーマ:平均値を制する考え方


おはようございます。


いつもメールでのご挨拶やお電話ありがとうございます。


先日からの体験版につきましても数多くのお便りを頂きました。


体験版のお礼などは必要ありませんので、お気遣いをされないようにお願いします。



今回の体験版の内容が皆さんの通われるホールで適合率が低いようであれば、


残念ながら私達がお役に立てることは少ないと思います。


パチンコの攻略などで余計な出費をされないためにもご活用をお勧めします。



正直なところ、いつも私が書いておりますように、


パチンコは簡単に勝てるようにはなりません。


他のお客さんよりも当たる台数は多くなるかもしれません。


しかし、例えば、平均勝率=20%の方が、平均勝率40%になられたところで、


負ける金額は少なくなっても結局は負けになるということもあります。



又、最大の難題は皆さんが通われるホールの稼働率と還元率です。


例えば、新装開店のホールと、


景品交換窓口が一箇所しかないような稼働率10%未満のホールとでは・・・


普通に通っても勝てる割合に大きな差が出てきます。


同じ機種、例えば、寅さんなら寅さんでも、機種は全く同じなのに勝率が変わります。


大当たり確率にしても同じ確率や連チャン率とは思えないことが多くなります。



私達もそうした全国規模のパチンコホールに対して、


勝てる可能性としての技術力を高め、又、普遍性を強化するしかありません。



これまでにも数多くのパチンコユーザーの皆さんを見てきましたが、


今回の話に共通点を設けるとすれば、


そう・・・ 「勝とうとする意思力」 これが必要不可欠であると思います。


「勝つためにどうするか?」


「絶対に負けないようなパチンコの打ち方をする。」


「命懸けで勝つ。」


このような気迫がある方は、やはり伸びることが多いと思います。



パチンコで散財するときの状況を分析しましたら、


その大部分が、「遊び感覚」と「自暴自棄」になっていると考えます。


自分では気付かないうちにそうなることもあります。


「遊び感覚」や「自暴自棄」と戦わなければなりません。


それに打ち克たなければパチンコでは勝てないと・・・


そのくらいの覚悟が必要であると思います。



パチンコの攻略技術につきましては、


各地のホールに適合した内容でなければ意味を成さないと思いますが、


パチンコで勝つための考え方、マインド、これには共通項があると思います。



今後、そうしたテーマでも皆さんとご一緒に考えていければと思います。


例えば、パチンコで勝っているときに止めれない症候群・・・


この話も結構な難題となりますが、


今後、中級編の体験版のテキストに平行して記事にしたいと思います。


キーワードは、「平均値」です。


1mmでも1gでも皆さんのお役に立てれば幸いです。



では、ありがとうございました。



ホルコンマスターコウさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]