2010年12月18日(土) 07時08分49秒

連チャンしない症候群(1)

テーマ:上級編の質疑応答


おはようございます。

今回もやや深刻な内容です。


「何台当てたら勝てるのか?」 という内容に続きまして、

「何台当てたら伸びるのか?」 という話です。


極端な例え話ではありますが・・・


1台だけ当てて10万円くらい勝てることもあれば、

10台も当てても負けることがあるのが、

パチンコの厄介なギャンブル性であると思います。


私も県外でパチンコをしているときには平気で10箱くらいは積んでいました。

しかし、熊本に帰ってからは10箱まで伸びる台が少なすぎることが悩みの種です。


「何でこんなに還元率が違うのか?」 と、頭にくることも多いです。


フル稼動に近い「CR北斗の拳」でも、

最高で積んでいるドル箱数が4箱という時間帯やタイミングがあります。


「今、打っても間違いなく勝てない・・・」 その状況を確認できることがあります。

最高にドル箱を積んでいる人が4箱であれば甘デジと変わりません。

20000円以上投資したら、ほぼ100%負けることになります。

投資金額分も取り返すことができなくなるということです。


<ホール診断の重要性>


皆さんが通われるホールの比較分析が大切だと思います。

他のホールとの比較ということです。


例えば、長年に渡り同じホールにしか通わないということであれば、

そのホールが優良店であるのか、ボッタクリ店であるのかの判断はできません。


「出す日もあれば、出さない日もある」 で、終わります。


しかし、県外などの他のホール事情を知れば比較することもできます。


何事もそうであるとは言い切れませんが、

私はどうしても、「平均値」という考え方を基本にしています。


中級編のテキストの冒頭にも書いておりますように、

やはり、一定の平均当たり回数をクリアできないホールは厳しいと思います。


無論、シマで2~3人しかお客さんがいなくても、

ある程度のスキルがあれば当たりを取ることはできるのですが、

長い目で見たときに、やはり、「連チャン性」が弱いことで損をすることになります。


パチンコホールも商売ですから、お金が入らなければ当たりは生めません。

そのホールの店長かオーナーが借金をしてまで当たりを配分するとは思えません。

お客さんからの回収があって初めて当たりを生み出せるものであると思います。


おそらく・・・ パチンコホールはボランティアで営業はしません。


ですから、お客さんが少ないホールは平均的に「連チャン性」が弱くなる、

今も昔も私はそう考えてパチンコをしてきました。


さて、ホール診断が重要であるという内容ですが、

前述しましたように、先ずは他のホールとの比較が早道です。


(1)サイトセブンなどのデータサイトで比較する


(2)実際に他のホールへ足を運んでみる


(3)実際に通っている方々に聞いてみる


単純に、「何台くらい当たったら多少なりとも爆発するような台がありますか?」


そうした質問もホールの平均値を知るためには有効になります。


「うちは3台くらい当てれたら、7~10箱くらい出る台をゲットできますよ。」


「うちは百歩譲っても5台くらい当てないと、4~5箱でも出る台はないですよ。」


連チャン性の割合の問題です。平均値が鍵になります。


5台も当てて、ようやく4~5箱であれば勝てる気がしません。

1台を当てる「平均初当たり投資金額」が、約7000円でも負けになると思います。


そうしたことで、通われるホールでの「連チャンする割合」を比較分析し、

ホールの事情で「連チャン性」が弱いのではないか、という観点が必要になります。


当地のホールでも4~5台当てて全部が単品ということもあります。

クレヨン先生も経験されていますが、本当に言葉も出なくなります。


結論としましては、やや長いスパンで考察しても、

「連チャン性が弱いホールは避ける」 ということが肝要であると思います。

又、シマ選択につきましても同じことが言えます。



以上、「連チャンしない症候群(1)」でした。

後半は「連動台の情報」を活用しながらの台選択の内容を考えております。


ありがとうございました。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ホルコンマスターコウさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。