パチンコ・パチスロ用のホストコンピューターについての特許資料 | ホルコンマスターコウの虎視眈々
2011年02月03日(木) 03時04分19秒

パチンコ・パチスロ用のホストコンピューターについての特許資料

テーマ:パチンコ完全確率論を斬る


こんばんは。


今回はインターネット上でも公開されている資料をご紹介します。


私達は、パチンコホールがコンピューター制御で出玉を管理していることを、


経験的に確信していますので当然のような話にはなります。



私が今回のような情報をお知らせするのは初めてだと思います。


その理由は、当たり前すぎて書く気にもならなかったということと、


こうした資料を悪用して、詐欺に近い情報を販売する人間がいますので、


悪用する方法を教えたくなかった、そうした事情です。


では、詳細説明を省き資料を提示します。



パチンコ・パチスロ用のホスト・ホールコンピューター


出願番号:特許出願2001-120009 出願日:2001年4月18日

公開番号:特許公開2002-306796


出願人:株式会社平○ 発明者:鏑木 ○ 人

発明の名称:遊技機管理システムおよび遊技機管理装置用動作プログラム


要約


【課題】遊技機の稼動状態に偏りが生じないようにする。


【解決手段】遊技機管理装置1000は、遊技機島を構成する遊技機群のそれぞれの遊技機3000が稼動状態にあるか否かを検出し、稼動状態にある遊技機台数に応じて大当り確率を変更させるための情報を各遊技機3000に送信し、これを受信した各遊技機3000の主制御部200は、受信した情報に基づいて大当り確率を変更する。



パチンコ用遠隔装置


出願番号 : 特許出願 特願平8-301849 出願日 : 1996年11月13日

公開番号 :特開平10-137422 


出願人 : 株式会社田○ 電機製作所 発明者 : 小川 ○ 行


発明の名称 : ICカードを利用したパチンコシステム


要約


【課題】 パチンコ台の出玉率をユーザの利用状況などに応じて調整する。


【解決手段】 ICカード1に利用者の識別データが記録されるユーザIDエリア1Bを設けると共に、ホールコンピュータ3に識別データに対応して利用者の利用状況を示すポイントデータが各個に記録されたデータベース34を接続し、ホールコンピュータでは、データベースのポイントデータにより出玉率を決定してユーザIDとともにパチンコ台へ送信し、パチンコ台では、挿入されたカードのユーザIDとホールコンピュータから送信されたユーザIDとの一致を検出すると、予め設定された出玉率を、ホールコンピュータから送信された出玉率に変更してこの変更データに応じた出玉の制御を行う。従って、各パチンコ台の出玉率をユーザの利用状況などに応じて調整できる。



パチスロ用遠隔装置


出願番号 : 特許出願2002-322311 出願日 : 2002年11月6日

公開番号 : 特許公開2004-154307


出願人 : 株式会社○和 発明者 : 中野 ○一 外1名

発明の名称 : 遊技機管理システム


要約


【課題】複数台の遊技機をサーバーによって一括管理することで、店側の営業方針、遊技者の技量に合わせて、遅滞なくタイムリーに確率変更等の遊技状態の設定変更を行うことができ、かつサーバー側で回胴の回転速度、回胴の回転方向、滑り機能、目押し案内、フリーゲーム仕様を含む遊技仕様を遊技者の技量に合わせて設定することで、遊技者個々に対して最適な遊技形態提供する。


【解決手段】複数台のパチスロ機300をサーバー24によって一括管理することで、営業時間中での遊技仕様の設定変更が可能であり、店側から見ればリアルタイムに店の営業方針に即した遊技仕様に変更でき、一義的であった遊技仕様を、遊技者の技量に合わせて設定することができる。フリーゲームにおいて、遊技者に有利な遊技仕様では抽選確率を低くし、逆に不利な遊技仕様では抽選確率を高くすることで、遊技のバリエーションを広げることができる。



グループ構成の存在とグループ、シマごとの割り数設定


出願番号:特許出願2003-112266 出願日:1996年10月14日

公開番号:2003-26582 出願人:株式会社エ○ス電研

発明者:武本 ○俊 外2名

発明の名称:遊技場管理装置


要約


【課題】遊技客の減少化を防止する。


【解決手段】遊技機をその遊技機が属するグループごとにグループ分けし、各グループごとに交換時の景品玉の単価を設定可能にして、その景品玉の単価を設定する際に基準となる出玉率のデータを、各グループごとに取得できるようにして、全体の遊技客が平均的に景品金額を獲得するようにして、遊技客の減少化を防止することができる。



ホルコンマスターコウの虎視眈々



今回は以上です。


公開特許の資料として誰でも閲覧できる内容です。


実際にこのようなシステムを導入しているかは別としましても、


システムメーカーが冗談で特許の申請をしているとは考えにくいと思います。



このくらいの資料であれば、ネットで探せばいくらでもありそうです。


さて、パチンコホールが完全確率で制御されていなかったら・・・




では、ありがとうございました。






ホルコンマスターコウさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]